円安埋蔵金“外為特会”の活用議論にクギ 「国際政治的に絶対に無理」石川和男が断言

政策アナリストの石川和男が5月26日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。最近、国会で政策財源のひとつとして議論された「外国為替資金特別会計(外為特会)」について専門家と議論した。

※イメージ

政府・日銀は4月29日と5月2日、急激な円安の進行を阻止する狙いから、ドル売り円買いの為替介入を実施したと見られている。為替介入は、国の「外国為替資金特別会計」=通称“外為特会”の資金を使って行われるが、この資金をめぐって今、国会で議論が沸き起こっている。

財務省が公表しているデータによると、今年1月末時点の外貨準備高は1兆2917億ドル(約200兆円)で、このうち1兆ドル近くが米国債などの証券、残りがドル現預金とれているが、詳細な内訳は公表されていない。これらドル建ての米国債や現預金の円での評価額が、円安の影響で膨れ上がっており、その差額=「含み益」を政策財源に充てる案が国会で浮上している。

この話題について、ゲスト出演した岩手保健医療大学理事で経済評論家の濵田敏彰氏は「外国為替資金特別会計では、ドルを現金でも持っているが(ほとんどは)アメリカの国債で持っている。(含み益を円に戻して確定させるために)アメリカの国債を日本だけが大量に売るとなると、国際社会の中で生きているので調整が必要」だとして、現実的な選択肢ではないと指摘。石川も「それは国際政治的に絶対に無理」と断言した。

石川は「大量に何兆円というオーダー、あるいは何千億円のオーダーでボンっと一気に売ることになると、アメリカは逆のことをしかねない。日本に次いで、世界のドル保有国2位の中国でさえ、あれだけアメリカと貿易戦争をしておきながら、ドル(米国債)を売らない。それは、アメリカを怒らせたらろくなことはないという証拠」と言及。

濵田氏は「そもそも外為特会は特別会計で、1年で締めて、本当に利益が出たときは、その分きちんと国庫に納めている。今回、その上に売るというのは、為替の調整のためならまだしも、その金で国民にばらまくみたいな話は通らない」と述べた。

地震には“3つのタイプ”がある!?「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」それぞれの違いや特徴を専門家が解説

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「防災 FRONT LINE」(毎週土曜 8:25~8:30)。今回の放送では、地震・火山地質学を専門とする鹿児島大学の井村隆介(いむら・りゅうすけ)先生に「3つのタイプの地震」について伺いました。


※写真はイメージです



地震には3つのタイプがあります。そこで井村先生に、過去の地震、そして、これから起こるであろう地震を交えて解説していただきました。

まずは“内陸型の地震(=直下型の地震)”について、「(このタイプに該当する)阪神淡路大震災、熊本地震、能登半島地震はマグニチュード7台を観測しましたが、陸地がそれ以上の力に耐えられないので、これらよりも大きな地震はあまり起こらないんじゃないか、という考え方ができるかと思います」と言います。

一方、東日本大震災や南海トラフ巨大地震などが当てはまる“プレート境界の地震”については、「東日本大震災はマグニチュード9を観測し、これから起こることが予想されている南海トラフ巨大地震もマグニチュード9クラスになってくると、エネルギーとしては、熊本地震や阪神淡路大震災が1,000発ぐらい同時に起こるのと同じくらいのエネルギーが一気に放出されることになります」と説明。

プレートは年間で数センチほど動いており、他のプレートとのあいだで絶えず摩擦が起きています。そして、摩擦が限界に達すると、一方のプレートが跳ね上がったり、引きずり込まれたり、ずれたりして地震が発生します。また、震源が海底で、かつプレートの跳ね上がりが原因で発生した地震は、津波の危険があり、その地震の規模が大きいほど津波も大きくなります。

そして3つ目に、4月17日(水)に起きた愛媛・高知の豊後水道を震源とする地震が当てはまる“沈み込んだプレートのなかで起こる地震”の特徴について、「地震が起こると“地震の波”は起こりますが、(震源が)深いところで起こるため、津波はなかなか起こりません。また(プレートが)沈み込んでいますので、浅いところで起こる地震よりもゆったり揺れるような地震になりますし、大きな影響を与えることはあまりないと考えられます。このように3タイプの地震は、起こり方やメカニズムが全部違うんです」と井村先生。

「内陸型の地震」「プレート境界の地震」「沈み込んだプレートのなかで起こる地震」といった3つタイプの地震があるということを、頭の片隅に入れておきましょう。

<番組概要>
番組名:防災 FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

Facebook

ページトップへ