バーチャルMC 一翔剣、ラジオを飛び出しニコニコ超会議で動く姿を初公開

ニッポン放送人気番組「ミューコミプラス」(月~木曜深夜0時~0時53分)の番組内で、パーソナリティの吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)が企画したバーチャルMC 一翔剣(いっしょう けん)が4月1日から活動を開始した。

吉田アナウンサーは昨今、バーチャルタレントとの共演が多くあり、人気バーチャルタレントの電脳少女シロらから「吉田アナもバーチャルにすれば?」と勧められたことから企画がスタート。

一翔剣は21歳。年齢相応の若い見た目で、イラストレーターのHoneyWorksヤマコ氏が担当。一翔剣という名前は現実世界の吉田を評して「一生懸命にがんばるおじさん」というところからVTuber・輝夜月さんが命名した。

現在「ミューコミプラス」ではYouTube Liveで番組を同時配信し、リスナーはYoutTubeで、一翔剣の活躍を見ることができる。

その一翔剣は4月27日と28日についに番組を飛び出し、幕張メッセで開催の「ニコニコ超会議Vチューバーフェスティバル2019」のステージで初めて動く姿をライブで公開した。さらに2000人の観客を前に「粉雪」を熱唱し、観客を大いに沸かせた。

今後、一翔剣はミューコミプラスの番組出演を続けながら、バーチャルイベント、グッズ制作など活躍の場を広げる予定だ。

番組概要

■番組名:ニッポン放送『ミューコミプラス』
■放送日:月曜~木曜 深夜0時~0時53分 (24時~24時53分)
■パーソナリティ:吉田尚記 (ニッポン放送アナウンサー)
■番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/
■ツイッター:@mc1242
■ハッシュタグ:#mc1242

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ