パレスチナ自治政府、首相が辞意表明 「ガザ地区にも権限。ハマスなき後、イスラエルとの2国家共存を狙っている」辛坊治郎が持論

キャスターの辛坊治郎が2月27日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。パレスチナ自治政府のシュタイエ首相が26日、辞意を表明したことを巡り、「(パレスチナ自治区)ガザには自治政府の力が及んでいない。首相の辞任と引き換えに、(イスラム原理主義組織)ハマスなき後、権限がガザ地区にも及ぶようにして、イスラエルとの2国家共存を狙っている」と持論を展開した。

辞意を表明したパレスチナ自治政府のモハマド・シュタイエ首相  February 26, 2024, Ramallah, West Bank, Palestinian Territory: Palestinian Prime Minister Mohammad Shtayyeh announces his government‘s resignation and calls for ‘‘new political measures‘‘ during a cabinet meeting in Ramallah on February 26, 2024 (C)Prime Minister Office/APA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

パレスチナ自治政府のシュタイエ首相が26日、辞意を表明した。ガザ地区を実効支配するハマスとイスラエルの戦闘を受け、パレスチナ人の間で政治的な取り決めについて幅広い合意を形成するためとしている。

辛坊)イスラエルはガザ地区を北側から攻め、ほとんどのパレスチナ住民は最南端の場所に避難しています。つまり、ガザ地区の大半はイスラエルが制圧している状況です。このままイスラエルがガザ地区の全域を制圧し、国家を拡大する意図があるのではないかと思えてしまいます。

こうした見方に対し、イスラエルはそうした意図はないと否定しています。ただ、ガザ地区には約150万人のパレスチナ人が残っており、イスラエルの本音は残るパレスチナ人をさらに南にあるエジプトのシナイ半島に押し出そうとしているのではないかと勘ぐってしまいます。

イスラエルがガザ地区の全域を制圧して支配下に置くことについては、アメリカなどは国際社会に認められないと考えています。つまり、ガザ地区は今まで通りパレスチナ人が治めるべきだという認識です。ただ、ハマスではないパレスチナ勢力に治めさせせたいとも考えています。

ガザ地区はパレスチナ自治政府の傘下にありますが、自治政府の力が現在は及んでいない地域です。そのことを考慮すると、イスラエルが占領するヨルダン川西岸を統治している自治政府の権限が及ぶような未来にしたいというのが、アメリカなどの思惑でしょう。

今回、その自治政府の首相が辞意を表明しました。背景には、首相の辞任と引き換えに、自治政府の権限がガザ地区にも及ぶようにして、ハマスなき後のパレスチナ国家を確立させ、イスラエルと2国家共存を狙っていると思われます。ただ、こうした水面下の意思通りに物事が動いていくかどうかは、まだ分からないです。

radikoのタイムフリーを聴く

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!
放送局:ニッポン放送
放送日時:2024年2月27日 火曜日 15時30分~17時30分
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

1日に2回“鳥のフン”が命中!SCANDAL・TOMOMIが語る不運エピソード「爆笑やった」

SCANDALがパーソナリティをつとめる番組「SCANDAL Catch up Supported by 明治ブルガリアヨーグルト」。結成、デビューから10年超のキャリアを持ち、最近では国内のみならず世界各国にも熱狂的なファンが多い彼女たち。英語で「最近どう?」という意味の「Catch up」そのままの、フランクな内容でお届けしていきます。

4月15日(月)の配信では、SCANDALがリスナーから届いた「不運」に関するメッセージを紹介しました。


(左から)TOMOMI、RINA、MAMI



TOMOMI:今回は、ひたすらメールを紹介していく回です。たくさんのメールを送っていただいております。

MAMI:ありがとう!

TOMOMI:さっそく読んでいきたいと思います。

RINA:お願いします。



<リスナーからのメール・ねこじゃらしさん>

「神々しい人たち」のテーマについてです。みなさんに私自身が「神」なのか「神以外」なのか、判断をしていただきたいです。

※「神々しい人たち」は、あなた、もしくはあなたの周りにいる不思議なパワーを持った人を募るメッセージテーマ。メッセージの内容からSCANDALメンバーたちが「神認定」をしていきます。

昔から私の行く先々でトラブルが多く、計画通りに進まないことが多々あります。新幹線で旅先に向かえば天候不良などで遅延は当たり前です。居酒屋さんでロシアンたこ焼きを頼めば、いつも私がハズレを引きます。

出先で急に雨に降られて傘を買うも、コンビニを出た瞬間に雨がやみます。通販で姿見を買ったら、バリバリに鏡が割れた状態で家に届きました。道を歩いていて、お財布の落とし物を見つけて交番に届けたことも人生で3、4回あります。

私と行動を共にする人に手間をかけさせてしまうことが多く、申し訳ないなと思いながらも、これはもしかしたら私が「神」だからなのではないか、という結論に達してきました。

自分の周りにいる人の「ちょっとツイていないな」を受け持つ神です。私が受け持つことで、周りの人の「ちょっと幸せだな」と思える瞬間が増えたのだとしたら、それはもう神の所業なのではないでしょうか。

もし私が神なのだとしたら、SCANDALのみなさんの「ちょっとツイていない」瞬間をすべて受け取って、楽しい、幸せだと思える瞬間をいっぱい増やしたいです。そしてなによりも、落ち込む私をいつも救ってくれるSCANDALのみなさんは、いつだって私の「神様」です。



RINA:う~ん、きれいな文章だ! うん、神ですね。

TOMOMI:神……神なのかな。

RINA:優しいからなれる「吸収の神」じゃない?

TOMOMI:周りの人が幸せになる瞬間が増えてるんやとしたら、本当に神だね。

RINA:ロシアンルーレットとか傘のこととか、こういう風に受け止められる力があるのって、なんかいいよね。すごいよね。

TOMOMI:うん、ポジティブ。

MAMI:私が「当たってよかった」って思うのでは、例えば辛いやつを食べてくれるってことだね。

RINA:そうそう。

TOMOMI:「運がない」って思うんじゃなくてね。

MAMI:それはポジティブで素敵。

TOMOMI:「神かも」って思えるのは、神だからなんだ。

RINA:いい思考回路。

MAMI:私たちの「ちょっと嫌なこと」は重いかもしれないよ……4人分。

TOMOMI:4人分もあるからね。ツイていないことありますからね、私たちも。

MAMI:けっこう前にも言ったけど、お店をさ……。

TOMOMI:「お店を潰す神」だから。

RINA:イヤやなあ。一番イヤや。

――ここでスタッフがメンバーに、人生で起こった「ツイていないこと」について聞きました。

TOMOMI:1日に2回も鳥のフンが落ちてきたことがある。

RINA:それはすごいね。すごい確率。

TOMOMI:中学校のとき、友達といつも帰り道に談笑してたんよ。ずっと座り込んで、足も伸ばして。そうしたら、その足にちょうどフンがヒットして、最初は「汚ない! なんであったかいん?」みたいな。で、拭き取ってもうしばらくしたら「同じ足」にフンが落ちてきた……爆笑やった。

RINA:「僕の家だよ?」って思ってたんかもしれんね。

MAMI:ここで~す!

RINA:トイレやったんかもしれんね。

TOMOMI:鳥ってキラキラしているものを見たら、海やと思って糞を落とすって言うよね。だから、私の足がたぶん光っていたんだよね。

RINA:ポジティブ!

MAMI:神々しい……。

TOMOMI:まさに“神々しい足”だったんだよね。


「明治ブルガリアヨーグルト」を手にしたSCANDALメンバーをパチリ



----------------------------------------------------
「SCANDAL Catch up」音声版
----------------------------------------------------

<番組情報>
番組名:SCANDAL Catch up Supported by 明治ブルガリアヨーグルト
AuDee、Spotifyで配信中。
配信日時:毎週月曜 21:00〜
パーソナリティ:SCANDAL

Facebook

ページトップへ