池井戸潤の直木賞ベストセラー小説『下町ロケット』が新たなステージへ!

池井戸潤氏による直木賞受賞ベストセラー小説を原作をラジオドラマ化した『ミヤリサン製薬ラジオ劇場 下町ロケット』。宇宙科学開発機構の研究員だった主人公・佃航平が、夢を諦め亡き父の経営していた町工場「佃製作所」の社長となり、社員たちと共に奮闘するストーリーです。様々な現実(カベ)や苦難に直面しながらも、佃の開発した「バルブ」をきっかけに、一度は諦めた「ロケットを打ち上げる」という夢を追い求めます。KBCラジオ秋の改編スタートの10月4日(月)からは『ミヤリサン製薬ラジオ劇場 下町ロケット ガウディ計画編』として、第2部がスタートします。宇宙から人体へ、ロケットエンジンから人工心臓・人工弁へと舞台を移し、佃製作所の新たな挑戦が始まります。主演のEXILEの黒木啓司をはじめ、日野聡、野島健児、井上和彦など豪華キャストでお送りします。

ミヤリサン製薬ラジオ劇場 下町ロケット ガウディ計画編
放送局:KBCラジオ
放送日時:毎週月曜 18時30分~18時45分

※該当回の聴取期間は終了しました。

初回は「BLACKPINK」特集! 古家正亨が独自の切り口でアーティストを掘り下げる新番組が放送開始!

ラジオDJとして活躍する古家正亨がパーソナリティを担当する新番組『古家正亨 K TRACKS』がきょうからニッポン放送でスタートした。新番組では、毎週1組のアーティストについてリスナーからのリクエスト曲のオンエアはもちろん、アーティストとも親交の深い古家ならでの視点でアーティストを深堀りしていく。記念すべき初回の特集アーティストはBLACKPINK。番組はリスナーからのリクエスト曲「AS IF IT’S YOUR LAST」でスタートした。

古家正亨、ひろたみゆ紀

「古家正亨 K TRACKS」初回9月27日(火)は「BLACKPINK」を特集!

番組では、デビュー以来BLACKPINKをずっと見てきた古家の選曲もオンエア。1曲を選ぶことにかなり悩んだということだが、古家の選曲は「PLAYING WITH FIRE」。その理由について「ラジオDJを25年以上やってくると、イントロを聴いただけでこの曲売れるなぁ、と感じるものがある。その点でいえばこの曲なんてまさにそう。イントロを聴いただけで引き込まれた1曲」と語った。古家はBLACKPINKについて、「(2019年に)アメリカのコーチェラ・フェスに出た時の盛り上がりがすごかった。今世界中を見渡してもBLACKPINKのようなガールズグループはいない。実際のパフォーマンスを見た人たちの心に、すーっと入っていき世界中のファンを獲得することになったのかな」と解説した。

同番組では日本の番組では初となる、K-POPを代表する韓国音楽チャート、サークルチャートのうち、「Global k-pop Chart」のウィークリーシングルランキングトップ10を紹介するコーナーもスタート。世界中の最新データを収集し、K-POPの今を知ることができるこのチャートを古家の解説付きで聴くことができるファンにとっては聴き逃せないコーナーとなっている。チャートインしたIVEから新番組スタートをお祝いするスペシャルコメントも届いた。

番組ではボーイズグループPENTAGONからのメッセージもオンエアしたほか、BLACKPINKが海外アーティストとコラボした楽曲やリスナーからのリクエスト曲を3時間にわたり次々とオンエア。

9月27日 オンエアリスト ※BLACKPINKの楽曲のみ(コラボ曲含む)
1.AS IF IT’S YOUR LAST
2.WHISTLE
3.PLAYING WITH FIRE
4.STAY~JP Ver~
5.Kiss and Make Up/Dua Lipa & BLACKPINK
6.Sour Candy with BLACKPINK/Lady Gaga
7.Bet You Wanna feat.Cardi B/BLACKPINK
8.Shut Down
9.Yeah Yeah Yeah
10.The Happiest Girl
11. Ready For Love
12.Ice Cream feat. Selena Gomez
13.BOOMBAYAH
14.DDU-DU DDU-DU
15.Kill This Love
16.Lovesick Girls

Facebook

ページトップへ