菅田将暉、話題の「ギャグつなぎ」舞台裏を語る 「一生懸命考えた、自分なりのできること」

4月6日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時~27時)で、いまSNSで席巻中の「ギャグつなぎ」について、参戦の一部始終を明かした。

新型コロナウイルスの影響で巣ごもりが続く中、お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春がツイッターで「ギャグつなぎ」を展開。すでに60人以上の芸人が参加してギャグ動画を投稿しているが、2日にお笑いコンビ・令和喜多みな実の野村尚平が「こんな時だから大博打します」として、俳優である菅田を指名。これに応え、菅田は自身のツイッターで「カッコつけて告白します。言いたいことあるんだけど、1回しか言わないよ? 2万貸してくんない?」と演技力を武器に、渾身のギャグを披露。

そして、菅田はラジオの中で「いや本当に、ギャグなんてないから。本当にどうしようかと思って」、「僕は結構悩んだんですよ」と、指名されたときの率直な心境を述べ、ギャグ作りに苦労したことや、次のバトンに三四郎の相田周二を指名した理由についても語った。

「どんなギャグをやろうかと、投稿を遡って見たら、みんなそれぞれの武器を生かしていたので、いろんなギャグがあるんだな、と。僕は俳優だから、お芝居や演技を生かした方がいいと思ったんです。で、これは自分で言うのは凄く嫌なんですけど……、雑誌の“国宝級イケメン”という企画で殿堂入りをしているので、“こんなイケメン俳優はイヤだ”というフォーマットにしました。

これは素人の考えですよ? 僕ができる最大限の、一生懸命考えた、自分なりのできることです。そして、目標は元気に、世の中の人にサプライズを、普段はやらないようなことをやる! ということで作りました。

あの投稿、実は2テイク目なんですよ。最初、取材の合間に撮ったら、メイクやヘアメイクをして衣装も着ていたから、“オン感”が出てしまって何か違うなと思い。だから取材が終わった後、ちゃんとメイクを落として Tシャツに着替え、自撮りでやりました。マネージャーさんが『撮りましょうか?』って言ってくれたんですけど、『それだと、オン感が出てしまうから。これは俺だけで完結させんとあかんねん!』と言って(笑)。

次に誰に回すかも迷ったんです。俳優や他のジャンルの方に回して、膨らませが方いいのかとも思ったんですが、ギャグつなぎだから、ちゃんと芸人さんに戻した方がいいと思い。あと、僕みたいな被害者をこれ以上増やすわけにもいかないし(笑)。それで、こういう困ったときに助けてくれるのはマブダチしかいないな、ということで三四郎の相田さんに回しました。普段、ネタを作らない方のね(笑)。

相田さんのツイッターを見たら、ギャグつなぎをラジオでやるようだったので、『三四郎のオールナイトニッポン』をリアルタイムで聞いていたら……、あれ、凄かったですね! マジで! 僕、マジで感動しましたよ。やっぱり元気になるんだな、と思いました。三四郎さんの漫才を生で見たときの事を思い出しました。

ギャグつなぎのネタに困って『どうしよう』って言いながらも、漫才のネタ合わせをするように、三四郎の小宮さんが『ちょっと早い!』、『そのブリッジいるかな?』、『あーそれ、いらないなー』とか言って作っていって。なんかやっぱりあの感じは、かっこよかったですよね」

三四郎の相田に、冗談も含めてバトンを渡したが、「三四郎のオールナイトニッポン」の生放送で、小宮と相田がギャグを作っていく様子に心から感激したと語った菅田。そして「本当にいい人に回せたと思いました」と満足そうにつぶやいたが、この一件で相当悩んだようで「あの、もう僕のところに回さないでください、本当に(笑)」と、ギャグ作りはこれっきりにしたいとのことだった。

radikoのタイムフリーを聴く

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ