沖縄の全蔵元46社が協力してつくり上げた奇跡のブレンド泡盛「いちゃゆん」の美味しさ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、株式会社「ものめぐり」の商品ジャーナリスト、北村森が出演。注目すべき街について語った。

店頭に陳列された宮古島産の泡盛(泡盛-Wikipediaより)

黒木)今週のゲストは株式会社「ものめぐり」商品ジャーナリストの北村森さんです。今年(2019年)は令和元年ということですが、注目の街を北村さんに教えていただこうかなと思います。

北村)北海道の帯広です。北の屋台。ここはずいぶんと前から屋台村を押さえているのですね。平成の時代の屋台村人気の立役者、元祖と言われています。地元の人も旅の人も、出張の人も来ます。通常、観光施設には観光客しか来ません。ですが、この屋台村は地元の人にも愛されています。さらに生産者も、「うちのチーズを扱ってくれ」と売り込みに来ています。みんながそこに集っている。ややもすると観光客を呼べればいい、少し人気が出ればいいとなりがちです。令和になっても屋台村、横丁というものは各地で増えています。その各地の方で屋台村の存在に迷ったら、帯広はなぜ元祖と言われ、人気が続いているのか、確認に来るといいです。

黒木)北の屋台、帯広。

北村)ここは長らく人気を続けています。

黒木)他には?

北村)これは街づくりというよりは人が集った、もっと言えばものが集った話なのですが、沖縄に「いちゃゆん」という泡盛があります。

黒木)いちゃゆん。

北村)去年(2018年)の限定発売なのですが、沖縄物産展などで手に入ります。ネット通販でも、探せば残っているところもあるようです。沖縄には46の酒造所、つまり蔵があります。その46、全部の蔵の泡盛をほぼ均等にブレンド、混ぜて1本の泡盛にしたものが「いちゃゆん」です。

黒木)いちゃゆんとは、「出会い」という意味なのですね。

北村)お酒業界に限らず、地域で何かをしようとすると、なかなか一枚岩になることができないものです。「こんなものに何で自分が一肌脱がなければならないのだ」とか、「そんなことをして何の意味があるのだ」などと言う人が必ずいます。しかし今回、いちゃゆんという泡盛を作るために、沖縄県の酒造協同組合の人たちが頑張って1つ残らず、離島も含めて大小さまざまな46の蔵、全部に声をかけた。説得して原酒を集め、「いちゃゆん」という泡盛を作った。沖縄県、全蔵のブレンドですよ。他の地域ではあり得ないことではないですか。これが美味しいのです。

黒木)「いちゃゆん」の蔵元さんはいるのですか?

北村)「いちゃゆん」は、酒造協同組合自身がつくっています。酒造組合でも酒造所を持っています。そこで作って、すべての蔵の泡盛を1度集め、責任を持ってブレンドしています。

北村森(きたむら・もり)/株式会社「ものめぐり」商品ジャーナリスト

■1966年、富山県生まれ。慶應義塾大学卒業。
■1992年、日経ホーム出版社に入社。編集者兼記者として活動。
■2005年、「日経トレンディ」編集長に就任。2007年からは発行人を兼務。「消費者がお金で買えるもの全てをテーマに据える」を旗印に、低落傾向にあった販売部数を大きく立て直すことに成功。
■2008年に独立、フリージャーナリストの道へ。また編集者として活動する傍ら、メディアにも積極的に出演。2017年にはサイバー大学IT総合学部教授に就任。
■現在は、取材した日本のものづくりのいまを雑誌やWebで執筆する他、メディアにも数多く出演。海外も含め多忙な取材活動を行っている。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(10月3日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

元テレ朝の現職・三反園氏が敗れたわけ~辛坊治郎がその背景を解説<鹿児島県知事選>

キャスターの辛坊治郎が7月13日(月)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。12日投開票された鹿児島県知事選で2期目を目指した現職の三反園訓氏が敗れたことについて、その“構造”と“要因”を解説した。

4月25日から接客を伴う飲食店に休業を要請することを明らかにした鹿児島県の三反園訓知事=4月22日午後、鹿児島市 ©共同通信社

現職の知事の2期目はよっぽどじゃないと落ちないはずが……

任期満了に伴う鹿児島県知事選挙は、新人で元経済産業局長の塩田康一氏が現職の三反園訓氏を破り当選した。

辛坊)三反園さん、テレビ朝日の『ニュースステーション』の政治担当キャスターだった方ですね。

大きい声では言えないのですが……現職の知事の2期目はよっぽどじゃないと落ちないのです。現職知事はすごく強いのですよ。2期目で落ちたと言う話を聞いたことがないくらいです。小池さんはこのあいだ(東京都知事選)、すごい票でしたよね。あれがまさに現職知事の2期目なのですよ。ところが、三反園さんは2期目で落ちてしまったのですね。

なぜ落ちてしまったのかというと、構造的なものがありまして。『ニュースステーション』というと、どちらかと言うと反政府、反自民というようなものを売りにしている番組ですよね。そこで大活躍をされたキャスターなわけですよ。1期目はそれを全面に出して、自民・公明の候補を敵に回して、反原発で当選したにもかかわらず、今回の選挙では、自民・公明に推してもらった。1期目(の選挙)では川内原発をやめるということを公約に掲げたのに、知事になった瞬間に「再稼働でいいのではないか」という話になって、いちばんの公約がグズグズになったうえに、元々反政府系で売っていたキャスターなのに、2期目の戦いで自民と公明が後ろについてしまったという。そうすると、自民と公明の支持層からしても、「え? 元テレ朝じゃないか。あれだけ悪口を言っておいて、自民・公明に推されるのか」となります。

逆に言うと、市民団体で前回の知事選でこの人の当選の原動力になった人たちにとって、「原発で裏切ったうえに、2期目は自民・公明に推されて出るのか」という構図になったら、もう選挙にならないのですよ。だから盤石で絶対に強い現職知事が、これだけの有名人でも2期目の選挙でまさかの落選と。

この構図になったら、もう選挙にならないが……

辛坊)ということですが……私、三反園さんと1回焼き鳥屋さんでご飯を食べたことがあるのですよ。そんなに悪い人ではなかったのですよ。別に悪口を言うつもりは毛頭ないのだけれど。結果的にそういう背景があったという話です。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ