エコ・SDGsを楽しく!今年のテーマは「あなたと!」~水と緑の物語~

水と緑。身の回りに当たり前に存在するものではあるものの、この時間だけは少しありがたみを感じてみませんか。今年26回目を迎えたKBC水と緑のキャンペーン。毎年放送しているKBCラジオの特別番組『第26回~JA全農ふくれんpresents水と緑の物語』のテーマは「あなたと!」です。特別番組メインパーソナリティの居内陽平アナといわぶ見梨もきょうは「あ・な・た・と」にこだわり、エコ感満載で臨んでいます。環境やSDGsをより身近なものに感じてもらえるよう今年も「水」と「緑」に関係が深い場所からの中継を交えながらお伝えする約3時間の生番組です。

「水」のパートは、地球温暖化を肌で感じながら漁を続ける28歳の漁師に密着。そして「緑」パートではテレビとの連動企画として里山保全に取り組む福岡県嘉麻市で、「間伐材を使った音楽会」を中継。楽しく環境問題に触れるきっかけ作りを目指します。

さらに今年注目してほしいものが2つ。キャンペーンでは「あなたも一緒にエコアクション!!」と題し著名人が取り組んでいるエコな取り組みを伝えていますが、当日はこのほかリスナーからも自身が取り組んでいるエコアクションをメッセージで受け付けます。そしてもう一つは、フードロスを推進するための「完食宣言!」キャンペーン。KBCラジオでは平日午後の人気番組『PAO~N』水曜日に7月からコーナーを作って展開中ですが、協力店にオリジナルステッカーも配布するなどSDGsを視野に入れた動きにも力を注いでいます。リポーターはこの日の特別番組でもメインパーソナリティを務める居内陽平アナが街に繰り出し、フードロス問題に体当たりしています。いわゆる「食品ロス」の国内での発生は年間570万トン、日本人1 人当たり1年で約45Kgにも上ります。毎日茶碗一杯分のご飯を捨てている計算です(農林水産省調べ)。食べ物を捨てることで生じていく温室効果ガスは、環境問題は地球の生態系や気候変動などに繋がり、決して他人事ではありません。

番組でもこうした新しい視点を取り入れながら「あなたと」一緒にできそうな提言も行います。例年とは一味違うテイストで進行する2時間55分の生放送は、是非あなたも環境を身近なものにとらえながら耳で感じてみてください。

第26回~JA全農ふくれんpresents水と緑の物語 ~あなたと!~

第26回~JA全農ふくれんpresents水と緑の物語 ~あなたと!~
放送局:KBCラジオ
放送日時:2022年8月6日 土曜日 11時00分~13時55分
出演者:居内陽平(KBCアナウンサー) いわぶ見梨
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

タグ

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ