米露関係が改善されない限り遠い北方領土問題

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月17日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。安倍総理がロシア幹部と会談したニュースについて解説した。

2008年4月の党大会にて拍手の中立ち上がるプーチン(統一ロシア – Wikipediaより)

安倍総理がロシアの与党幹部と会談

安倍総理大臣は5月16日、ロシアのプーチン政権与党「統一ロシア」のトゥルチャク総評議会書記と総理官邸で会談した。総理は日露平和条約交渉に関連して、「条約締結を目指して取り組んでいきたいと思うのでよろしく」と協力を呼びかけた。

飯田)プーチン大統領は6月にG20のタイミングで日本に来ると言われておりますが、これはその前の地ならしということになるのですか?

宮家)一般論として、日露の対話が続くことは悪いことでは無いです。しかし、この与党の幹部の人よりも、プーチン大統領のほうが圧倒的に重要です。プーチンさんを懐柔することは難しいと思うけれど、だからこそ、日本はいろいろな手を使っているのだと思います。最近、北方領土問題の交渉については若干停滞気味で動きが見えませんよね。水面下ではやっているのだと思いますが、いろいろな方向から仕掛けて行こうということだと思います。

飯田)一時はG20までに、何かしらの動きがあるのではないかと言われていましたが。

宮家)期待がある程度膨らんだ時期もあったかもしれませんが、客観的に見れば、いまロシアとアメリカとの関係が改善されていません。アメリカ国内はロシアゲートもあってなおさら進まない。アメリカと中国の関係も非常に悪化しています。ロシアからすれば中国は同盟国ではないのだけれども、戦術的には有難いパートナーです。ですからその意味で、ロシアが日本に譲歩するのはなかなか難しい時期に来ているのかなと思います。もう少し状況が変われば、ロシアの出方も変わって来ると思うのですが、客観的に見た場合、いまは少し難しいということなのだと思います。

ロ、在日米軍で回答要求  モスクワで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)=2018年12月20日 写真提供:共同通信社

改善されない米露関係~プーチン大統領に言うべきことを言えないトランプ大統領

飯田)ポンペオさんがこの間ロシアのソチに行って、ラブロフさんと会談しただけではなくプーチンさんとも会談しました。ここで首脳会談についても前向きに話したということもあって、大阪で米露の首脳会談が行われるのではないかと言われています。この辺は少し局面が変わって来ますか?

宮家)今アメリカで良く言われているのは、トランプさんはプーチンさんにちょっと甘いのではないかということです。大体、大統領選挙にロシアが介入したことはアメリカの捜査当局も認定しているわけだから。本来であればアメリカの大統領が、「けしからん、俺たちの大統領選挙に手を突っ込むとは何事だ」と言うべきなのだけれど、なぜかトランプさんは言えないのですよ。そうなると、大統領は何をやっているのだということにもなって行って、なかなかアメリカとロシアの関係が好転する状況ではないのです。
そもそもその裏には何があるかと言うと、1つはロシアがクリミアを併合してしまって、その前にウクライナへの介入もあるわけですが、これで国際社会から経済制裁を食らっているのです。「クリミア問題を直さないで米露関係が良くなるわけがないではないか」と、普通ならトランプさんが言わなくてはいけないのですが、どうもプーチンさんに対して歯切れが悪いのですよね。言うべきことを言えないとなると、彼もなかなか国内政治的に難しい。でも本当はアメリカとロシアが、少なくともNATOの問題について突っ込んだ議論をするのがあるべき姿だと思います。

飯田)プーチンさんからしたら、もともと選挙に手を突っ込んだり無茶をやるのも、制裁を解いて欲しいからという点もあったのですよね。完全に裏目に出てしまいましたよね。

宮家)そうですね。しかし、ロシアの敵対国の大統領選など重要選挙への介入は昔からです。ソ連の時代からずっとやっているので、彼にとってはあまり変わらないと思いますよ。そもそもプーチンさんがそれをやっていたのだから。

飯田)もともとKGBの人ですからね。

宮家)そうですよ。まさに東ドイツでそうした工作をやっていたのだから。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。アメリカがイランにサイバー攻撃を承認したニュースについて解説した。

イランの最高指導者ハメネイ師(右)と会談する安倍晋三首相=2019年6月13日、イラン・テヘラン[ハメネイ師のツイッターより] 写真提供:時事通信

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ワシントンポストやニューヨークタイムズによると、トランプ大統領はイランへの軍事攻撃を中止する一方で、サイバー攻撃を承認していたと報じている。6月20日夜、タンカー攻撃への関与が疑われるイランの情報機関などのコンピューターシステムに対しサイバー攻撃が行われ、打撃を与えたということだ。またトランプ大統領はイランに対して24日、追加制裁を与えるとツイッターで明らかにしている。その一方で、「イランと戦争をしようとは思わない。対話には無条件で応じる」とも述べている。

飯田)週末、アメリカとイランの関係が動きましたね。

須田)無人偵察機(ドローン)の撃墜を受けて攻撃司令を出したけれど、攻撃の10分前にそれを撤回した。トランプ大統領がツイッター上で明らかにしたことですが、アメリカとイランは開戦寸前まで行っていたのかということが衝撃的でしたね。そういう状況を受けて、トランプ大統領はカタールに対して仲介してくれないかという要求をしている。この番組で申し上げているように、トランプ大統領の外交スタンスは圧力を極限まで高めて、首脳会談で打開策を見出して行くというものです。

共同記者発表を終え、握手するイランのロウハニ大統領(右)と安倍首相=2019年6月12日、テヘラン(共同) 写真提供:共同通信社

ハメネイ師やザリフ外務大臣のツイートが意味するもの

須田)ではイラン側はどうなっているかと言うと、日本のメディアはほとんど報道しませんが、イランの最高指導者であるハメネイ師が英語でツイッターをやっているのですよ。先だって安倍総理がイランを訪問して、ハメネイ師と会談を行った。その様子をツイートしているのですが、「安倍総理はアメリカがイランと誠実な対応を望んでいると言うけれど、我々はそのような言葉を決して信じない。誠実な対応はトランプ氏のような人間からは生まれないからだ」と言っています。この文言を見る限り、トランプ大統領に対しての信頼度はゼロだということが伺える。
なぜならば、「アメリカはイランの石油化学業界に対して経済制裁を課しているではないか。これが誠実な交渉を望む人間のやることか」と、具体的になぜ交渉に応じないかを明記しているのですよ。そうすると、トランプ大統領が更なる追加制裁をするとなったら、ますますイランは背を向けてしまうのではないかと思います。
一方で、イランのザリフ外務大臣もツイッターをやっています。私が注目したのは、先日のタンカー攻撃の後に「いよいよBチームによるプランBが発動された」と言っているものです。Bチームとは、ボルトン特別補佐官を筆頭に、イスラエルのネタニヤフ首相、サウジアラビアのサルマン皇太子、UAEのザイド皇太子の4人組と言われています。Bチームはトランプ大統領を焚きつけて、イランとの戦争を望んでいるグループなのだと。ではBチームによるプランBとは何かと言うと、サボタージュディプロマシーです。

飯田)サボタージュディプロマシー?

須田)要するに妨害外交と言ったらいいでしょうか。イランにとって、いままで西側の唯一の窓口が日本だったのですよ。いよいよ安倍首相がアメリカとの仲介交渉に乗り出そうという矢先になって、タンカー攻撃が行われた。これはBチームによるプランB、つまり我々がやったわけではないと言いたいのです。逆に言えば、安倍総理のイラン訪問をザリフ氏は歓迎しているのですよ。重大な決断をしてくれたことで、何とか戦争を回避したいという意識は持っているのだけれども、それが御破算にされた。加えてその後に無人機の撃墜ですから、これもBチームによるものだと認識しているのではないでしょうか。

イラン学生通信(ISNA)が13日、AFP通信に提供した、オマーン湾で黒煙を上げるタンカーの画像=2019年6月13日 写真提供:時事通信

イランが核兵器保有国になる可能性も

飯田)イラン側としては、確たる証拠がないからどちらにもとれるけれど、アメリカ側が自作自演をやったという主張をしているのですね。

須田)ニューヨークタイムズは、ベトナム戦争が始まるきっかけになった「トンキン湾事件」に非常によく似ていると言っています。私もニューヨークタイムズの報道が気になったので、当時のマクナマラ国防長官の回想録を読んでみました。2回攻撃が行われたと言われていますが、2回目はやっぱり自作自演だったのですよ。

飯田)2回目に関しては、自作自演が確定している。

須田)ええ。「回想録を書くまで私は喋らなかったけれど」という書き出しで始まっています。やるのですよ、アメリカは。

飯田)アメリカが証拠として出して来た映像も、夜中だったこともあってかなり不鮮明でした。その後でカラーの写真も出ましたが、だいぶ時間が経ってからですよね。

須田)もちろん、イラン犯行説について確証がないのと同時に、アメリカの自作自演説に対しても確たる証拠はないですよ。両方とも証拠はないのです。だからバランスを見て報道すべきなのに、日本のメディアやマスコミはアメリカの主張を垂れ流している傾向があると思います。

飯田)しかし、ハメネイ師のツイッターは面白いですね。逆の意味でとれば、少しでも制裁を緩めてくれたら交渉の余地はあると言っているようなものですよね。

須田)だから大前提として、経済制裁を元の状態に戻す必要があります。一方で怖いのは、イランがウランの再濃縮を始めたということです。「OK! Cozy up!」金曜日の担当である宮家邦彦さんに聞いてみたところ、僕は再濃縮を始めて数年後には核兵器を持てるのではないかと思ったのですが、宮家さんは1年以内だと言うのですよ。

飯田)それほどの濃縮能力があるのですか?

須田)あるのだそうです。

飯田)遠心分離機の数を減らしたという話がありましたが、実際に減らしたかどうかはわからないですものね。

須田)イランが核兵器保有国になると、黙っていないのがイスラエルであり、もちろんアメリカもそうですから。

飯田)サウジアラビアもですよね。

須田)そういう状況に少しずつ動き始めていることを、認識しないといけないですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ