ナイナイ・矢部 & 出川哲朗「昔を思い出した」 サザンの名曲をデュエットして懐かしむ

9月10日(木)深夜、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之がパーソナリティを務めるラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。矢部が、ゲストとして登場したお笑い芸人・出川哲朗とサザンオールスターズの『旅姿六人衆』をデュエットしたところ、昔を懐かしむ場面があった。

この日は、3人の中で誰が一番ロックなのかを決定する「緊急生中継 芸能界ロック王決定戦」というカラオケ企画を実施。出川は尊敬する矢沢永吉風の衣装を着てスタジオに登場した。

矢部はアラジンの『完全無欠のロックンローラー』を、出川は矢沢永吉の『止まらないHa~Ha』、岡村は嶋大輔の『男の勲章』などを歌唱。そんな中、出川は最後の1曲として、熱愛するサザンオールスターズの『旅姿六人衆』を選択。この曲について、「(サザンは)残念ながらメンバーが1人減ってしまって。それ以来、ライブで歌わなくなったんですよ」と説明した。同様にサザンを熱愛する矢部も、「ええ歌を知ってますね」とリアクション。出川が歌い始めようとした瞬間に割り込み、結果的にデュエットした。

矢部:(『旅姿六人衆』を歌い終わって)最後に、ふさわしかった歌じゃない?

岡村:うん、気持ち入ってた。

出川:ちょっと、ジーンとしちゃったな。

矢部:今、俺、出川さんがカラオケをしている姿を後ろで見て、一緒に歌って……昔、合コンに行ってた頃を思い出した(笑)

出川:そう、俺も全く同じなのよ! だから俺、今、ジーンとしたのよ。

矢部:懐かしいね?

出川:俺もそう。やべっちと久々に歌ってるから。

岡村:だから、一瞬、相方(矢部)をチラーっと見たんや?(笑)

出川:そうなのよ!

矢部:出川さん、めっちゃこっち見るな~と思った。やっぱり、そう思ってた?

出川:そう!

岡村:なんで、見合ってるんやろうな~って思った。

出川:あの頃を思い出して。その後、お前(岡村)が休んでとか、“やべっちゃむ”が『オールナイトニッポン』を卒業して、1人でパーソナリティをやるとか……。

矢部:出川さん!“やべっちゃむ”って誰なん!?(笑)

出川:いろんな、感情がマジでグーッときて……。2番を歌ってたら、俺、ヤバかったわ。

岡村:それぐらい、気持ちを入れて歌ってくれたってことね。

出川:そりゃ、気持ちが入るし、やっぱりアンタたちには思い入れがあるよ、俺は。

岡村:まあね、長いお付き合いになってますから。

出川:この間ね、『第7キングダム』っていう、お笑い第7世代が初めて日テレでゴールデン番組をやった時に、俺がゲストだったのよ。その時に思い出したのよ。20何年前、『ぐるナイ』を夕方に3人でやってたんだけども……。

矢部:はいはい。

出川:特番になる時に2人が俺の楽屋に来たのよ。そして、「出川さん、この『ぐるぐるナインティナイン』は初めてのゴールデンの番組で結果を絶対に出さなきゃいけないから。出川さん! 僕たちに力を貸してください」って言って、2人が頭を下げたんですよ。

岡村・矢部:へえ~。

出川:「へえ~」じゃ、ねーよ!! 俺は、第7世代が目をキラキラさせて、「これを頑張らなきゃ」っていうのが、20何年前のナインティナインと……。

岡村:ちょっとリンクしたんや?

出川:そう! めっちゃリンクしたのよ。

矢部:へぇ~……そんなに思い入れあるのに、“やべっちゃむ”って言ってしまうって。やべっちを噛むって、すごいですよね(笑)

出川:いやいやいや。だからね、やっぱり、このオールナイトは2人でやるべきだし、大変だろうけど、生放送でやるべきなのよ! これが、『オールナイトニッポン』ですよ。

出川がカラオケを歌っている姿を後方から見て、昔を思い出したという矢部。出川も同様の気持ちだったと語り、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)にまつわるエピソードも披露した。

なお、今回の番組企画「芸能界ロック王決定戦」の優勝者は、審査委員長・岡村による独断で「おぎやはぎ」に決定。裏番組である『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)でパーソナリティを務める彼らをロック王に決定した理由について岡村は、『(小木が)病み上がりということもあるんで、そういう時にメロンが良いんじゃないかと思いまして』と語り、優勝賞品であるマスクメロンを退院祝いとしてTBSに贈ると発表。すると出川は「イキだね~! 良いじゃない」とリアクションし、「お前、ロックだな~」と称賛した。

フワちゃんの「つるべはあたしが守る」に、笑福亭鶴瓶 思わずにやり

笑福亭鶴瓶が、人気YouTuberフワちゃんについて語った。

9月20日(日)のニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』に大阪から生出演した鶴瓶は、自身のInstagramアカウントに投稿された“フワちゃんとのツーショット写真”について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フアちゃんと友達になりました。

笑福亭鶴瓶(@shofukuteitsurube)がシェアした投稿 –

“フアちゃんと友達になりました”と書かれていたその投稿。フワちゃんのことをずっと“フアちゃん”だと思っていたという鶴瓶だが、その投稿に対するフワちゃんのコメントは「つるべはあたしが守る」だ。

そのコメントについて「ナめたらアカンで!フワちゃんに守られてる68歳いるか?」とうれしそうに語った鶴瓶。

実際に共演をしてみての印象は、「真面目で良い子」。中国語と英語を話せることにも驚いたという。「芸能界にはあまりいないタイプ」と評したが、周囲に愛されている様子を感じ取ったようだ。

フワちゃんのYouTubeでの活躍を見て、鶴瓶さんは「『何かしよう』という意図の無い人がウケるんじゃ無いですか?」と分析。そして「『これで食べて行こう』という気持ちを、見る人は見抜いているのではないか」とのことだ。

その分析を聞いていた、東京のスタジオのくり万太郎が「でもその気持ちも分かりますよね。お笑いの人たちも数がいる中で目立っていくのは大変でしょう」と問いかけると、鶴瓶さんは「そうな、いやほんと頑張ってるわ。鶴瓶」と、しみじみ返した。

お笑い番組『ザ・ベストワン』(TBSテレビ系)の司会をしていて、「すごい芸人がおる」と思うことも多いとか。

芸歴48年、これからもフワちゃんに守られながら芸能界を突き進んでいく笑福亭鶴瓶だった。

Facebook

ページトップへ