『銀魂 THE FINAL』~『鬼滅の刃 無限列車編』を巻き込んだ“掟破り”な奇策とは……

※画像は『銀魂 THE FINAL』公開4週目の入場者プレゼントより

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第970回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

コロナ禍に揺れた2020年、空前の大ブームを巻き起こした『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。

蝶屋敷での修業を終えた竈門炭治郎たちの次なる任務地、《無限列車》での戦いを描いた本作は、10月16日の公開からわずか10日間で観客動員数は798万3442人、興行収入は107億5423万円に達し、歴代最速で興行収入100億円を記録。

公開から3週目で興行通信社による邦画と洋画を合わせた日本歴代興行収入ランキングでトップ10入りを果たし、公開から11週目にして累計興行収入が324億円を突破。

これまで歴代興行収入ランキングで1位だった『千と千尋の神隠し』の316.8億円を超え、歴代トップに躍り出ました。

『銀魂 THE FINAL』

そして2021年、12週連続1位という日本の映画史上類を見ない爆走ぶりを見せつける『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に、待ったをかける映画がついに登場。

それが、空知英秋先生の人気マンガを原作とするアニメ完全新作、劇場版『銀魂 THE FINAL』。15年間続いて来た大人気アニメシリーズの総決算とも呼べる作品が、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のV13を阻み、初登場1位に輝いたのです。

そこで今回は、アニメ「銀魂」の劇場版第3作にして、これが本当に“最後”の『銀魂 THE FINAL』の魅力に迫ります。

『銀魂 THE FINAL』

『銀魂 THE FINAL』のあらすじ

地球滅亡のカウントダウンが迫るなか、かつての盟友である坂田銀時、高杉晋助、桂小太郎は、それぞれの想いを胸に奔走する。しかし彼らの前に、最後にして最大の敵が立ちはだかる。

それは銀時たちを教え導いた師匠・吉田松陽の別人格である虚(うつろ)。自らの命を終わらせるため、地球をまるごと道連れにしようとしていた。

新八、神楽、真選組、かぶき町の面々と、かつてのライバルなども銀時たちを擁護するために立ち上がる。銀時は、すべてを終わらせることができるのだろうか……。

『銀魂 THE FINAL』

アニメ界の常識を覆して来た『銀魂』が、ついに究極の“掟破り”に出た!

抱腹絶倒のギャグに壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ、天下無敵の痛快エンターテインメント『銀魂』シリーズ。

特に今作は、シリアスなシーンとギャグシーンがさらに目まぐるしく展開し、その振り切った世界観は「最後の銀魂」と謳いながらも、いい意味で「いつもの銀魂らしさ」が満載。

これまでの「銀魂」シリーズをご存知の方も「『銀魂』初めて観るんですけど……」という人も、瞬く間に虜にしてしまうパワフルな1作で、興行収入&観客動員数1位スタートも納得の完成度となっています。

15年の長きにわたり、“掟破り”な“限界突破”で常識を覆し、やりたい放題でファンをも翻弄して来た「銀魂」シリーズ。

※写真は『銀魂 THE FINAL』入場者プレゼントより

公開前からその“掟破り”な入場者プレゼントの数々でも話題となっていましたが、何と言ってもファンの度肝を抜いたのは、公開1週目に配布された原作者・空知英秋描き下ろしの<炭治郎&柱イラストカード>でしょう。

その名のとおり、「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎をはじめ、煉獄杏寿郎や胡蝶しのぶといった“柱”の面々が描かれた全10種のイラストカード。

「銀魂」と言えば、ジブリ作品や「ワンピース」「ドラゴンクエスト」など、他作品のパロディをふんだんに盛り込んだBPOへの苦情も恐れない作風が魅力のひとつ。

超絶大ヒット作品にちゃっかり乗っかった……否、人気作品への愛情があふれんばかりの便乗(!?)にもかかわらず、これほどまでに清々しく受け止められるのは、常識を破り続けて来た『銀魂』だからこそ。

しかも、他のキャラクターはオリジナルに忠実なのに、“柱最強”と言われる岩柱・悲鳴嶼行冥だけは「銀魂」の主人公である坂田銀時に似たビジュアルになっているというのも心憎い限り。

これは両キャラクターとも杉田智和が演じていることから生まれた悪戯とも思われますが、こうした“遊び心”からもお互いの作品への多大なリスペクトが垣間見え、双方のファンにとってはたまらないサプライズと言えるでしょう。

『銀魂 THE FINAL』

ちなみに、この“掟破り”の<炭治郎&柱イラストカード>。公開5週目の入場者プレゼントとして再配布されることが決定。

さらに、公開2週目の入場者プレゼントとして配布された、原作者・空知英秋描きおろし原画(2種)のイラストカードも、公開6週目からの入場者プレゼントとして再度配布されることとなりました。

これは、11都府県に発令された緊急事態宣言を受け、映画館で鑑賞するタイミングの選択肢が増えるように急遽対応されたとのこと。映画館は「実質20時まで」の営業となり、先行きがまだまだ不透明なのが現状です。

でも焦らなくても、大丈夫!『銀魂』はいつでもあなたのそばにいます。このメッセージどおり、是非、思い思いのタイミングで銀時たちに会いに出かけて下さい!

※特典の数には限りがありますので、なくなり次第終了となります。

『銀魂 THE FINAL』

■銀魂 THE FINAL

大ヒット公開中
原作:空知英秋(集英社ジャンプコミックス刊)
監督・脚本:宮脇千鶴
監修:藤田陽一
キャラクターデザイン:総作画監督:竹内進二
SPYAIR「轍~Wadachi~」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

<キャスト>
坂田銀時:杉田智和
志村新八:阪口大助
神楽:釘宮理恵
定春:高橋美佳子
桂小太郎:石田彰
高杉晋助:子安武人
近藤勲:千葉進歩
土方十四郎:中井和哉
沖田総悟:鈴村健一
吉田松陽(虚):山寺宏一

アニメーション制作:BN Pictures
配給:ワーナー・ブラザース映画
英題:Gintma:The Final
(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/gintamamovie/

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

■劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

大ヒット公開中
原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
脚本制作:ufotable
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
プロップデザイン:小山将治
コンセプトアート:衛藤功二、矢中勝、樺沢侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記、椎名豪
主題歌:LiSA「炎」(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:ufotable

<声の出演>
竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
煉獄杏寿郎:日野聡
冨岡義勇:櫻井孝宏
宇髄天元:小西克幸
胡蝶しのぶ:早見沙織
伊黒小芭内:鈴村健一
不死川実弥:関智一
悲鳴嶼行冥:杉田智和
産屋敷耀哉:森川智之
産屋敷あまね:佐藤利奈
竈門炭十郎:三木眞一郎
竈門葵枝:桑島法子
竈門 茂:本渡楓
竈門竹雄:大地葉
竈門花子:小原好美
竈門六太:古賀葵
煉獄槇寿郎:小山力也
煉獄瑠火:豊口めぐみ
煉獄千寿郎:榎木淳弥
魘夢(下弦の壱):平川大輔
猗窩座:石田彰
笠間淳、千本木彩花、江口拓也、山村響、広瀬裕也、高橋伸也、秋保佐永子、仲村宗悟、中恵光城

配給:東宝・アニプレックス
英題:Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba the Movie: Mugen Train
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
公式サイト https://kimetsu.com/anime/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

元ラグビー日本代表キャプテン・実業家 廣瀬俊朗~「挑戦と還元」ということ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に元ラグビー日本代表キャプテンで実業家の廣瀬俊朗が出演。新たなプロジェクト「TEAM FAIR PLAY」について語った。

廣瀬俊朗

黒木)今週のゲストは元ラグビー日本代表キャプテンで実業家の廣瀬俊朗さんです。現在アスリートを支える事業以外にも、実業家として手掛けていることはあるのですか?

廣瀬)2021年は新しいことをやって行こうと思っているのですけれど、その1つは「TEAM FAIR PLAY(チームフェアプレー)」という、最近名付けたのですけれども。

黒木)「TEAM FAIR PLAY」。

廣瀬)「フェアプレー」というと、スポーツの現場で言われる言葉で、相手のことを敬うとかレフリーのことを考えるとか、お客さんの前で試合をするわけだからダーティーなプレーをせず、ルールに基づいて正当にやりましょうというところなのですけれども、それを一般のビジネスや地域の課題などにも応用できないかということです。

黒木)なるほど。

廣瀬)商品をつくるにしても、「廃棄されることを想定してつくっていますか?」というような、「商品に対してのフェアプレーはできていますか?」ということは必要です。そういうプロダクトが増えたらいいなという思いで、「TEAM FAIR PLAY」というプロジェクトをスタートさせようとしています。

黒木)いろいろなプロジェクトを立ち上げていらっしゃいますね。

廣瀬)いま、当たり前のように生きている自分にありがたいなと思いながら、次世代に対しては、地球環境も含めて苦しくなって行くというのが現状だと思います。そこに対してアスリートが「そんなことでいいの?」ということを発信する。「ダメだからやる」ということではなく、「チームフェアプレーを楽しもう!」と、前向きに取り組めるようなことをできるといいのではないかと思っています。

黒木)まだ、いろいろなプロジェクトを立ち上げられそうな予感がします。

廣瀬)2020年には「One Rugby」というNPO法人を立ち上げました。皆さんがご存知なのは15人制でやるラグビーで、女子ももちろんあります。オリンピックではセブンズ、パラリンピックでは車椅子ラグビーがあります。あとはデフとかブラインドラグビー、タッチラグビーなど、たくさんのラグビーがあるのですが、皆さんバラバラに活動しているのです。そんなバラバラな活動をしている人たちが1つになって、みんなでラグビーを盛り上げた方が、いろいろな人に届くのではないかと思うので、そういうこともやっています。

黒木)素晴らしいですね。

廣瀬)試合会場に行くと、ラグビーの試合も楽しめるけれど、横には車椅子があって、車椅子ラグビーも楽しめる。その横ではブラインドラグビーがあって、ボールのなかに鈴が入っている。そんな光景があればいいなと思っています。

黒木)廣瀬さんのモチベーション、原動力は何でしょうか?

廣瀬)「こんな世界をつくりたい!」というのが1つと、誰もやっていないことは、大変だけれど面白いと思うのです。そこがモチベーションでしょうか。「知らないことを知る」ということが好きなのだろうなと思っていて、そこに快感を覚える自分がいるので頑張れるのではないかと思います。「挑戦と還元」はどちらも大切だと思います。自分が挑戦することは大切ですが、たくさんの人からいただいたものを、次世代の若い人たちに還元することも大切です。「スポーツを止めるな」という活動をしていますが、コロナ禍でいま高校生たちが試合をする機会が失われてしまっています。例えばラグビーで大学に行きたいという子のアピールをする場がなくなっているのですよね。大学側も選手を見つけたいけれど、試合がないから、見つけられないのです。そんな子を助けられるようなプラットフォームをいまつくっています。試合がないまま引退してしまった子どもたちもたくさんいますが、そういう子どもたちに、彼らの思い出の試合に私たちが実況解説を付けているのです。「つらいまま終わってしまったな」と思ったけれど、まさかトップ選手が解説を付けてくれるとは思わなかった。「ラグビーをやっていてよかった」と少しでも思ってもらえたら嬉しいなと。そのようなことをいま「スポーツを止めるな」という団体でやっています。

黒木)それはまた興味深いお話ですね。

廣瀬)そこの3つ目の柱として、教育的なところなのですけれど、学校教育で、例えば「どうやって生きて行ったらいいのか」とか、「リーダーシップをどう発揮したらいいのか」とか、「お金のリテラシー」というような、学校教育の狭間にある問題がありますが、「それをアスリートがやったらどうなのだろう」と思うのです。我々なりの言葉で伝えられることがあるのではないかと、そのようなこともいま考えています。「マッチング」というところと「思い出」というところ、そして「教育」ですね。この3つをこれから「スポーツを止めるな」ではやって行きたいと思っています。

廣瀬俊朗

廣瀬俊朗(ひろせ・としあき)/実業家・元ラグビー日本代表キャプテン

■1981年生まれ。大阪府出身。
■5歳からラグビーをはじめ、高校・大学、高校日本代表・U19日本代表で活躍。
■2004年に「東芝ブレイブルーパス」に入団。トップリーグでも活躍。
■2007年に日本代表初選出。
■2012年に5年ぶりに日本代表に選出されるとキャプテンとしてチームをけん引。
■ラグビーW杯2015でも日本代表に選出。ベンチ入りは果たせなかったが、チームの活躍に貢献。現代のラグビー人気の礎を築いた。
■2016年に現役を引退。MBA(経営学修士)取得のため大学院へ。2019年に修了。大学院に通いながら東芝のバックスコーチも務めた。
■2019年放送のドラマ「ノーサイド・ゲーム」に出演。好演で人気を博す。2020年9月から日本テレビ「news zero」の木曜パートナーに就任。
■2019年9月、株式会社ビジネス・ブレークスルー アスリートアンバサダーに就任。
■2020年7月、一般社団法人「APOLLO PROJECT」を設立。
■2021年1月からはアスリートのセカンドキャリアを支援する教育プログラム事業「A-MAP」を開始。アスリートが持つ価値を最大限に高め、その価値を社会へと還元する取り組みを始めている。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ