伍代夏子、YouTube動画でお玉と泡立て器を持って歌う『上を向いて歩こう』が話題に!?

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分〜/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。6月14日(日)のゲストは、伍代夏子さん、チェウニさん、水雲-MIZMO-の皆さんです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

日本でデビューして20年を迎えたチェウニさん。「私はソウル生まれなのに、焼肉が食べられません。好きなのは、お寿司、お漬物、沢庵です。好きな場所は浅草ですね。可愛い置物や飾り、手ぬぐいを買ったりします」

いまでは東京が大好きで、ライトアップした東京タワーを見ると、心が落ち着くそうです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

オープニングに西島三重子さんのヒット曲『池上線』を歌ったチェウニさん。「この曲をアルバムに収録したら、とても好評だったので、2003年にシングルカットしたんです。そうしたらリバイバルヒットして、私の大切な1曲になりました」

20周年記念シングル第2弾、『驛』は、心にしみて来る素敵な曲です。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

水雲-MIZMO-の皆さんに「ステイホーム中、3人は何をしていましたか?」と伺うと、アメリカ出身のNEKO(ネコ)さんは、ゲームとパンづくり。AKANE(アカネ)さんは裁縫が好きで、ポーチづくりとイラストを描いていたそうです。リーダーのNAO(ナオ)さんは大好きな漫画を読み、腹筋を鍛えていたとか。三者三様、面白いですね。

懐かしの昭和歌謡では、かぐや姫の『妹』と、最新曲の『泣いちゃえ渡り鳥』を素晴らしいハーモニーで歌っていただきました。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ステイホーム中、マスクづくりをしていたという伍代さん。さらに、自粛中の皆さんを元気づけようと『伍代夏子オフィシャルYouTubeチャンネル』を開設し、ご自宅のキッチンで撮影。『上を向いて歩こう』を披露する伍代さんが見られます。おたまと泡立て器をカチカチ鳴らしながら歌う姿が「可愛い!」と評判です。

ステージでは、代表曲の『忍ぶ雨』と、2020年1月1日に発売した新曲『雪中相合傘』をしっとりと歌っていただきました。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で収録しました。公開録音を再開する際には、番組内、ホームページ上で改めてお知らせいたします。

 

<<伍代夏子さん情報>>
*7月1日に、藤あや子さんとの初のデュエットシングル『いつもそばにいるよ』と『オンナノハナミチ』を発売(作詞:伍代夏子 作曲:藤あや子)

○伍代夏子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.voicemusic.co.jp

<<チェウニさんの情報>>
*10月25日、東京・ホテルルポール麹町で、「チェウニから秋の便り 秋麗の宴 オータムランチショー」を開催。

○チェウニさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.office-pansy.co.jp/cheuni/

<<水雲-MIZMO-さん情報>>
*3月25日、カバーアルバム「歌謡抄~水の巻<二>~」「歌謡抄~雲の巻<二>~」を発売。

○水雲-MIZMO-さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://www.mitsui-ag.com/mizmo

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ