マーケットの関心事は「アメリカの利下げがいつなのか」に移っている 日経平均3日連続で最高値更新

テレビ東京・解説委員の山川龍雄が2月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。3日連続で最高値を更新した日経平均株価について解説した。

最高値を更新した日経平均株価の終値を示すボード=2024年2月22日午後、東京都中央区(斉藤佳憲撮影) ©産経新聞社

日経平均、3日連続で最高値更新

飯田)2月27日の日経平均株価は26日よりも5円高い3万9239円で取引を終え、3営業日連続で史上最高値を更新しました。

山川)(過去最高値を記録した)1989年だと、飯田さんはおいくつでしたか?

飯田)小学校1~2年生ですね。

バブル時に比べれば今回の株高は健全

山川)私は社会人1年目だったのですよ。当時は本当のバブルでした。貯金もないのに「頭金なんかいらないから早くマンションを買え」とか「株を買え」と勧められるぐらい。当時は企業も借金して財テクをやっていました。それに比べれば、いまの株高は健全だと思います。

飯田)そこまでして株を買って運用しませんからね。

山川)当時は就活のときも内定拘束という形で、企業の旅行でいろいろなところに行っていました。

飯田)他の企業の試験を受けさせないため、旅行に連れて行くという話は聞いたことがあります。

バブル時と違い、いまは業績の裏付けがある株高

山川)それに比べれば、今回は浮ついていません。マーケット関係では「PER(株価収益率)」という言葉があります。「企業の1株当たりの純利益に対して、株価が何倍をつけているか」という指標ですが、バブル時は日経平均の構成銘柄だと60倍以上でした。古今東西、アメリカでも驚くぐらいの倍率をつけていたのです。

飯田)そのぐらい過大に評価されていた。

山川)それがいまは16倍程度ですから、極めて普通です。これからも少し株価の調整は入るでしょう。一本調子で上がるよりは、むしろ入った方がいいのです。当時を知っている人間からすると、そんなに浮ついたものではなく、業績の裏付けがある株高だと思います。

飯田)最近は半導体が引っ張っているという話が出ています。折しもTSMCが開所式を行いましたが、日本にもそういう投資が入っているのでしょうか?

山川)経済安保、対中包囲網に関連して「中国よりも日本でものづくりをしよう」という動きもありますから、それも1つの業績の裏付けになっています。

マーケット関係者の関心事は「アメリカの利下げがどこで起きるか」に移っている

飯田)「そうは言っても庶民には実感がない」という声もありますが、(好景気は)どこまで落ちるのでしょうか?

山川)GDP成長率は2四半期連続でマイナスですから。いまはテクニカルな数字だけ見ると、いわゆる「景気後退局面」です。なぜ、こういうときに株高なのかということですが、一言で言うと、日経平均を構成している企業はグローバル企業であり、国内の経済はあまり関係ない。「世界的な景気がどうなっているか」と関係しているのです。

飯田)そうすると、やはり為替の円安などもプラスに作用する。

山川)そうですね。マーケット関係者にとっては「今後、調整局面がどこであるのか」がいちばんの関心事なのですが、1つはアメリカの利下げがどこで起きるかということです。利下げが起きると円高に振れ、円高のときは計算上、企業業績が少し落ちます。そのときが1つ、調整局面に入るときだと思います。アメリカの金融政策がどこでどう動くかについて、マーケット関係者の関心が移っています。

radikoのタイムフリーを聴く

飯田浩司のOK!Cozy up!
放送局:ニッポン放送
放送日時:2024年2月28日 水曜日 6時00分~6時41分
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

国交省、高速道路料金の車種区分を再検討 「要するに値上げ。いつになったら無料になるんだ!」辛坊治郎が憤慨

キャスターの辛坊治郎が2月28日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。国土交通省が普通車や大型車など5車種に分けている高速道路の料金について見直しを視野に再検討を始めたことを巡り、「要するに値上げ。いつになったら無料になるんだ!」と憤慨した。

首都高速道路、永福料金所には東京五輪期間中、首都高の料金が変わるロードプライシングを示す表示が設置された=2021年07月18日、東京都杉並区 ©産経新聞社

国土交通省は、普通車や大型車など5車種に分けている高速道路の料金について見直しを視野に再検討を始めた。軽自動車の大型化や電気自動車の増加など時代の変化を踏まえ、適切な料金設定を探る。

辛坊)要するに値上げですよ。確かに軽自動車は昔より大型化していますし、電気自動車は専用バッテリーなどを搭載しているため車重が重く、道路が痛むという理屈があるのだと思います。そこで、今の車の重さに合わせた料金設定に改訂しようというのでしょう。

それにしても、日本の高速道路料金は世界の中で圧倒的に高いです。例えばドイツやイギリス、アメリカは、ほぼ無料ですよ。それ以外の国で料金を徴取する国もありますが、高い国でも日本の半額ほどです。

日本の高速道路料金が世界的にみて異常に高いということで、民主党が政権交代した際に「高速道路無料化」というスローガンを掲げました。しかしその後、逆に首都高や阪神高速などは値上げに次ぐ値上げです。「ふざけるな」と言いたいですね。

今、日本の物価は世界の中で安く、これだけ円安になっていても、高速道路料金だけは国際水準に比べ、かなり高いです。そのうえ、さらに値上げを考えるなんて、「いい加減にしろ」と言いたいですね。

そもそも、日本の高速道路は2000年代初頭には無料になるはずだったんですよ。「タダにしろ」とまでは言わないですが、世界で最も高い料金を今の計画だと2100年代まで継続するという話になっています。「ふざけるな」です。いつになったら無料になるのでしょうか。結局、永久に無料にならないのではないでしょうか。

日本の高速道路はそもそも建設費をかけ過ぎです。私もよく車に乗りますが、どう考えても地面を平らにしてアスファルトを塗っておけば十分な場所でも、必ずといっていいほど高架になっています。これでは諸外国の高速道路に比べ、建設費がとんでもなく高くつきますよ。高速道路業界にお金を流すために、そういうことをしているのではないかと考えてしまいます。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ