本田圭佑 初ラジオの初ゲストは宇野昌磨

プロサッカー選手・本田圭佑が日本の真裏ブラジルから自身初のラジオパーソナリティに挑戦するニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeなどで自身が考えていることを言葉にして発信している本田だが、ラジオパーソナリティとして初めて迎えるゲストは、なんとフィギュアスケートの宇野昌磨選手。宇野とは初対面ということもあり、初のラジオでのホスト役として緊張気味の本田だったが、トップアスリート同士意気投合した収録となった。

本田圭佑 ©HONDA ESTILO株式会社 / 宇野昌磨

ニッポン放送特別番組「本田圭佑 『NowVoice』」8月27日(木)13時~14時30分放送

現在、ブラジル1部リーグのボタフォゴでプレーする本田圭佑。プロのサッカー選手でありながら、SNSやYouTubeで自身が考えていることを「言葉」にし、発信。また、プレミアム音声サービス「NowVoice」を立ち上げて、新たな音声メディア事業もスタートさせて音声業界を盛り上げている本田圭佑が新たな挑戦として選んだのが「ラジオパーソナリティ」。特別番組「本田圭佑『NowVoice』」はすでに一部の収録は済んでいるが、今回はゲストパートの収録に臨んだ。本田がラジオ初のホスト役として迎えたゲストは、フィギュアスケートの宇野昌磨。本田はブラジルから、宇野は愛知から、アシスタントのニッポン放送東島衣里アナウンサーは東京からと3地点をZOOMで繋いでリモート収録を敢行。本田は、宇野とは初対面ということもあり、緊張気味ではあったが、冒頭に宇野の趣味であるゲームの話で一気に打ち解けると、兄弟や家族の話、「負けず嫌い」のお互いの見解、オリンピックなど、様々な話題で意気投合した。

収録が始まり、トップアスリート同士の初対談の第一声、誰もがどんな質問を選択するかと思っている中、本田が放った「宇野さんはゲ―ムが趣味で特にスマッシュブラザーズと聞いたんですけど、今もやっているんですか?」という予想もつかない質問で幕開け。宇野は意表を突かれながらも自分の得意ジャンルの話題で緊張が解け、本田もゲーマーであることを明かすと、今度はスマホゲームで「一緒にやりましょう!」というところまで一気に距離が縮まった。

トップアスリート同士ということもあり、食事が大事なはずなのに宇野が大の野菜嫌いである話から、宇野の母への感謝を引き出すなど順調にゲストトークを進行する本田が一番聞きたかったのは、オリンピックについて。宇野は、「フィギュア界にとっては、オリンピックが最高峰の舞台。自分としては、オリンピックに向けてというよりも、目の前の練習・試合を良くすることを考えている。その1日1日の積み重ねがオリンピックのに繋がって、そのオリンピックの舞台でも『今日を頑張る』という気持ち」と話した。それに対して本田は、その考え方の背景にも切り込んで質問、宇野の親の教育が「素晴らしい」と展開した。

まだまだ話し足りない中で対談の収録が終わりの時間を迎えると、本田は「今度は「NowVoice」かまたはこのラジオが奇跡的に続いていれば、またゲストしてお迎えして話せることを楽しみにいてます」と結んだ。

この模様は8月27日(木)午後1時からのニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」の中でOAされる。

©HONDA ESTILO株式会社

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送特別番組「本田圭佑『NowVoice』」
■放送日時:8月27日(木)13時00分~14時30分
■SNSハッシュタグ:#本田圭佑ラジオ
■メールアドレス:nv@1242.com

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20200827130000

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ