“ガソリンくさい”“プロパンガス”“卵が腐ったような”……様々な証言の異臭騒動 現地取材

神奈川県内で異臭がするといった通報が相次いでいる問題。10月15日の午後、横須賀市でニッポン放送藤原高峰記者が取材をした。

—–

神奈川県の三浦半島(横須賀市・三浦市)や横浜市で相次ぐ異臭騒ぎ。10月14日(水)、私が今回取材した横須賀市安浦町(やすうらちょう)でも地元の住民から「異臭がする」との119番通報がありました。

実際に異臭を感じた地元の住民は、「ガソリンくさい臭いがした」とか「プロパンガスのような臭い」、「卵が腐ったような臭い」などと証言し、「原因が分からないのが一番怖い」などと不安な表情で話してくれました。

住民の女性A「ガソリンくさい……ここのところ横須賀、多いわよね」

住民の女性B「あそこの横断歩道曲がってきたときにちょっと匂うなと思って、何か本当にガスの臭いですね。なんか結構臭ってます。早く原因を追究してほしいですよね。なんかちょっと怖いですよね」

さまざまな地元住民からの通報を受けて、横須賀市内では新たな異臭の発生に備えて、警察車両などが定期的に町を巡回し、「異臭がしていないか」をチェックしていましたが、国や自治体は専門的な調査によって、一刻も早く今回の異臭の原因を突き止め、1日も早く普段の生活を取り戻せるよう、市民の不安を解消してもらいたいと思います。

—–

藤原記者とスタッフもこの取材中の14時30分頃に、卵の腐ったような臭いを数秒感じたものの、その時間、現場は横殴りの大雨と強風のため、この臭いが異臭なのかどうか確証がついていなかった。

その後「14時30頃に横須賀市消防局に15件ほどの異臭の通報があった」との情報があっため、藤原記者も自身が嗅いだ臭いが異臭だと確信した。

「東京オリンピックは、やるよ」田崎史郎氏が見た菅総理の“決意ぶり”

政治ジャーナリストの田崎史郎氏は10月26日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に電話出演し、来年2021年に延期された東京オリンピックの開催の見込みについて解説した。

お台場海浜公園にお目見えした五輪マークのモニュメント=2020年1月17日午前、東京都港区 ©産経新聞社

辛坊)実は私、ここへきて来年の東京オリンピックはやるのではないかと見始めているのですが、田崎さんはどう思われますか?

田崎)私はずっとやると思っていますよ。1か月半か2か月前くらいから、これはやるなと。菅さんの決意ぶりを見ていて。オリンピック組織委員会でも「大丈夫だ」といい始めた時期があって、その際に菅さんに話を聞いたら「やるよ」とはっきりおっしゃっていたので。ですから、きちんとした形になるか、無観客になる可能性も否定できませんが、それでもオリンピックはやるという強い決意でしたね。

辛坊)なるほど。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ