ニッポン放送「第46回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」 パーソナリティはKis-My-Ft2とSixTONESに決定!

ニッポン放送は、目の不自由な方たちが安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置するためのチャリティキャンペーン「第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を、2020年11月1日(日)から 来年2021年1月31日(日)までの3ヶ月間実施する。

目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」

このキャンペーンの中心となる24時間特別番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を、今年も12月24日(木)の正午から25日(金)の正午までの24時間にわたって生放送するが、46回目を迎える同番組のメインパーソナリティを、Kis-My-Ft2とSixTONESのメンバー全員が担当することが決定した。

Kis-My-Ft2は、平成最後となった一昨年の第44回、令和最初となった昨年の第45回に続き、3年連続での起用。3年連続のメインパーソナリティ起用は、初代パーソナリティの萩本欽一氏(1975年「第1回」~1985年「第11回」を担当、※1979年「第5回」~1985年「第11回」は研ナオコ氏とのWパーソナリティ)以来、35年ぶりのこととなる。そして、SixTONESは、CDデビュー初年度に、メインパーソナリティへの大抜擢となる。

コロナ禍で、視覚障がい者を取り巻く環境も大きく変化している。例えば、ソーシャルディスタンスという取り組みによって声がけが減り、駅でのホーム転落増加に繋がっていたり、マスク着用という行為が、盲導犬との意思疎通を難しくしていたりする。

12月24日(木)正午~25日(金)正午 24時間の生放送

新しい生活様式を求められる中、「第46回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を通して、メインパーソナリティの13人が呼びかけるのは、視覚障がい者をはじめとするニッポン全体へ届ける「心からのエール」です。

第46回のキャッチフレーズは、「とどけ、ニッポンエール」。Kis-My-Ft2とSixTONESだからこそ届けられる応援の力で、ニッポン全体に活力をみなぎらせます。

24時間特別番組、ニッポン放送「第46回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、12月24日(木)の正午から25日(金)の正午まで、FM93.0 AM1242ニッポン放送で生放送。

<特別番組概要>
■番組名:目の不自由な方へ音の出る信号機を ニッポン放送「第46回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」
■キャッチフレーズ:とどけ、ニッポンエール
■放送日時:2020年12月24日(木)正午~翌25日(金)正午 ※24時間生放送
■番組ハッシュタグ:#ミュージックソン
■パーソナリティ:Kis-My-Ft2 / SixTONES

<キャンペーン期間および募金受付期間>
2020年11月1日(日) ~2021年1月31日(日)

<キャンペーンホームページ>
http://www.1242.com/musicthon2020/
※10月31日(土)正午オープン予定

パーソナリティ就任を受け、Kis-My-Ft2とSixTONESは、ラジオ・チャリティ・ミュージックソンへの想い、24時間生放送への意気込み、リスナーへのメッセージなどを語った。

Kis-My-Ft2

<北山宏光>
3年連続パーソナリティは35年ぶり、僕と同い年なので縁を感じます。ミュージックソンは「リスナーのみなさんとつながりながら作っていく番組」だと毎回感じています。自分たちが“誰かのためにできること”を肌で感じられるし、自分の興味や、生活の中で少しずつ変わってきたものがあることもすごく感じているので、今年もやらせていただけるのはとても嬉しく思います。Kis-My-Ft2とSixTONESで、どんな化学反応が起きるかも楽しみです。

<千賀健永>
今年はSixTONESも一緒なので、普段お届けできないような掛け合いもお届けできたらと思います。一番の目的は、目の不自由な方たちのためのよりよい環境を作っていくことなので、たくさんの方々に募金していただけたら嬉しいです。エンディングは毎年プレッシャーでしたが(笑)盲学校の子供たちとは、ボイスメッセージを送り合ったり、すごく楽しい時間を共有させていただいたので、今年も何らかの形で一緒にやれたらいいなと思っています。

<宮田俊哉>
24時間の生放送は大変なこともありますが、終わった瞬間に「またこの番組に関わりたい」と思う不思議な力がミュージックソンにはあります。それを3年連続でやらせていただけるのは、自分の中でも特別なことです。もし今年選んでいただけなかったら、今年のクリスマスは何して過ごそう、みたいな、自分の中でクリスマスのルーティーンになっています。今年はSixTONESと一緒に、楽しくできたらなと思ってます。

<横尾渉>
3年目ということで、ニッポン放送のリスナーの皆様に「キスマイが帰ってきたぞ」と思っていただけたら嬉しいです。チャリティ活動は信用が大事だと思っています。今年はキャッシュレス募金が中心になり、より一層信用が大事になると思うので、レギュラーの『オールナイトニッポンPremium』でも一つ一つの言葉を大切にして、皆さんの心に何か届けられたら、それが募金につながってくれたら嬉しいです。

<藤ヶ谷太輔>
3年連続はとても名誉なことですし、嬉しいという気持ちはもちろんですが、責任感も増えてきて、しっかりとお届けしなきゃいけない、よりパワーアップしたミュージックソンにしなければいけないと使命感も感じています。このご時世で、この時期だからこその、今までとは違った新しいミュージックソンになるのではないかと期待していますし、楽しみたいです。

<玉森裕太>
3年目のメインパーソナリティ、またクリスマスにここに戻ってくることが出来て、とても嬉しいです。3年連続が35年ぶりということで、とても光栄に思います。3年目ですが僕の中ではまだ全然緊張感が抜けないしドキドキしていますが、今年はSixTONESと一緒に、13人で24時間、クリスマスを盛り上げて駆け抜けていけたらいいなと思います。

<二階堂高嗣>
あのスタジオに行くと「ただいま」という感じになるので、今年もまたリスナーのみなさんやスタッフのみなさんと24時間をご一緒できることがとても嬉しいです。今年は募金方法が変わりますが、目の不自由な方が過ごしやすい街づくりのためにはみなさんの力が必要です。一つ一つのつながりを大切にして、去年は僕が一番最後にしんみりしちゃった分、今年は笑顔で終わりたいなと思います。

SixTONES

<ジェシー>
1年目でこんな大きいプロジェクトに、Kis-My-Ft2の皆さんと一緒に参加できることはとても嬉しいです。ありがとうございます。みんな同じところで生きているということ、1秒1秒を大切に生きていくことの大切さを伝えていきたいです。ジャニーズのグループ2組がメインパーソナリティを務めるのは長いミュージックソンの歴史で初めてなので、そういうところも楽しんでいただけたらと思います。

<京本大我>
ミュージックソンは「とてもハートフルでピースフルな24時間」という印象です。歴代のパーソナリティの方々が素晴らしくてプレッシャーも感じますが、キスマイの皆さんの近くでたくさん学ばせていただきながら、僕たちのカラーもしっかり出せたらいいなと思います。僕たち6人は本当に音楽が大好きで、歌うことはもちろん、ボイパやラップなど、音で色々表現できるメンバーも多いので、そういうことを織り交ぜながら、楽しく、聴いている方々に幸せを与えられたらなと思います。

<松村北斗>
ミュージックソンはすごく素敵なキャンペーンだと知ってましたし、今年からレギュラーで番組を担当させていただいて周りに「ニッポン放送ファミリーに入ったね」と言っていただくこともあったので、「いつか」という想いは正直ありました。パーソナリティに選んでいただいて、とても名誉なことだと思っています。まだ始動したばかりで責任感や自覚は足りてないのかなと思いますが、本番の日までには必ず、ミュージックソンをやるに値する6人でいることを約束します。

<髙地優吾>
新参者のSixTONESがこんな大役をやっていいのかという不安はありますが、キスマイ兄さんのお力をお借りしつつ、楽しいクリスマスにできたらいいなと思います。学生時代に、点字を打つ勉強をしたことがあって、これを機にもう一回思い出して再チャレンジしようと思っています。今回、ご縁を頂いてミュージックソンに携われることはとても嬉しいです。

<森本慎太郎>
『オールナイトニッポン』をやらせていただいてまだ1年目でこの大役を頂き、光栄です。キスマイ兄さん方の意見やアドバイスを聞きながら、頑張ってついていきたいです。ミュージックソンは、目の不自由な方々と共同で作り上げていく番組という印象です。自分たちらしく、全身全霊でリスナーの方々に届けていきたいです。よろしくお願いいたします。

<田中樹>
歴史ある番組を、レギュラーをいただいて1年目の僕たちが大先輩のKis-My-Ft2の皆さんと一緒に担当できること、とても光栄に思います。僕たちの年代や、もっと下の世代の人にもミュージックソンのことを知ってほしいし、共有できる素晴らしさも伝えられたらいいなと思います。24時間しゃべり続けることへの不安はなくて、そんなに長い時間しゃべっていいんですか?と思うくらいですが(笑)この経験が今後の僕たちにとって大きな変化をもたらすと確信しています。

■『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』とは—–

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーンです。
昭和50年(1975年)からスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3ヶ月間に渡って展開されており、チャリティへの関心が高まるクリスマス・イブの12月24日正午から翌25日クリスマスの正午まで、ニッポン放送ゆかりの方をメインパーソナリティに迎えて24時間のチャリティ生放送を実施しています。

また、全国のラジオ局がその趣旨に賛同しており、北海道・STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ラジオ福島、ラジオ大阪、和歌山放送、広島・中国放送、香川・西日本放送、福岡・九州朝日放送、ラジオ沖縄に、ニッポン放送を加えた全国11局のラジオ局が各局独自の「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」を放送しています。

これまでにお寄せ頂いた浄財は46億7,205万3,451円に上り、その全額が寄付され、これを基金に、3,245基の『音の出る信号機』を設置しました。

しかし、『音の出る信号機』の老朽化と、それに伴う新たな信号機設置のため、設置個所はなかなか増えていません。また『声の図書』『立体コピー機』など多くの視覚障がい者用教育機器も贈って参りましたが近年は機器のデジタル化に伴い『デジタル立体コピー』や、お送りした『声の図書』の劣化により、それをCDなどのデジタルフォーマットに変換し、有効に利用し続けて頂くための『デジタル録音図書編集用パソコン』なども必要です。

つまり、目の不自由な方の安全を守るため、目の不自由な方の快適で知的な生活を保障するためには、まだまだ「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」による募金が必要な現状が続いています。

※募金は来年・2021年の1月31日(日)まで受け付けます。
・銀行振り込みの場合は、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行にミュージックソン専用の口座がございます。。
・現金書留の場合はニッポン放送までお送り下さい。宛先は〒100-8439 ニッポン放送ミュージックソン係 です。
・JCBカードで募金ができます。ラジオ・チャリティ・ミュージックソンのホームページから受付けています。

※《大切なお知らせ》
・今年度はコロナウィルス感染拡大防止の観点から、期間中、ニッポン放送1階玄関には「愛の泉」や募金箱を設置せず、ニッポン放送社屋での募金の受付は実施致しません。

・同様の理由から、今年度の生放送は完全非公開での実施とさせて頂きますので、放送当日含め、リスナーの皆様のニッポン放送及び社屋周辺へのご来訪はお控え頂きたくお願い申し上げます。

・例年募金をご持参頂いているリスナーの皆様方には大変申し訳ございませんが、今年度は、ホームページ内記載の方法でのご参加をお願い致します。

・また、今年度は募金を頂いた方にお渡ししておりました「ありがとうステッカー」も配布致しませんので、ご了承頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ