北野誠×竹内義和 伝説のコンビが10年ぶりに復活!『角田龍平の蛤御門のヘン』

北野誠と竹内義和のコンビによるギリギリトークが話題を集め、サイキッカーと呼ばれる熱狂的なファンを生み出した伝説のラジオ番組『誠のサイキック青年団』。 2009年3月の突然の終了から10年ぶりに誠×竹内コンビが復活した。自らサイキッカーを公言する弁護士・タレントの角田龍平がKBS京都ラジオでパーソナリティを務める『角田龍平の蛤御門のヘン』で二人をゲストに呼び夢のマッチメイクを実現させた。

令和の坂本龍馬?夢のタッグ復活の仕掛人

『サイキック青年団』終了後は共演することのなかった北野と竹内だが、角田とは共に旧知の仲。『蛤御門のヘン』にも竹内は度々ゲスト出演しており、今年3月には北野も初出演。その際の打ち上げで「俺と竹内さんが共演するなら角田の番組やな。弁護士がついててくれた方がコンプラ的にも安心やし(笑)」と北野が発言。それを受けた角田が京都での二人の再会を実現させ、“令和の坂本龍馬”角田龍平の面目躍如となった。

封印解かれたサイキックトーク

オンエア前日に行われた収録には噂を聞きつけた業界内サイキッカーも詰めかけスタジオも異様なムード。先に到着していた角田、竹内が待ち構える中、名古屋のラジオを終えた北野がスタジオに着くと打ち合わせもそこそこに収録スタート。『サイキック青年団』のオープニング曲、Iggy Popの「Real Wild Child」が流れる中、角田が緊張ぎみに二人を紹介しトークの口火が切られると、一瞬にしてサイキックの空気感がスタジオを包む。 プロレス、オカルト、下世話なトークに、放送で言えないワードは筆談トークと、次々と封印が解かれるサイキック要素を、北野も竹内も一つ一つ確認するように楽しみながら、濃密な言葉の組手が繰り広げられた。

「今の二人がどんな話をするか、僕も聴きたい」

サイキッカーの夢である誠×竹内コンビ復活を仕掛けた角田は「弁護士は当事者の間に入って調整するのが仕事なので、弁護士らしい仕事ができた(笑)」と語る。今回の放送には「かつてのサイキッカーで、いまラジオから離れている人には、またラジオに戻ってきてほしい。『サイキック青年団』を聞いたことのない人には、こんな面白いラジオがあるんだということを知ってほしい」という思いを込めているそう。 「サイキックの再現ではなく、誠さん、竹内さんも60歳代になって今の二人がどんな話をするのか僕も聞きたいので、特に何かを演出するつもりはない。二人の変わった部分と変わっていない部分を楽しんでほしい」と角田が語る『角田龍平の蛤御門のヘン 真夏のサイキックミーティング』。京都で繰り広げられた真夏の夜の夢を是非聞き逃さないでほしい。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

角田龍平の蛤御門のヘン
放送局:KBS京都ラジオ
放送日時:毎週水曜 19時30分~21時00分
出演者:角田龍平、北野誠、竹内義和
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

賀来賢人「SNSに依存せず、ほどよいお付き合いを」リスナーに提言

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。3月23日(月)~3月24日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

パーソナリティの賀来賢人



◆SNSは「使い分けがわからん!」
3月23日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)がクラブ会員からのメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は最近SNSを始めたのですが、ちょっとしたつぶやきが知らない人に拡散されて、何千人とかに一気に広まり、ビックリしながらも新鮮な毎日を送っています。SNSをやっていて“これはビックリだった!”といったエピソードはありますか?」(女性)

現在、TwitterとInstagramをやっている会長は、「使い分けがわからん!」と実感を語ります。

そもそもTwitterを始めたきっかけは「舞台の宣伝とかのため」。そしてInstagramは、「みんなやっているから」。そんないきさつで始めたSNSについて「どっちもやり始めちゃったもんだから、引くに引けない状況なんですよね(苦笑)」と打ち明けます。

昨今のネットニュースについて「例えば、『僕が誰々と写真を撮りました』ということですら、ニュースになるわけですよ。いい宣伝になることもありますし、恐ろしいこともありますよね」とコメント。

そして、このクラブ会員に向けて「気をつけてくださいね。あまりSNSに依存せずに……でも、ないと生きていけない時代なのかもしれないですから、(SNSとは)ほどよいお付き合いを」と呼びかけていました。

◆クラブ会員の質問や相談に回答
3月24日(火)の放送では、クラブ会員から寄せられたメッセージに答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は今、お箸や器を商材にしたお店で働いているのですが、いまだに苦手なシチュエーションがあります。それは、1人でイヤホンをつけて来店されるお客さまです。接客方法に縛りはなく“何をしてもいいよ!”という感じの社風なのですが、どういう風なアクションをすれば、お客さまが嫌な気持ちにならずに接客ができるのか、と毎日悩んでいます。海外の方には勢いでいけるのですが、日本人の方だとどうしても顔色を伺ってしまいます。会長だったらどうしますか?」(女性)

このメッセージに、「店員さんとしては、難しいですよね~。イヤホンをつけている人は“あまり声をかけてほしくない”っていう意味だと思います……僕もどちらかと言うとそうかもしれない」と答えます。そして、「ほどよい接客は、難しいでしょうけど、頑張ってください」とエールを送りました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私は学校でよく『怒ってる?』と聞かれます。そんなつもりはないので『どうして?』と聞くと、『真顔が怖いから、怒っているみたいだよ』と言われました。けっこう“グサッ”ときています。真顔が怖いからといってずっと笑っているわけにもいかず、とても困っています。賢人会長ならどうしますか?」(女性)

この相談に、開口一番「僕もなんですよ!」と共感する会長。「何にも考えていないのに、『ピリついている』みたいなことをよく言われるんですよね。特に女優さんとか。僕は、緊張してあんまり女優さんに話しかけないんですよ。それが『怖い』って影で言われていたことがけっこうあって。こちとら緊張しているだけなのに……第一印象って大事ですよね」と同じ悩みを抱えている様子。

体が硬くて姿勢が悪いのを悩んでいた会長は、年明けの放送で、2020年の抱負は「体を柔らかくする」と宣言。最近、姿勢の矯正に通っているそうで、「姿勢をよくしてから、先生が『顔の“険”が取れた』ってよく言うんです。だから、体とかも(表情に)関係してくるのかもしれないです」と自身の経験をアドバイスとして送りました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

Facebook

ページトップへ