「次の自民党総裁選は党員投票だけで」石破元幹事長がこぼした“本音”と“意欲”を辛坊治郎が明かす

キャスターの辛坊治郎が2月12日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。今年9月に予定されている自民党総裁選に出馬意欲をにじませている石破茂元幹事長が「党員投票だけで」と本音をこぼしていたことを明かした。

自民党の石破茂元幹事長=2024年1月10日午後、永田町の党本部(春名中撮影) ©産経新聞社

政治資金パーティーの裏金問題に揺れる自民党内では、このところ9月に行われる予定の総裁選に向けた“ポスト岸田”をめぐる動きが活発化している。なかでも、「小石河連合」と称される小泉進次郎元環境相、石破茂元幹事長、河野太郎デジタル相の動向に注目が集まっている。

辛坊)この前、テレビ番組で石破さんと話していたら、オンエア以外のところだったかもしれないが「次の総裁選は、党員投票だけでやるくらいのことをしないと自民党は変わりませんよ」って言ったんですよ。

その心は何かというと、自民党の総裁選は毎回選挙制度が変わるが、緊急でやる時には党員投票を省略することがある。ちゃんとした総裁選は、党員投票と国会議員投票の両方を行う。党員投票を先に開票したがゆえに、小泉純一郎というとんでもない総理大臣が生まれたと思っている自民党の人が多いものだから、今は党員投票の結果が影響を与えないように、党員投票と国会議員による投票を同時にやって、同時に開票するようになった。

石破さんは国会議員のウケがよくないので、国会議員票が半分入ると、まず総裁・総理にはなれない。でも、党員投票だけにしたら、石破さんが総裁・総理になる可能性も出てくる。たぶん党員投票だけにはならないが、絶対とは言い切れない。今回の総裁選のやり方がまだ決まっているわけではない。というのも、今年4月に行われる補欠選挙の結果次第で、党所属の国会議員の数が変わったりするので、制度も決められない。

石破さんは本音で言うと、国会議員投票なんか次の総裁選ではやめて、党員投票だけでやってくれたら「俺は総理になれるのに」というくらい意欲があります。

radikoのタイムフリーを聴く

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!
放送局:ニッポン放送
放送日時:2024年2月12日 月曜日 15時30分~17時35分
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

5Gを駆使して高速・低遅延の映像伝送を実現した「PDT-FP1」の実力とは『石川温のスマホNo.1メディア』

『石川温のスマホNo.1メディア』は、スマートフォンに関する、最新情報や役に立つ情報を、スマホ/ケータイジャーナリストの第一人者である石川温さんをパーソナリティとしてお届けしている、ラジオNIKKEIの人気番組。

2月29日(木) のゲストはソニー株式会社・映像B2B事業室・野田紘史さん、加藤大知さん。

昨今、マスコミや通信業界では、現場からの映像・画像などのデータを現地からほぼリアルタイムで送るのが当たり前となりましたが、一方で通信状態が悪かったり不安定な現場も少なくありません。そんなところでも素早くデータを送信できる、5Gに対応したポータブルデータトランスミッター「PDT-FP1」を3月22日発売するソニーの担当者に、特徴や発表後の意外な反応など、石川さんが詳しく聞いています。

Facebook

ページトップへ