日本の卓球がここまで強くなった理由

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、元プロ卓球選手でスポーツウェアデザイナーの四元奈生美が出演。日本のジュニア卓球の育成方法について語った。

女子シングルス2回戦、荻原直子(JR北海道)と対戦する個性的なユニホームを着た四元奈生美(東京アート)(東京体育館)=2010年1月14日 写真提供:時事通信

黒木)今週のゲストは元プロ卓球選手でスポーツウェアデザイナーの四元奈生美さんです。最近の日本の卓球は、世界でもトップクラスの実力になりましたけれど、日本が強くなった理由について、どう分析していらっしゃいますか?

四元)特に目立っているのが若い選手の活躍です。日本のジュニア育成のエリートアカデミーというものもありますし、とにかくジュニア育成がとても上手く行っています。小学生、中学生の有望な選手を、日本のナショナルチームのトレーニングセンターに集めて一緒に寝泊まりして、朝から練習します。

黒木)やはり、小さいときから訓練した方がいいということですか?

四元)そう思いますね。いまは小さいうちからやるのが当たり前になっていて、2歳半くらいからボールを出して、フォームはなっていなくてもいいから、とにかく当てさせる。少し大きくなって台から顔が出れば、どんどん打たせる。そしてサーブが出せるようになれば、もう試合に出します。4歳くらいから試合に出ていますね。

黒木)四元さんのお子様は小学校2年生ということですが、四元さんのところでは何歳から始められたのですか?

四元)家に卓球台があるので、もっと早くから始めさせたかったのですが、なかなかスイッチが入ってくれなかったのですよ。本人のやる気がないと駄目だよな、なんて思っていたら、小学校に入る2ヵ月前の2月にチームに連れて行ったとき、同じくらいの年齢の子どもたちがいたので、楽しいと言ってくれました。そこからはみんなについて行くために、毎日、小学校が終わった4時半~9時までは練習を繰り返しています。

黒木)ご自分の意思はあるのですか?

四元)本人が「強くなりたい」と言っています。親がいくらやらせよう、やらせようと思っても、本人のやる気がないと練習しても無駄になってしまいます。

黒木)卓球は小さいボールを強く打つので、優れた動体視力が必要ですよね。

四元)返って来るまでに0.2秒くらいなので、本当に速い速度です。目で見て、「あ、こっちかな」と考えている時間がないのですね。ラケットを引いたときに肩の動きを見て、クロスに来る、ストレートに来るということを瞬時に脳が判断して、あとは体が勝手に行っていますね。

黒木)怖くないのですか?

四元)いまやったら怖いかもしれないですね。

黒木)現役のプロの当時は?

四元)当時は怖いということはなくて、撃たれると瞬間的に手が出ている。ブロックしようと思って、手がもう先に出ている。ブロックで決まると楽しいです。

ニッポン放送「あさナビ」

四元奈生美(よつもと・なおみ)/元プロ卓球選手・ウェアデザイナー

■1978年。東京都立川市出身。
■4歳から卓球を始め、数多くの大会で優勝。
■2001年4月、大学卒業と同時にプロに転向。
■2004年には中国超級リーグに参戦。北京チームに所属。北京チームの超級クラスでは外国人初の所属選手となり、総合優勝に貢献。
■2007年の全日本選手権で「誕生」をイメージしたユニフォームで出場。
■卓球を華やかなイメージにし、メジャーな競技にしたいという思いから、自らのウェアデザインを始める。「革命」「喜怒哀楽」「希望」等、様々なテーマで衣装デザインを手掛け大会に出場、卓球界のジャンヌ・ダルクと呼ばれる。
■2008年に全日本選手権・混合ダブルスで準優勝。
■2009年~2011年までは、自身のスキルアップの為、東京モード学園へ。2010年には、中国・広州で行われた国際卓球連盟主催プロツアー大会にて、自身のファッションショーを開催。
■2011年に結婚・出産後、2013年1月の全日本選手権に出場。
■2014年、自身のブランド「Final Winner」を立ち上げ、卓球ウェアなどのデザイン・プロデュースを手掛けている。
■現在はコメンテーター&スポーツウェアデザイナー、ママプレーヤーとして活動。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(11月13日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ