戸田恵子の目の前でブラジリアン・ミュージック生演奏

ニッポン放送で毎週日曜日午後2時から放送中の「三菱電機プレゼンツ 戸田恵子 オトナクオリティ」。8月11日の放送は、ゲストにアーティスト・Saigenjiを迎え、ブラジリアン・ミュージックの魅力について語られる放送となった。

1975年に広島県で産まれ、父親の仕事の関係で引っ越しの多い少年時代を過ごしたSaigenjiが民族音楽を好きになるきっかけは、同じ南米でもアンデス地方を中心に演奏されている民族音楽『フォルクローレ』だという。9歳の頃、父親が持っていた、サイモン&ガーファンクルの『コンドルは飛んでいく』を聴き、後ろで鳴っている『ケーナ』という縦笛に興味を持ったことが、民族音楽のスタートだそうだ。

ひとくくりにされてしまいがちなブラジリアン・ミュージックだが、地域・由来によってサンバ、ボサノヴァ、ショーロなど様々に分類される。また、公用語がポルトガル語であるブラジルだが、周囲はスペイン語が公用語である国が大半。Saigenjiが実際に触れて感じたスペイン語とポルトガル語の持つ語感・雰囲気の違いについても触れている。

番組ではSaigenji が実際にギターを弾きながらジャンルごとの特徴を紹介しただけでなく、自身の曲のスタジオ生演奏も行った。「ブラジルといえばサンバ」とお思いの方には、是非radikoのタイムフリーでブラジリアン・ミュージックの魅力を感じてほしい。

Saigenji は18日の放送にも出演。更なるブラジリアン・ミュージックの魅力を教えてくれる。

三菱電機プレゼンツ 戸田恵子オトナクオリティ
FM93AM1242 毎週日曜14:00~14:30
パーソナリティ:戸田恵子
番組ホームページ:http://www.1242.com/otokuri/

radikoのタイムフリーを聴く

「夫以外の人に恋…」結婚12年目・42歳主婦に、江原啓之が届けた言葉は…

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、恋心を封印したいと悩む主婦からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆妄想は膨らむばかり…
「結婚12年目で42歳の主婦です。子育ても一段落し、そろそろ社会復帰をしたいという思いで、昨年末から資格スクールに通い始めました。ところがあろうことか、そのスクールの同年代の担当講師に恋をしてしまいました。それからは勉強どころじゃなく、授業を受けていてもドキドキ、エレベーターで一緒になっただけでクラクラ……。最近は、とにかく彼のことばかり考えて、勉強がまったく頭に入りません。正直、この年齢でこんなおばちゃんが恋をするなんて思いもよりませんでした。妄想は毎日膨らむばかりで……。胸が苦しいです。講師の方への気持ちを封印し、何か勉強に集中できる方法があればアドバイスお願いします」

◆江原からの“ことば”
「好きな人がいて、その人が講師だったら、逆に勉強に身が入りませんか? 集中力が増して、勉強して『よくできましたね』なんて言われたら嬉しいもの。変に“落ち着いて、落ち着いて”と、思えば思うほど落ち着かなくなってしまう。そういうことと同じ。心の恋愛は、悪いことではない。心の不倫は、夫を裏切ることではない。想いの恋愛は、全然ウェルカム! 妄想、膨らましちゃいましょう! 現実に持っていくなというだけ。つまらない変な人に教えられるよりは、楽しい! それだけでも授業料の元を取ったようなものです」

◆江原啓之 今宵の格言
「人間不信は依存心の顕れです」
「自己憐憫に愛は訪れません」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ