「鶴瓶さんが引き受けてくれたらと、祈るような気持ちで……」江口のりこ、自身の“父親役”決定までの裏話を明かす

笑福亭鶴瓶が4月7日、ニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に出演、映画『あまろっく』(4月19日全国公開)で共演する女優・江口のりこと、同映画の裏話を語り合った。

笑福亭鶴瓶、江口のりこ

同作で主演を務める江口だが、鶴瓶が演じる“近松竜太郎”は、江口演じる“近松優子”の父であり、中条あやみ演じる“近松早希”と再婚して夫婦になる役どころである。

そんなひとクセある役を見て、「鶴瓶さんしかいないな」と感じていたと江口は明かした。この『あまろっく』の出演オファーがあった際、「尼崎に2か月滞在できるならやります」と出演を決めたという兵庫出身の江口。だが、その時には父親役が誰になるかは、まだ決まっていなかったという。しばらくしてから「(父親役は)鶴瓶さんはどうかと考えていて……」と映画スタッフから聞き、「忘れてた! 鶴瓶さんやん!」とその存在にビビッときたとのこと。

「鶴瓶さんなら私の父にも見えるし、不思議と中条あやみちゃんの夫にも見えるんです」

……そう、瞬間的に感じたという江口は、「鶴瓶さん、引き受けてくれたらうれしいなと祈るような気持ちで過ごしてました」と明かした。

そんな江口の心境を初めて聞いたという鶴瓶は「俺はそんなん考えてなかった」と明かし、「ストーリーがどうよりも、江口のりこさんと中条あやみさんと共演できるという点から出演オファーを受けた」と語った。「ストーリーも知らんから……ご存知の通り」と鶴瓶がこぼすと、江口は「(台本を)読んでないからね」とバッサリ。「読んでないのに一番台本汚いんですよ」と詰める様子は、父と娘のように容赦が無かった。

今作の撮影中を自分を思い返すと「なぜかずっと怒っていた」という江口。そんな、じんわりと何かに苛立ちながら進んでいく様子は、作中の“近松優子”の心情とかなりリンクをしている。撮影中も何度も「何でやろ?」「なんでそうなんねん」と思うことが多かったという。

そして父親役の鶴瓶はというと、のほほんとして何も考えていないように、江口の目には映っていた。

「なのに、後から(完成版を)見たら鶴瓶さんが一番その世界にいる人に見えるんです」

笑福亭鶴瓶、江口のりこ、上柳昌彦

放送では、江口と鶴瓶それぞれの映画の撮影へのアプローチの仕方の違いが垣間見える瞬間も、度々展開された。

鶴瓶をはじめ、“天使だった”という中条あやみ、そっと大人な対応で助け舟をだしてくれた駿河太郎、保健室の先生のようだったメイクさんなど、さまざまな助けを借り、無事に撮影を終えたという江口のりこであった。

radikoのタイムフリーを聴く

この記事を読む