山下健二郎 通算5回目の『山フェス』4年振りに横浜アリーナで開催! 一夜限り“唯一無二”のエンターテイメントショー!<イベントレポート>

ニッポン放送『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE』(毎週日曜21:40~)の5回目となるイベント「山フェス2024~SOUND COLLOSEUM~」が、きょう2月12日に横浜アリーナで開催された。オーガナイザーの山下健二郎と、同じく三代目 J SOUL BROTHERSのELLY/CrazyBoy、岩田剛典をはじめ、同じ事務所の岩谷翔吾(THE RAMPAGE)、澤本夏輝(FANTASTICS)、BALLISTIK BOYZ、PSYCHIC FEVER、同フェスお馴染みのDJ DARUMA(PKCZ(R))、さらに山下が学生時代から愛聴している憧れのアーティストであるPUFFYとRIP SLYMEをゲストに招き、一夜限り“唯一無二”のエンターテイメントショーを繰り広げ、来場した10000人のリスナーが歓喜した。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

山下健二郎が“いま聞きたいライブ”・“いま見たいエンターテインメント” 『三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~』【公演日時】2月12日(月・祝)16時30分開演  【会場】横浜アリーナ

タイトルが「SOUND COLOSSEUM」ということで、まるで総合格闘技イベント『PRIDE』のようなオープニング映像で幕開け。声優・立木文彦のナレーションに乗せて、2020年以来の横浜アリーナ凱旋公演へ挑む山下の「音楽は戦い」という熱い思いが観客に届けられる。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

そして「山下健二郎選手の入場です!」というアナウンスと共に、覆面マスクを付けた4人の山下がステージに登場。どれが本物の山下かを当てるため、ランニングマンのダンスやバス釣りのマイムをしてもらい、青のマスクを付けたマスクマンが本物の山下と判明。本物の山下がマスクを脱いで力強くタイトルコールをし、イベントがスタートした。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

さらに山下は、元プロレスラー・高田延彦の代名詞「出て来いや!」と叫び、番組パートナーのTHE RAMPAGE岩谷翔吾、FANTASTICS澤本夏輝、BALLISTIK BOYZ松井利樹を呼び込み。3人から豪華ゲスト出演に関するイベント説明があると、リスナーから期待の歓声が上がった。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

開始早々、熱気に包まれる会場。そんな空間をもっと熱くするために登場したのが、この日のトップバッターを務めるゲスト・DJ DARUMA。DJ DARUMAは三代目 J SOUL BROTHERSの楽曲でDJパフォーマンスを披露し、会場を大いに盛り上げた。

そんなDJ DARUMAの「まだまだ山フェス2024は続きますので、引き続きお楽しみください!」という掛け声で、2組目のゲスト・PSYCHIC FEVERが登場。PSYCHIC FEVERは、今年1月にデジタルEP「99.9 Psychic Radio」をリリースしたばかり。

ステージでは「Up and Down」、「HABANERO」のほか、EPのリード曲「Just Like Dat feat. JP THE WAVY」も披露。さらに「Choose One」、「FIRE feat. SPRITE」を加えた全5曲を歌唱したほか、渡邉廉のBEAT BOXのパフォーマンスも挟むなど、見ごたえ・聞きごたえ抜群のステージで観客を魅了した。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

続くBALLISTIK BOYZは、EXILE TRIBE初のメンバー全員がマイクを持ち、ダンス、ボーカル、ラップをこなす実力派。MCでの自己紹介で、最年長の日髙竜太が「みんなのアイドル、日髙竜太です!」とアドリブで挨拶すると、他のメンバーがすかさず「そんなの初めて聞いたよ!」とツッコむなど、トークもキレキレ。

そんなBALLISTIK BOYZは、「Ding Ding Dong」、「We Never Die」、「All About U」、「Animal」「SUMMER HYPE」「Drop Dead(feat. TRINITY)」というタイプの違う6曲を披露。しっとりと聴かせたり、観客にクラップを求めて一緒に楽しんだりと、彼らにしか表現できないステージを繰り広げた。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

さらに2組は、三代目 J SOUL BROTHERSの楽曲で山下とコラボレーション。

PSYCHIC FEVERは「Go my way」を一緒にパフォーマンス。BALLISTIK BOYZは「FIGHTERS」を一緒に歌ったが、山下が途中で後輩のパートを奪ってラップを披露する場面も。歌い終わった後のMCでは、山下は「気持ちよかった~!」と感想を語った。

PSYCHIC FEVERとBALLISTIK BOYZはタイを拠点に活動していたことがあり、そこでバドミントンに「めちゃめちゃハマっていた」とのこと。そこで今回、バドミントン対決をすることに。ここでも山フェスならではの演出が加わり、「山下健二郎の素敵なところ」を言いながらラリーを行うことに。

山下の「(自分が)かっこいいことは知っているので、かっこいいは無しで」というムチャ振りルールも追加され両チームの代表者が対決したところ、BALLISTIK BOYZが勝利を掴んだ。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

白熱した対決の後は、再びライブコーナーへ。山下が「すごく楽しみにしていました!」と心待ちにしていたRIP SLYMEが登場。「楽園ベイベー (Remix)」で一気に会場を常夏に変え、おかもとえみをゲストに迎えて「サヨナラSunset」「JUMP」と立て続けに披露。さらに、山下と「JOINT」でコラボレーション。一緒にタオルを振ったり、観客にジャンプするよう求めたり、さらに「熱帯夜」も歌い、会場を夏のように熱くした。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

パフォーマンス後のトークでは、RIP SLYMEとの念願のコラボに「泣きそうだった」と目を潤ませた山下。そんなRIP SLYMEは、新幹線でEXILEと一緒になった際のエピソードを話し出す。後ろの席にEXILE一行が座っていたそうで、「少しだけEXILEになった気分だった」とのこと。しかし、ILMARIの後ろの席にはHIROが座っており「背もたれは1ミリも動かしませんでした」と明かして、観客の笑いを誘っていた。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

ここからは、山下とELLYと岩田が対決を行う「スーパードリームタッグマッチ炎の3番勝負」のコーナーへ。山下&岩谷、ELLY&澤本、岩田&松井がペアとなって、3つのゲームで勝負する。

岩田は『山フェス』初参加となるのだが、「今日は何でもやります!」と気合い充分。しかし、1つ目の勝負「モノマネタイムアタック」で山下が「サザエさん」のタラちゃんのモノマネに苦戦している様子を見て頭を抱える。ELLYも「志村けん」というお題に別の芸人のネタを披露するなど、全チームがてこずる事態に。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

2つ目の「チェックポイントリレー」は、ペアでステージ外周を周り、チェックポイントに用意されたバルーン割り、黒ひげ危機一髪、缶積みをクリアしてゴールするまでのタイムを競う。ここで岩田&松井がトップへ躍り出る結果に。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

最後の戦いは、キャプテン同士で「ファミコン対決」。ボンバーマンで戦い、最後まで残った人が勝利となる。「岩田にはボンバーマンでは勝ちたいんだ!」と勝利を誓っていた山下だが、フラグを回収するかのように岩田に敗北。「ボンバーマンくらい勝たせてくれよ~」と嘆きながらも、「来年はまた違うゲームで戦おうな!」とリベンジを誓っていた。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

再びライブパートへと戻り、続いてはPUFFYが登場。山下がどうしても出演してほしくて熱烈なオファーをしたところ、快くOKしてくれたという。しかしMCでは「とても不思議なラインナップで、我々が一番驚いています」とオファーされた驚きを語る場面も。

そんなPUFFYは、「これが私の生きる道」「誰かが」「愛のしるし」「渚にまつわるエトセトラ」「アジアの純真」という誰もが知る名曲ばかりを披露。

「私たちも踊れるってところを見せてあげます」「あの人たち(山下ら)は絶対踊れないから」と「愛のしるし」のゆる~いダンスを踊るなど、PUFFYらしいパフォーマンスで観客を楽しませた。

山下とのトークは、やはりダンスについて。「なかなかこれ(愛のしるしの振付)はできないですね」と山下が言うと、PUFFYの2人は「でしょ?唯一無二なんです(笑)」と自信満々の表情を見せる。さらに、大貫亜美が釣り好きということで、「いつか一緒に行きましょう!」と約束していた。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

続いて登場したのはELLY/CrazyBoy。「横浜の皆さん、ブチ上がっていきましょう!」と会場を鼓舞し、「Chi-Ki-Chi-Ki-Haa」、「LIKE THAT」、「PINK DIAMOND」、「LOCO (DT ver.) 」、「Ex-GIRLFRIEND / Lovers Again」「GET IT ON」「itʼs you」「NEO TOKYO」の8曲を披露した。

外周を周ってファンとの交流を笑顔で楽しんだと思えば、椅子を使ったパフォーマンスでクールな表情を見せたりと、さまざまな姿で観客を魅了。「また皆さんと会える日を楽しみにしています。愛してるよ、Love You!」と語り、自身のステージを締めくくった。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

イベントのラストを飾るのは、岩田剛典のライブ。「まだまだ元気は残っているか!?」と、ELLYが盛り上げたステージのボルテージをさらに上げる。

そんな岩田は、「Ready?」、「Can‘t Get Enough」、「Rain Drop」、「Only One For Me」のほか、今年3月にリリース予定の2nd Album「ARTLESS」から、1月に先行配信を開始した「Just You and Me」を、「本当は自分のソロツアーで初披露するつもりだったのですが…」と特別にこの『山フェス』で初披露。アップテンポで爽快なダンスナンバーとなっており、軽快なダンスと歌声で観客を魅了した。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

そして最後の楽曲「BREAK THE LAW」では、ラップにELLY、パフォーマーに山下、岩谷、澤本、松井が加わるという、スペシャルなコラボレーションも。『山フェス』でしか見られない特別なステージに、会場からは大きな歓声があがった。

ここで、イベントはエンディングに。岩田のステージの際に明かされた「登坂広臣が会場に観に来ている」ということについて、「なんで来てるのに(ステージに)出ないの?」「来年呼んでやろうぜ!」と山下が提案し、観客が「呼んでー!」と期待の声を上げる場面も。

三代目 J SOUL BROTHERS 山下健二郎のZERO BASE presents 山フェス2024 ~SOUND COLOSSEUM~

そして本日の出演者全員がステージに集い、それぞれが感想と観客への感謝の言葉を述べた。山下は「また来年も『山フェス』を絶対やるので、皆さんまた来てください!」と来年も開催することを約束し、「本日はありがとうございました!」と観客にお礼を伝え、大盛況のイベントは幕を下ろした。

5Gを駆使して高速・低遅延の映像伝送を実現した「PDT-FP1」の実力とは『石川温のスマホNo.1メディア』

『石川温のスマホNo.1メディア』は、スマートフォンに関する、最新情報や役に立つ情報を、スマホ/ケータイジャーナリストの第一人者である石川温さんをパーソナリティとしてお届けしている、ラジオNIKKEIの人気番組。

2月29日(木) のゲストはソニー株式会社・映像B2B事業室・野田紘史さん、加藤大知さん。

昨今、マスコミや通信業界では、現場からの映像・画像などのデータを現地からほぼリアルタイムで送るのが当たり前となりましたが、一方で通信状態が悪かったり不安定な現場も少なくありません。そんなところでも素早くデータを送信できる、5Gに対応したポータブルデータトランスミッター「PDT-FP1」を3月22日発売するソニーの担当者に、特徴や発表後の意外な反応など、石川さんが詳しく聞いています。

Facebook

ページトップへ