乃木坂46・中田花奈 高校時代の「1軍」から意識が変わったきっかけとは?

6月24日(水)深夜、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)に、週替わりパーソナリティとして、メンバーの中田花奈が生出演。埼玉県出身の中田が、学生時代の思い出を紹介した。

クラス内では、「1軍」と呼ばれるイケてるグループにいたことを笑いながら明かした中田。学校帰りには「SHIBUYA109」の、中高生に人気で最新のトレンド情報が揃う“店舗型の情報発信スペース”「SBY(エスビーワイ)」によく通っていたと語った。

新内:中田さん、すごいことを打ち合わせで聞いたんですけど、学校で1軍だったんですね?

中田:うん。普通に1軍(笑)

新内:この番組に来て、胸を張って『1軍』って言うメンバーって、まぁいないよ。

中田:そう、「あんまり言わない方がいいかな?」って思っていたの。2軍くらいの方がかわいいよね。

新内:私は1軍に憧れていたから羨ましいな、って思っているんですけど。

中田:地味な学校の1軍だから、世間の3軍くらいよ?

新内:でも、1軍っぽいことを結構していたんでしょ?

中田:学校が渋谷に近かったから、学校帰りにSBYに行って。

新内:うわっ! 懐かしいー!

中田:私たちが行っていた時代のSBYは、(コスメの)サンプルとかがもらえたの。

新内:SBYは渋谷駅にある『SHIBUYA109』の8階にあって、お化粧品が並んでいたり、髪を巻くコテが置いてあったり、それを自由に使える場所だったんだよね。

中田:たぶん、高校生達に流行らせたいサンプルが置いてあって、当時はアンケートを書くとそれをもらえて。お店に『Popteen』のモデルの子とかが、ハグ会とか握手会をして、それに行ったりしたし。

新内:知らなかった。SBYは私の学校のギャルも行ってた。

中田:あんまりギャルではなかったけど、やっぱりギャル憧れはあった。

新内:店員さんもみんなギャルなの?

中田:そうそう、そういう感じ。

新内:どういう人がお店に入っているんだろう? って思いながらお店を見ていたんだけど、乃木坂46に入ってから、SBYの前で(元メンバーの)川後陽菜ちゃんに会ったことがある(笑)

中田:さすがだわ~! ブレない~(笑)

新内:その時、私は乃木坂46に入ったばかりだったから、先輩とお話しする機会がそんなに無かった中で会っちゃったから、とりあえず会釈だけした。

当時はSBYでアンケートに答えると、洗顔やファンデーションといったコスメのサンプルがもらえ、「渋谷に行くって言ったら、SBYにも行っていた」と、頻繁に通っていたという中田。学生時代、イケてるグループ入りを夢見ていた新内は「ちゃんと1軍してるじゃん」、と感心。

現在、中田が乃木坂46の中ではそういったイメージがないことから、新内が「何かあったんですか?」と聞くと、中田は「ラジオのはがき職人さんとかがカッコよすぎて、憧れちゃった」と回答。趣味でラジオを聞くようになってから、気持ちを抑えたり、エピソードを心の中にしまっている人を“イケてる”と認識するようになったと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ