「水引アーティスト」舟木香織~グッチも魅了した水引の美しさ

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

祝儀袋でもおなじみの、古くから伝わる伝統の飾り「水引(みずひき)」。この水引を「アート」として手掛け、様々な模様や絵柄を表現。国内だけでなく海外でも注目されている女性作家がいます。彼女はなぜ「水引アート」を始め、どうやって世界へ活動の場を広げて行ったのでしょうか?

きょうは、水引が結んだ世界との縁をめぐるストーリーをご紹介します。

作:舟木香織

細長く切った和紙を紐のように縒って、水のりを引いて固めた「水引」。祝儀袋や結納品、水引細工の材料として使われ、慶弔にまつわる日本の伝統文化を彩って来ました。

水引には「あわじ結び」「梅結び」「松結び」など、いろいろな結び方があります。これを組み合わせて鶴や亀などの縁起物や、ト音記号、トランペット、さらには立体の竜まで、様々なものを表現して注目されているのが、水引アーティストの舟木香織さん・43歳。

水引アーティスト・舟木香織さん

「水引は紙だけでできているんですと言うと、『え? 紙なのにどうしてあんなに丈夫なの?』と驚く方もたくさんいらっしゃいますよ」と言う香織さん。

もともと、ディスプレイデザイナーだった香織さん。企業で社内デザイナーの仕事をしているご主人・渉さんと9年前に結婚した際、結納飾りの立体的な水引を初めて目にして、その魅力に惹かれました。

「水引でこんなことができるんだ、こんな世界があったんだと感動して、私もやってみようと思ったんです」。

作:舟木香織

香織さんは、師匠でもある水引アーティスト・梶政華さんの教室に通い始め、アパレルの仕事をしながら、やがて自分でも水引で様々なアートを作るようになって行きました。

ちょうどその頃、実家の父親が病気で手術を受けることになり、仕事も辞め、水引教室に通うのも一時中断して看病に当たった香織さん。父親が元気になるまで、8ヵ月ほどブランクができました。

作:舟木香織

「何か作らないと、腕がなまってしまうなと思って……空いた時間にカラフルな和紙と水引を組み合わせて、ポップな感じの祝儀袋を作ってみたんです」

その写真をツイッターに載せると、予想以上に大きな反響を呼び、ネットで販売することに。ご主人の渉さんも背中を押してくれて、本格的に「水引アート」の製作を始めました。

作:舟木香織

もう1つ、「水引をライフワークにしよう」と決心するきっかけになった出来事がありました。当時、香織さんは子宝に恵まれず、不妊治療を受けていましたが、ようやく授かった子どもを流産。それでも諦めずに治療を続け、2度目の妊娠をしますが、1ヵ月後、再び流産してしまいます。

「不思議なんですけど、夢に赤ちゃんが出て来たんです。お別れを言いに来たんでしょうね。子どもとは縁がなかったけれど、私は人と人とを結ぶ水引で生きて行こう、って決めました」

作:舟木香織

2017年6月、香織さんは正式に師匠から独立し、「水引アーティスト」としての活動をスタート。最初の頃はなかなか注文が入りませんでしたが、コツコツ作り上げた「黄金の鳳凰」の画像をアップするなど、地道な努力を続けた香織さん。

そんなある日、思いがけないところから仕事依頼のメールが届きます。何と、イタリアの有名ブランド・グッチからでした。

「グッチ青山をリニューアルオープンするので、パーティーで水引アートの実演をやってもらえませんか?」……ホームページに掲載していた「黄金の鳳凰」が、パーティーにふさわしい日本の伝統的アートを探していたグッチ・イタリア本社の担当者の目に留まったのです。

作:舟木香織

去年(2018年)9月に行った水引アートの実演は大成功。これをきっかけに注目された香織さんのもとには、有名企業や一般のお客さんからの注文が続々と入るようになりました。また香織さんは、海外での普及活動も積極的に行っています。今年(2019年)2月には、知人が住んでいるインド南部の街・チェンナイで、水引アートのワークショップを行いました。

「海外に行って実感したことは、水引を贈られて喜ぶのは日本人だけではないってことです。水引は人と人の縁を結び、笑顔を引き出す世界共通のアイテム。これからも歴史と伝統をふまえつつ、新しいアイデアを採り入れた水引アートを作って行きたいですね」

八木亜希子 LOVE&MELODY
FM93AM1242ニッポン放送 土曜 8:00-10:50

八木亜希子 LOVE & MELODY

radikoのタイムフリーを聴く

ダイエットや美容にも…「カリフォルニア・レーズン」の魅力とは

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。7月16日(火)の生放送は、マラソンランナーで加圧インストラクターの鈴木莉紗さんが登場。「レーズン愛」を語りました。

(左から)鈴木莉紗さん、高橋みなみ



鈴木さんのフルマラソンのベストタイムは2時間39分56秒。3時間を切る、いわゆる「サブ3(スリー)」を達成しています。趣味を探してマラソンにたどり着き、わずか1年半でサブ3に。そんな鈴木さんが、“取り入れたら調子が良くなった食べ物”として、カリフォルニア・レーズンを挙げました。

◆発汗で失われた栄養補給に
さまざまな栄養が、バランスよく含まれるカリフォルニア・レーズンは、レースや運動前に摂ると良いそう。ご飯やパンに含まれるデンプンよりブドウ糖の吸収が早く、運動中のエネルギー補給に優れているとのことです。

鈴木さんはレース中の給水ポイントで、バナナの代わりにレーズンがオススメだと言います。理由は、バナナ1本103 kcal(約120g)に比べ、レーズンは約80粒(約40g)で120 kcalと、クイックエネルギーとして適しているからだとか。

レースや運動後の疲労回復にも好適です。発汗により失われた鉄やカリウムなどのミネラルを補給し、酸素を全身に行き渡らせて体の回復を助けてくれます。

鈴木さんが勧めるのは、ヨーグルトにレーズンを一晩漬けておく食べ方。「ヨーグルトの水分をレーズンが吸って、レーズンが柔らかくなって食べやすくなります。それにヨーグルトが濃厚な味になる。ぜひやってみて」と提案しました。

◆整腸やダイエットにも
スタジオには、カリフォルニア・レーズンをトッピングした冷やし中華も登場。冷やし中華の甘酸っぱいタレとレーズンの甘みや酸味のバランスが良く、たかみなは「驚きました。すごく合っている」と絶賛しました。

カリフォルニア・レーズンをトッピングした冷やし中華



優れた栄養分に加え、整腸効果も期待できるカリフォルニア・レーズン。食物繊維は、一般的に「多い」とされているサツマイモやセロリより豊富です。

また、レーズンには腸内で善玉菌のエサとなる食物繊維の一種「イヌリン」が含まれており、水溶性と不溶性の食物繊維も合わせると、可食部100g中9.8gの食物繊維が含まれています。加糖のない自然な甘みで腹持ちがよく、ダイエットにも合っているそう。

「レーズンって今まであまり気に留めていなかったけど、最強の補給食だったんですね」とたかみな。スポーツをする方、美容感度が高い方など、気になった方は、レーズン補給を試してみてはいかがでしょうか。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年7月24日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

Facebook

ページトップへ