声優・島﨑信長、アニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』で演じた役を実写版で演じた北村匠海を絶賛!!

9月15日(火)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、9月18日(金)公開のアニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』で、主人公の一人である「山本理央」役の声優・島﨑信長が出演し、実写版とアニメーション版それぞれの魅力について語った。

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、浜辺美波や北村匠海などが主演を務める「実写版」映画が今年8月14日(金)に公開され、島﨑信長、潘めぐみなど豪華声優陣が主演を務める「アニメーション版」映画が9月18日(金)より上映がスタートした。番組ではゲストに登場した島﨑が、実写版で同じ「山本理央」を演じた北村匠海の演技について語った。

吉田尚記アナウンサー:実写とアニメではそれぞれ違う魅力があると思いますが、信長さんはどう思いますか?

島﨑:僕も実写を観て、すごく面白かったです。少女漫画ならではの恥ずかしいトキメキシーンを、サラッと自然にやるんですよね。あれがすごく自然で

吉田:なるほど

島﨑:(実写版で)同じ役の北村匠海さんが、女の子の顔を持ってふっと上げるシーンがあるんですけど、漫画だったら上げたところで止めて見せるじゃないですか。アニメだったらそれがいいんですよ。でも実写ではそれにとらわれずに北村さんがすぐにスッと離すんですよ。実写でずっと持ってたら意味が生まれちゃうじゃないですか。あれがやっぱり、ちゃんと役をモノにして実写でやるうえでどうするか考えているなぁって、素敵でした

末吉9太郎(番組アシスタント):うんうん

島﨑:逆にアニメは、雲の表情とか、そこにあるゴミ箱すらも悲しんでるように見えるとか、そういうのを描けちゃうのが作画の魅力で、アニメーターさんのめちゃくちゃすごいところだなぁって思います

 

また、島﨑は映画の主題歌を担当するのがBUMP OF CHICKENであることに触れ、「世代だからこうして一緒に仕事ができるのが本当に幸せ」と嬉しそうに語った。

radikoのタイムフリーを聴く

マスクで疲れた顔を「ハリウッド式笑顔術」でリフレッシュ!

笑顔トレーナーの川野恵子が、『口角トレーニング』と『ハリウッド式笑顔術』を紹介した。

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」では、自宅で簡単にできるストレッチを特集するなかで、一般社団法人「笑顔トレーナー協会」代表理事の川野恵子氏が、『マスクで疲れた顔の表情筋をリフレッシュ!』と題して『口角トレーニング』と『ハリウッド式笑顔術』を紹介した。

「笑顔トレーニングとは、顔の表情筋のなかでも、特に『笑顔』に必要な筋肉を鍛える顔の体操のことです。『マスクを外した後』も、ハリウッド女優のような笑顔を手に入れましょう!

マスクをしていることで、口周りの筋肉が緩んでいる方もいるのでは? 口角は上に上げることを意識しないと、重力とともに下がりやすくなってしまいます。口の周りの筋肉、口輪筋を縮めて伸ばすトレーニングをしましょう」

 

【口角トレーニング】

「まず、口をオーバーに動かしながら、日本語の母音『あ』『い』『う』『え』『お』とゆっくり動かします。そのなかで唇を縮める動きの『う』と、唇を伸ばす動きの『い』を繰り返すトレーニング。

ポイントは『い』の形!『い』のときに、上の歯が8本見えるよう口角をあげます。上唇が前の歯に覆いかぶさっている人が多いので注意!

また、このとき下の歯は見えないよう、上の歯が下の唇に軽く乗るようにします。左右の口角の高さが同じになるように、鏡を見て確認しながらやってみましょう。

これを1日1~2分、トレーニングしましょう」

【ハリウッド式笑顔術】

「『ハリウッド式笑顔術』のポイントは3つ!

(1)口元は上の歯が8本見える形。『う』と『い』のトレーニングで口角が上がりやすくなっています。

(2)口角を上げると頬が自然と上がり、頬骨あたりが丸く盛り上がります。

(3)目元はリラックス。三日月のような優しい目元になれば、ハリウッド女優のような素敵な笑顔の完成です!

日々の表情が10年後の顔をデザインします。未来のあなたの素敵な笑顔のためにも、表情のトレーニングをやってみましょう!」

(ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」5月14日放送分より)

Facebook

ページトップへ