新型コロナウイルスによる経済への影響~消費税を減税するしかない

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月26日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。新型コロナウイルスによる経済への影響について解説した。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

財務省、日銀、金融庁が株価下落を受け臨時会合を開催

新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、25日の東京株式市場で株価が大幅に値下がりしたことを受け、財務省と日銀、金融庁が臨時会合を開催した。会談の後、財務省の武内財務官は「緊張感を持って市場動向を見守ることで一致した」と話している。

飯田)見守ることで一致したそうです。

日経平均株価 新型肺炎感染拡大で世界経済への影響懸念で一時1000を越える大幅下落~ 取引開始直後、1000円以上急落した日経平均株価を示す株価ボード=2020年2月25日午前、東京都中央区 ©産経新聞社

そもそも消費増税によって起こった経済の悪化

高橋)見守るよりはアクションをして欲しいです。そもそも財務省がやった消費税増税が悪いのだから、そこをまず反省して欲しいですね。消費税増税の後にこれが起きているので、奈落の底に落ちて、さらに落ちるということになっています。消費税増税がなければ耐えられたかもしれませんが、耐えようがありません。10~12月のGDPはマイナス6.3で、過去25年で4番目に悪い数字です。1、2番目がリーマンショックで、3番目が前回の消費増税です。リーマンショックは不可抗力と言っていいですが、消費増税の2回は不可抗力ではありません。

飯田)自分たちで勝手にやったということですよね。

高橋)私の予測が当たりました。消費の動きだけを見ると、過去25年でいちばん悪かったのが、前回の2014年の消費増税です。今回が2番目に悪くて、3番目が1997年の消費増税です。すべて消費増税が並びます。

飯田)消費だけを見ると、リーマンショックのときよりも大きい。

高橋)そうです。リーマンショックのときは外需、輸出が悪くなって、その後に消費が悪くなるというパターンでした。消費の影響だけ並べると、すべて消費増税が並びます。それなのに財務省と日銀は暖冬、台風を理由にしています。

飯田)台風は毎年来るだろうという話だし、10月や11月が冬かと。

高橋)それに台風が来る地域は決まっているから、その地域の経済とそれ以外の地域の経済を見ると、全部が悪いので、台風のせいだという説明はできません。消費増税だけです。下落を見守る前に、政策を反省して欲しいです。だいたい財務省は嘘をつきますが、1997年のときも消費増税ではなくアジアショックだと。

飯田)アジア通貨危機だと言いましたね。

高橋)そういう形で外に説明しろと言われて、学者が騙されました。いまでもアジア危機になっています。

飯田)消費増税の影響はなかったと。

高橋)だったら、なぜ3番目に消費が悪くなるのでしょう? 2017年のときはさすがにわかっていましたが、今回もごまかしています。まだ景気は回復基調だと言っています。

飯田)一時的な要因だということになっていますね。

コンビニエンスストアに貼られた、キャッシュレス決済でのポイント還元を知らせるポスター=2019年10月1日未明、東京都品川区 ©産経新聞社

消費税を元に戻す以外に方法はない

高橋)消費増税が3年効いて、一時的な要因だなんて笑ってしまいますね。財務省、日銀、金融庁は見守るのでなく、自分たちの政策を検証するべきです。消費増税で失敗したのですから、元に戻すしかありません。

飯田)消費税を減税する。

高橋)1回やって失敗したのであれば、元に戻すしかないです。それは軽減税率でも何でも、やり方はあります。日銀だって金融緩和しないと倒産が出て来ますよ。

飯田)すでに旅行関係で倒産が出ていますからね。

高橋)イベントもこれから3月いっぱい観光、金融機関のものはすべて中止ですから、イベント収入の人も大変です。

飯田)民間はそういうものと足並みをそろえる形になるから、どんどん冷え込みますよね。

高橋)イベント系や放送業界の人も大変です。見守るのではなくて、補正予算を通して用意をした方がいいです。

飯田)本予算を審議していますが、本予算の前に2019年度補正予算を、というのは難しいのですか?

高橋)いま審議していますからね。2月いっぱいで予算は通るのだから、3月になったら新年度の補正予算を準備した方がいいです。

経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左手前から3人目)=2019年11月13日午後、首相官邸 ©産経新聞社

4月頭に補正予算を出すべき

飯田)日経辺りが与党のなかの議論を紹介していましたが、2019年度予算の予備費が2700億円くらいあるから、これを全部出してやれと。

高橋)当たり前です。それでも足りないでしょう。たぶん5兆円くらいやらないと、1~3月は大変だと思います。これは5月に発表になりますが、そのころはオリンピックが危なくなります。もしかすると安倍政権の終わりということにもなりますよ。3月は参議院で予算審議をするのですが、どうせ自然成立なのだから、そのときに準備して4月はじめに補正予算を出せばいいのです。そのくらいでいいと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

ティモンディがパーソナリティを担当 BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』 放送決定

深夜ラジオの代名詞、ニッポン放送『オールナイトニッポン』(毎週月~金曜深夜1~3時)内で、深夜2時台に放送中の月替わり企業コラボコーナー「コラボレート・ニッポン」。7月1日(月)~26日(金)の4週間は、ティモンディがパーソナリティを担当する。

ティモンディ

ティモンディとBOATRACE振興会のコラボレーション 7月1日(月)~7月26日(金) 月~金曜「オールナイトニッポン」内 深夜2時30分頃~3分間

「ボートレーサーになるための応募をもっともっと増やしたい!」というBOATRACE振興会からの依頼を受け、7月のコラボコーナーでは『やればできる!華麗な転身Q&A』を実施。ボートレーサーは、平均年収1900万円、優勝賞金最高1.1億円、しかも15歳以上・未経験から男女関係なく目指すことができるプロアスリートである。本企画は、7月1日より始まるボートレーサー募集にちなんで、パーソナリティのティモンディも高校球児からお笑い芸人になるという“転身”を遂げたことから、『やればできる!華麗な転身Q&A』と題し、様々な経歴を持つリスナーから「この趣味・特技を活かしてボートレーサーに華麗な転身できますか?」という質問を募集する。

そんな「コラボレート・ニッポン」で紹介されたメール応募者全員に、「BOATRACEオリジナルグッズ」をプレゼント。今、将来の目標を決めかねている人、転職先を探している人、進学先に悩んでいる人、様々な環境にいる人たちに是非、聴いてほしいコーナーになっている。

本企画では番組と連動した特別オリジナル動画配信とX(旧Twitter)キャンペーンも実施。応募者の中から抽選でプレゼントが当たる!

なお、 ボートレーサー養成所では7月1日(月)~9月6日(金)、2025年4月入所の訓練生を募集する。詳しくは、『新ボートレーサー募集』で検索!!

BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』

【BOATRACE振興会 presents コラボレート・ニッポン 『やればできる!華麗な転身Q&A』概要】
放送日程 :2024年7月1日(月)~2024年7月26日(金)
放送時間 :月曜~金曜 深夜2時30分頃~3分間 ※事前収録
コラボパートナー:ティモンディ(高岸宏行・前田裕太)
放送局:ニッポン放送をキーステーションとする全国36局ネット
番組メールアドレス:boat@allnightnippon.com
特設サイト:https://www.allnightnippon.com/boat/
ボートレーサー 募集サイト:https://info-boatrace.jp/

Facebook

ページトップへ