乃木坂46 寺田蘭世・新内眞衣、小学生時代の対照的な“上履きデコ”を明かす

9月2日(水)深夜、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)に、週替わりパーソナリティとして寺田蘭世が生出演。リスナーからの「教科書やノートの名前らんを、筆記体で書きがち」というメールをきっかけに小中学生時代を振り返り、上履きや、ノートのデコレーション具合について明かした。

乃木坂46 新内眞衣・寺田蘭世

新内:私、筆記体で名前を書いてましたー! すみません!

寺田:書いてたの? 恥ずかしー(笑)

新内:めちゃくちゃ恥ずかしい。英語のノートは「English」って書いてました。新内眞衣は、「Mai Shinuchi」って書いてたー!

寺田:マイ・シンウチー!(笑)

新内:歴史は「History」って書いてたよー! 数学は「Math」って書いてたよー! 書いてなかったですか?

寺田:シールを貼ったりはしていて。

新内:シール!

乃木坂46 寺田蘭世

寺田:あと、ポスカとかでワーって書いて。

新内:私もポスカとかで書いてた。

寺田:でも、筆記体で書くのはなかったなぁ。筆記体、書けないし。

新内:筆記体は授業中に練習するんですよ。ネットとかで検索してそれを覚えて、A、B、C、D……って書いてね

寺田:偉いね。

新内:ノートを派手にするタイプですか?

寺田:ノートとか、上履きとかはもう、小学生の時からハデハデ!

新内:上履きもですか!?

寺田:ママが描いてくれていて。

乃木坂46 新内眞衣

新内:すごいね! 私、「上履きのかかとを踏んでいたでしょ?」って、すごく見られがちで、すごく言われるんですけど、絶対にそういうことをしない人だから!

寺田:(笑)

新内:上履きはマジで、超~キレイだったよ!

寺田:そうなの? 私はとりあえず、すごくいっぱい描いてた。

新内:何を描くんですか?

寺田:名前はもちろん書くけど、あと、その当時好きだったキャラクターとかを書いてくれたり、それに合ったデザインも。例えば、そのキャラクターがちょっとかっこいい感じだったら、星とかをね。私というより、ママがやってくれた感じで。すごい絵がうまいの。

新内:えーっ、どうしよう! 私、子供ができたら絶対に描いてあげられない!

寺田:幼稚園の頃は、お弁当をキャラ弁とまではいかないけど、海苔を切って……ママがやってくれていて。

新内:心配! 私、できないと思う。

新内とは対照的で、ノートも上履きも派手にデコレーションしていたという寺田。お弁当も母親がかわいくデコレーションしてくれていたそうで、これを聞いた新内が「私、できないと思う」と心配。代わりにミシンの腕前には自信がある、ということだったが、活躍の場が限られているということで「やっぱり絵か……頑張ります」と、将来のために努力するとコメントした。

◇◇◇

radikoのタイムフリーを聴く

ヒトリエ・シノダ、wowaka亡きあとの曲作りで思うこと「やっぱすげえ曲書いてたんだなアイツ」

9月2日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、ロックバンド・ヒトリエのシノダが出演し、曲作りのやり方について語った。

中心メンバーで作詞・作曲・ボーカル・ギターを担当していたwowakaが、2019年4月に急性心不全により31歳の若さで亡くなったヒトリエ。バンドはその後も残されたメンバー3人で音楽活動を継続していく決断をしたが、現在どのようにして作曲をしているかを明かした。

吉田尚記アナウンサー:ソングライター(wowaka)がいなくなっても曲を作っているとのことですが、誰がどうやって作っているんですか?

シノダ:3人が元々曲を書けるんですよ。なので3人で「こんな曲どう?」って持ち寄ってやってますね

吉田:メンバー3人がスタジオに入って、それぞれの前で演奏してとかですか?

シノダ:いえ、それぞれが宅録でパソコンで作った曲を最初はデータのやりとりでして、「これ良い」「じゃあこれ形にしようか」ってなったやつをスタジオで「せーの!」でやるという作り方をしています

吉田:ヒトリエは8月に初のベストアルバム『4』をリリースしましたけど、(wowakaが作った)今までの曲って神曲ばかりなわけじゃないですか?

シノダ:「やっぱすげえ曲書いてたんだなアイツは」って思わされる毎日で、「これに続いて俺、何書けばいいんだ」みたいな。wowakaみたいな曲を書こうという気持ちは毛頭ないんですけど、とにかくロックバンドという形態で今この時代にどういう曲出せばいいのかなって悩んでますね、僕は

また、シノダはwowakaのあとに曲作りをするプレッシャーを感じているとしつつも、「このプレッシャーをwowakaも感じていただろう」と思っているそうで、世の中に向けてどんな曲を届ければいいかをより真剣に考えるようになったという。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ