Creepy Nuts「本当に幸せな2日間」、DJ松永も涙した感動の武道館公演の舞台裏を明かす

11月17日(火)深夜、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送。11・12日に行われた、初の日本武道館ライブについて振り返った。

Creepy Nutsにとって初めての日本武道館での開催で、2日間で約10,000人のファンが集結。緊張とは無縁で、どんなステージも飄々としているDJ松永も、この2日間は泣きっぱなしだったと明かした。

DJ松永:11日も12日も本当に幸せな2日間というか、すごくいろんな人に関わってもらって、目の前にお客さんがいて。紆余曲折あったけど、そこに立たせてもらえるということで、いろんな感謝を実感した。

R-指定:当然ではありますが、現場に着いて思わなかった? 関わっているスタッフさんの多さとか。これだけの人達が関わってこのライブをやれるんや、って。

DJ松永:本当に、俺らは助けられてここにいるんだ、っていうのをすごく実感した。

R-指定:松永さんはいつも、ライブとかで緊張しなくて、割と飄々とした感じでバーッとステージに行っていて。逆に俺は、めっちゃ緊張するし、「明日、どうしよう」とか思うんですけど。たぶん、松永さんはいつもの感じで飄々と武道館のステージに上がったから……。心の準備をして行かなかったから、泣いてしまったんやな?

DJ松永:そうなのよ、本当にそう。ライブへの気持ちって本当に何もなかったんですよ。別に、武道館を目標にして、それに懸けて……っていうのでスタートしたわけじゃないから。頑張ったその先に武道館があったからさ。無防備な状態でステージに立ったら感情が襲ってきた。そりゃあもう、泣くよ。

ライブでは、ずっと昔から作ってきた曲をやっていくわけじゃないですか? 武道館までの悲喜こもごもというか……。恥ずかしかったり、しんどかったり、葛藤や怒り、悩み、人との出会いや別れ。自分の経験全部が肯定されたような気持ちになったんですよね。

R-指定:お客さん達の感じとかも、円形になって、囲まれてる感じに見えたんですよね。それが祝福されてる感というか、支えてもらってる感というか。

DJ松永:あんなに感極まったこと、1回もなくて。

R-指定:2日間のライブだから、(ラッパーの)般若さんにもアドバイスもらっていて「ちゃんと休みどころは休まないとアカンぞ」って。だから、バーッて全力で歌って、MCのところでちょっと力を抜いて、松永さんにいっぱい喋ってもらって。その間、俺はゆっくり水を飲んで、息を整えようと。

でも、松永さんに話しかけても「うーん……」「やばいよね」しか言わないから、どういうこと? ってパッと後ろのモニターを見たら、松永さんの顔がドアップで映されて、目がめっちゃ潤んでいて! お前、まだ序盤! っていう(笑)

DJ松永:あはは(笑)

R-指定:そこから下を向いて、一言も喋らん! 焦って俺がロングトークをして、また曲に行って……。俺はあの日、ほぼ息継ぎしてないのと一緒やで!

DJ松永:お前、すごいよ!

R-指定:働けよ!

DJ松永:すいません(笑)

R-指定:アンコールではお題をもらうフリースタイルをしまして。事前にお題を紙に書いてもらって、箱に入れてもらい。そこからランダムに引いてフリースタイルをしたんです。最初は「プリンタルト」みたいなのを引いて、「全然関係ないやんけー!」って和気あいあいとして。でも、松永さんが5個目ぐらいで引いたお題が「オードリー」。「松永さん、オードリーっすよ!」って言ったら、「……オードリー。ねっ……」って、「オードリー」ってワードでまた泣きそうになって!

DJ松永:ふふっ(笑)

R-指定:松永さんはずーっと「オードリーのオールナイトニッポン」のリスナーで。そんな番組の武道館ライブ曲『よふかしのうた』を俺たちが作ったから……。

DJ松永:「オードリー」はトリガーよ。

R-指定:こいつ、どこに地雷があんねん! っていう。

DJ松永:楽屋挨拶もありがとうね。

R-指定:全部終わってから楽屋挨拶もしたんですけど、松永さん、楽屋に入った瞬間に泣き出して。でも、ちょっとしたら収まるかなと思っていて。そろそろ楽屋挨拶を……と思ったら、マネージャーさんが手で「×」ってしていて、「松永さん、トイレですか?」って聞いたら、「松永くん、泣きすぎて出てこれないよ。1人でやってくれる?」って言われた。

DJ松永:ありがとう(笑)

R-指定:松永が泣きじゃくって出て来れなくて、俺、1人でみなさんに楽屋挨拶した。

DJ松永:般若さんとかにね。

R-指定:挨拶で俺1人だけだから「あれ? 松永はー?」って聞かれて「いや、すぐ横の部屋にいるんですけど、泣きすぎて立ち上がれないらしくて。部屋から出て来れないんです」って。みんなも「ええっ!?」みたいな。でも般若さんは武道館公演をやったことがあるから、「あぁ、まあなー。わかる、わかるよ!」って。

DJ松永:で、俺が泣いているところ、ずっと「情熱大陸」(TBS系)がカメラで撮っていたんだよ。(11月15日に放送された「情熱大陸」でCreepy Nutsが特集された)

R-指定:(笑)

DJ松永:……使えや!!(笑)

R-指定:あそこは使ってくれなかったな。見てられへんかったちゃう?「大人のこの泣き方、テレビでいけるんでしたっけ?」「いや、ムリちゃう?」「この泣き方、ギリでムリじゃない?」みたいな(笑)

1日目の序盤から感極まってしまい、ライブ中はほとんど話せず、終了後は立ち上がれないほど泣いていたというDJ松永。そのため、曲間のMCも終了後の挨拶回りも、R-指定が対応していたと語った。

また、翌日のことも振り返り、2日目のDJ松永はすっかり元気で、リハーサルから「昨日はごめんな! 今日は超しゃべるから!」と宣言していたという。ところが、2日目もステージ上で1日目以上に泣き出し、R-指定はこの時のDJ松永について「タオルで両目を隠して。小3の女児みたいな泣き方をしていた」と表現。さらに、ラジオで武道館秘話を語る最中にもDJ松永が泣き出し、R-指定が「今泣くかね!?」と突っ込みを入れていた。

radikoのタイムフリーを聴く

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ