本田圭佑 初ラジオの初ゲストは宇野昌磨

プロサッカー選手・本田圭佑が日本の真裏ブラジルから自身初のラジオパーソナリティに挑戦するニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeなどで自身が考えていることを言葉にして発信している本田だが、ラジオパーソナリティとして初めて迎えるゲストは、なんとフィギュアスケートの宇野昌磨選手。宇野とは初対面ということもあり、初のラジオでのホスト役として緊張気味の本田だったが、トップアスリート同士意気投合した収録となった。

本田圭佑 ©HONDA ESTILO株式会社 / 宇野昌磨

ニッポン放送特別番組「本田圭佑 『NowVoice』」8月27日(木)13時~14時30分放送

現在、ブラジル1部リーグのボタフォゴでプレーする本田圭佑。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeで自身が考えていることを「言葉」にし、発信。また、プレミアム音声サービス「NowVoice」を立ち上げて、新たな音声メディア事業もスタートさせて音声業界を盛り上げている本田圭佑が新たな挑戦として選んだのが「ラジオパーソナリティ」。特別番組「本田圭佑『NowVoice』」はすでに一部の収録は済んでいるが、今回はゲストパートの収録に臨んだ。本田がラジオ初のホスト役として迎えたゲストは、フィギュアスケートの宇野昌磨。本田はブラジルから、宇野は愛知から、アシスタントのニッポン放送東島衣里アナウンサーは東京からと3地点をZOOMで繋いでリモート収録を敢行。本田は、宇野とは初対面ということもあり、緊張気味ではあったが、冒頭に宇野の趣味であるゲームの話で一気に打ち解けると、兄弟や家族の話、「負けず嫌い」のお互いの見解、オリンピックなど、様々な話題で意気投合した。

収録が始まり、トップアスリート同士の初対談の第一声、誰もがどんな質問を選択するかと思っている中、本田が放った「宇野さんはゲ―ムが趣味で特にスマッシュブラザーズと聞いたんですけど、今もやっているんですか?」という予想もつかない質問で幕開け。宇野は意表を突かれながらも自分の得意ジャンルの話題で緊張が解け、本田もゲーマーであることを明かすと、今度はスマホゲームで「一緒にやりましょう!」というところまで一気に距離が縮まった。

トップアスリート同士ということもあり、食事が大事なはずなのに宇野が大の野菜嫌いである話から、宇野の母への感謝を引き出すなど順調にゲストトークを進行する本田が一番聞きたかったのは、オリンピックについて。宇野は、「フィギュア界にとっては、オリンピックが最高峰の舞台。自分としては、オリンピックに向けてというよりも、目の前の練習・試合を良くすることを考えている。その1日1日の積み重ねがオリンピックのに繋がって、そのオリンピックの舞台でも『今日を頑張る』という気持ち」と話した。それに対して本田は、その考え方の背景にも切り込んで質問、宇野の親の教育が「素晴らしい」と展開した。

まだまだ話し足りない中で対談の収録が終わりの時間を迎えると、本田は「今度は「NowVoice」かまたはこのラジオが奇跡的に続いていれば、またゲストしてお迎えして話せることを楽しみにいてます」と結んだ。

この模様は8月27日(木)午後1時からのニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」の中でOAされる。

©HONDA ESTILO株式会社

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」
■放送日時:8月27日(木)13時00分~14時30分
■SNSハッシュタグ:#本田圭佑ラジオ
■メールアドレス:nv@1242.com

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200827130000

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ