「うるう年」の法則 「4年に1度」でも該当しない年とは

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。2月26日放送分のテーマは「うるう年」です。

※画像はイメージです

「1年365日」とは、地球が太陽の周りを1周するのにかかる日数のことです。しかし、実際には「365日と約6時間」と言われています。毎年6時間ずつずれると、4年で24時間、つまり1日ずれる計算になります。そこで、4年に1回「うるう年」をつくって調節しています。

現在、私たちが使っている暦は「太陽暦(グレゴリオ暦)」と呼ばれるもので、世界中の国で使われています。そして、西暦の年号が「4」で割り切れる年を原則「うるう年」としています。

ただし例外があり、「西暦の年号が100で割り切れる年」は、基本的に「うるう年」ではありません。例えば1900年や2100年などです。「基本」というのは、「400で割り切れる年」は「うるう年」になるからです。

例えば2000年は100で割り切れるので、本来なら「うるう年」ではありませんが、400でも割り切れるため「うるう年」となっています。この計算で次に当てはまるのは「西暦2400年」になります。

radikoのタイムフリーを聴く

スズキ・ハッピーモーニング羽田美智子のいってらっしゃい
放送局:ニッポン放送
放送日時:2024年2月26日 月曜日 7時37分~7時42分

※該当回の聴取期間は終了しました。

有吉「オールスター後夜祭」で“記憶力クイズ”に挑戦も惨敗…出演芸人の名前が出てこず「年齢上しょうがないと思っていたけど…」

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER(サンドリ)」。4月7日(日)の放送は、アシスタントにタイムマシーン3号の山本浩司とアルコ&ピースの酒井健太を迎えてお送りしました。


(左から)酒井健太、有吉弘行、山本浩司



有吉が番組MCをつとめ、山本も酒井も出演した「オールスター後夜祭'24春(以下:後夜祭)」(TBS系)の話に。有吉は「ドッキリみたいな感じで、急に『回答席に座っている88人の芸人の名前を(回答席を見ないで)全員言えるか』っていうのをやらされたんだけど、ほぼ答えられなくて……(芸人の名前が)全然出てこなかったんだよね」と悔しさをあらわにします。

また、挑戦しているときは「“回答はグループ名でも個人名でもいい”って言われたから、思いついた人からバンバン言っていけばいいんだけど、“(青色1号の上村典弘(現:カミムラ)は)ウエムラだっけ? カミムラだっけ?”って変に止まっちゃって」と回顧。

結局、浮かんだ芸人に関する情報は次々と出てくるものの、肝心の名前やグループ名はほとんど出てこなかったそうで、一緒に出演していた山本と酒井も、その様子を案じていましたが、有吉も「まったく出てこなくて、自分でもちょっとビックリした。年齢上、こういうラジオをやっていても(名前などが)出てこないことが多いから、ある程度はしょうがないと思っていたけど“それにしてもな……”って。困ったね」と不安を口にしていました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00~21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国25局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/27400
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」ではスペシャル音声も配信中!

Facebook

ページトップへ