新垣結衣 × 早瀬憩 ぎこちなくも愛おしい同居生活 『違国日記』

ニッポン放送「ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町」(日曜朝5時~)で、おススメの最新映画をご紹介しているコーナー『サンデー早起キネマ』。6月2日は、名優たちの演技が光る“日本の今”を切り取った作品を3本をご紹介しました。

その1本は、新垣結衣さん・早瀬憩さん主演。決して交わることのなかったふたりの、ぎこちなくも愛おしい同居生活『違国日記』。

『違国日記』  (C)2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

原作は、累計発行部数は180万部を突破!心を救うと大評判のヤマシタトモコさんの傑作コミック。

『違国日記』  (C)2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

ある日突然、目の前で両親を交通事故で亡くしてしまった15歳の女の子・朝。呆然としたまま葬儀に参列する朝に、親戚たちの心ない言葉が突き刺さります。

そんな時「あなたを愛せるかどうかはわからない。でもわたしは、決してあなたを踏みにじらない。うちに来たらいい」と言い放ったのが、亡くなった朝の母親の妹・槙生。朝の母親とは折り合いが悪くまったく交流はありませんでしたが、その時、槙生は、誰も引き取ろうとしなかった朝を引き受けたのです。

人見知りなのに、“勢いで” 姪を引き取ってしまった少女小説家。

初めて見るタイプの大人である叔母に、興味津々な女子高生。

年齢も性格も生きてきた環境も全く違うふたりが、互いを理解できない寂しさを抱えながらも、まっすぐに向き合い日々を重ねていく……。それはいつしか家族とも友人とも異なる、かけがえのない関係へとゆっくり変わっていくのです。

『違国日記』  (C)2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

不愛想で人付き合いが苦手な槙生役は、新垣結衣さん。この役とっても好きです。

『正欲』の時もそうでしたが、新垣さんには、私たちが持っているイメージが次々と覆される気持ちよさがあって、癖になるんですよね。

もう一人の主人公・天真爛漫な朝には、オーディションで選ばれた新星・早瀬憩さん。見ているだけでつい笑顔になってしまうようなフレッシュな可愛さ。最高のコンビです。

他に、槙生の親友には夏帆さん、槙生の元カレに瀬戸康史さんなど、素敵なメンバーが脇を固めます。

『違国日記』  (C)2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

自分の考えは変えたくない、でも人にはわかってほしい……

自分の考えは変えたくない、人にはわかってもらえなくていい……

人は十人十色。みんな違ってみんないい。分かり合えなくても寄り添うことが、実はどれほど大きな愛なのか、教えてくれました。

家族は血じゃない。きっとこれからの時代は、そういう家族が増えるんじゃないかなと思います。

そして、槙生からもらったノートに綴る朝の日記には、素敵な大人になるための大切な一コマ一コマが日々増えていくんだろうなと明るい気持ちになれました。

『違国日記』  (C)2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

『違国日記』
6月7日(金)より全国ロードショー

出演:新垣結衣、早瀬憩、夏帆、瀬戸康史
監督・脚本:瀬田なつき (『PARKS パークス』、『ジオラマボーイ・パノラマガール』)
原作:ヤマシタトモコ 「違国日記」 (祥伝社 FEEL COMICS)
2024年/日本/カラー/シネスコ/DCP5.1ch/139分
配給: 東京テアトル ショウゲート

公式サイト:https://ikoku-movie.com/

(C)2024 ヤマシタトモコ・祥伝社/「違国日記」製作委員会

radikoのタイムフリーを聴く

ひろたみゆ紀のサンデー早起き有楽町
放送局:ニッポン放送
放送日時:2024年6月2日 日曜日 5時00分~5時30分

※該当回の聴取期間は終了しました。

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ