松阪ゆうき、由紀さおりから「もう少しお腹は膨らませた方がいい」と意外なアドバイスを受け大納得!

松阪ゆうきさん、中山秀征さん

ニッポン放送のイマジンスタジオから演歌・歌謡曲・J-POPのライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分〜/司会:中山秀征・アシスタント石川みゆき)、7月14日放送分の収録が行われました。

石川みゆきさん、松阪ゆうきさん、中村美律子さん、中山秀征さん

今回のゲストは、中村美律子さん、半田健人さん、松阪ゆうきさんです。

半田健人さん

半田健人さんは、『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のファイナリストから芸能界入り。『仮面ライダー555』の乾巧役で初主演。2016年、シングル『十年ロマンス』でメジャーデビュー。

懐かしの昭和歌謡から『追憶』(五木ひろし)を歌った半田健人さん。

「多くの作詞家の中で、僕の人生に最も大きな影響を与えたのは阿久悠先生です。阿久作品の中でも、『追憶』はマイベスト10に入ります」

新曲『ロマンスは永遠に』は、“鉄道愛”の表現した鉄道ソングです。

「今回の新曲は、メジャーデビュー曲『十年ロマンス』のアンサーソングにあたります。小田急ロマンスカーのVSE50000形という車両がありまして、昨年、VSEが引退した日に発売しました。鉄道車両はどんな大金持ちになったとしても個人所有は叶いません。そこに車やバイクと違う別のロマンがあるのです。ですので、引退をどのように自分の中で消化するかが重要で、僕はそれを歌にすることで受け入れました」

半田健人さん、中山秀征さん

半田健人さんが、好きなマスコットに「PASMOのロボット」があります。

「40歳になりましたが、マスコットや可愛いものが大好きなんです。PASMOのロボットは、ネットオークションでノベルティが出品されるのを、それを購入したりしています。そのフィギュアにサイズの合う家具や家電のミニチュアを集めて、与えて、フィギュアを甘やかすことに喜びを感じています。だいぶイタイ40歳独身が仕上がっています(笑)」

松阪ゆうきさん

カバー曲から『夏のクラクション』(稲垣潤一)を歌った松阪ゆうきさん。

「稲垣潤一さんの曲と言えば、『クリスマスキャロルの頃には』や『ドラマティック・レイン』が思い浮かびますが、これからの季節にピッタリだと思います。あるテレビ番組で、三山ひろしさんがカバーしていたので、(僕も歌ってみたいなぁ)と思って、今回挑戦してみました」

民謡から演歌、歌謡、オペラ、POPSまで幅広いレパートリーを歌いこなす松阪ゆうきさんの新曲『黄昏のシルエット』は、新たな新境地をひらくシティポップ調の楽曲に仕上がっています。

「ぜひ、ダンスにも注目してください。今年は年末のディナーショーに向けて、この歌で頑張りますので、どうぞ応援のほど、よろしくお願いいたします」

松阪ゆうきさん、中山秀征さん、石川みゆきさん

由紀さおりさんからいろいろアドバイスを受けているという松阪ゆうきさん。

「先日、民謡番組に出ていたところをたまたま見てくださり、ご連絡をいただきました。歌い方はあなたらしさが出ていて良かったわ! と言っていただきました。袴を着て民謡を歌っていたのですが、意外なアドバイスをいただいたんです。『もう少しお腹は膨らませた方がいいわね』というアドバイスでした。そこでタオルをお腹に詰めて頑張っています(笑)」

中村美律子さん

中村美律子さんに、代表曲から『女の旅路』を披露していただきました。

「この曲も作詞を石本美由起先生に手掛けていただきました。作曲は叶弦大先生です。2008年の発売で、その年の日本レコード大賞で最優秀歌唱賞をいただきました」

新曲『人それぞれに』は、2002年の『中村美律子全曲集』の中に収録された曲で、ほとんど知られていません。

「岡千秋先生が会うたびに、あの曲はいい曲だから新曲で出したい」とおっしゃっていただき、20年以上の歳月を経て、令和に甦った一曲なんですよ」

中村美律子さん、中山秀征さん

大阪生まれ大阪育ち、いまも大阪にお住まいの中村美律子さんですが、先日、初めて東京の地下鉄に乗ったそうです。

「時間があったので、地下鉄に乗って銀座に行ったんです。東京の地下鉄は複雑で乗り換えが大変でした。よくみなさんは、間違えずに目的地に行けるなと、不思議でなりませんでした。大阪の地下鉄は複雑ではありませんよ」

その話を聞いて中山秀征さんが、「今度は、渋谷に行ってみてください。地下がすごいことになっていますから。東京に住んでいても迷いますから(笑)」と言うのでした。

——

<<中村美律子さんの情報>>

・「中村美律子コンサート2024」
7月23日・24日、大阪・新歌舞伎座

・「歌謡ビッグステージ」
(出演:山本譲二・新沼謙治・香西かおり・中村美律子)
7月20日 (1)13:00 (2)16:30 下呂交流会館泉ホール
8月4日 (1)13:00 (2)16:30 愛知県芸術劇場

——

<<半田健人さんの情報>>

・9月1日、40歳記念ライブを渋谷『JZブラッド』を開催。
・YouTubeのコンテンツ『超絶戦士サプライザー』のオリジナルサントラCDを半田健人オフシャル・オンライン・ストアにて発売中。

——

<<松阪ゆうきさんの情報>>

・「松阪ゆうきクリスマスディナーショー2024」
12月24日、東京錦糸町の東武ホテルレバント東京

 

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ