同じ感染減少傾向なのに「緊急事態宣言の効果です」「ワクチンの成果です」と国ごとに見解が違うわけ……辛坊治郎が苦言

キャスターの辛坊治郎氏が2月23日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。世界各国での新型コロナの感染者の減少傾向が同じにもかかわらず、それそれその要因についての見解が異なる状況について苦言を呈した。

新型コロナ/昼間の人出の増減を示す電子看板 東京都は新型コロナウイルス対策として、昨年1月と比べた昼間の人出の増減率を、新宿駅など都内主要4駅の電子看板(デジタルサイネージ)で示す取り組みを始めた。=2021年2月8日午後、東京都新宿区 ©時事通信社

緊急事態宣言のでていない宮城県と出ている東京や大阪は感染者数のグラフ動きが同じ

辛坊)私、昨日、宮城県の南三陸町というところにいました。今朝、仙台で取材があったので昨日のうちに仙台に戻って来なくてはいけないということで、昨日の夜に仙台まで戻ってきたのですが、まだ9時くらいだったので街の様子をみに行こうと思ってぷらぷら繁華街に向けて歩き出したんです。

増山)視察ですね。

2月22日、東日本大震災被災地の取材のため南三陸町の海の見える会議室から生出演した辛坊治郎

辛坊)はい、視察です。仙台の場合は駅から1.7〜1.8キロ離れたところに国分町という有名な繁華街があるんです。逆に言うと仙台の繁華街って大きな飲み屋が並んでいるようなところはそこしかなくて、飲み屋の景気を見に行こうと思うとそこしかないという状況で、30分くらいぽこぽこ歩いて見に行ったんです。

辛坊)いやあ、大阪とか東京みたいな緊急事態宣言の出ている場所から緊急事態宣言の出ていない仙台に行って街中を歩き回るとものすごく新鮮です。

増山)どうでした?

辛坊)普通にいっぱい人がいます。

増山)そうですか。

辛坊)普通にいっぱい人がいて、店も普通に開いているし、国分町だけかなと思って帰りも歩いて帰ってきて、駅の近所にいっぱいアーケードがあるので、そのアーケードも歩いたら、そこも22〜23時くらいでもみんな店をやっているんです。ドンキみたいな大規模店まで開いていました。

増山)なんか新鮮に思ってしまいます。

辛坊)そうなのです。夜の22〜23時にこんなに店が開いていて、人がいっぱいいるんだ、と思って。

増山)いいのかな?ってね。

辛坊)うん。本当に「いいのかな?」状態ですよね。夜中に出歩いている私も人のこと言えたわけじゃありませんけれども、改めて宮城県の感染状況がどうなっているのかなと思ったら、これが本当に毎日緊急事態宣言を守っている皆さんには申し訳ないし、たぶんそういうことがあって専門家も言わないしマスコミも伝えないんだと思います。

辛坊)その気持ちはなんとなくわからなくもないですが、でも事実だからしょうがないのは、宮城県の新型コロナの感染者数、PCR検査等の陽性者数って、1月の最初が“どピーク”。ガーンと上がっていて、そこから急激に落ちているんです。このグラフが緊急事態宣言が出ている東京や大阪とまったく一緒。これはなんで?という。日本だけじゃないんです。全世界的にまったく同じ傾向です。

新型コロナウイルス感染症対策について助言する厚労省の専門家の会議のあと、会見に臨む脇田隆字・国立感染症研究所長(中央)ら=2021年1月6日午後、東京都千代田区 ©産経新聞社

「ワクチンのおかげで減りました」という国と「緊急事態宣言のおかげで減りました」という国

辛坊)これ、面白くて、日本だと、専門家に言わせると「緊急事態宣言の効果です」と言うじゃないですか。欧米でなんと言われているかと言うと、「これはワクチンの成果です」って言うわけです。グラフの見かけは全世界で同じで共通の傾向なのだけど、それぞれの国の対策によって、専門家と称する人が各々言うわけです。専門家の見解が、イギリスとかイスラエル辺りでは「これはワクチンの効果が見事に出て感染者が下がっているのです」、日本ではワクチンはまだ数が少ないですから、効果が出るはずがないので「これは緊急事態宣言の効果です」と言うのです。でも、傾向は全世界一緒で、理由は国々バラバラなのかと。結果的にたまさか同じになったのかと。国内でも、早々に解除された栃木を合わせて緊急事態宣言の出た11都府県と、それ以外の大きな自治体、広島だとか宮城だとかというのは、傾向はまったく一緒なのです。

これはどういうことなのかなと。これは、本来はちゃんと専門家が突き詰めて検証すべきだと思います。というのは、次にまた感染者が増えてきたときにどの対策がベストなのか、何の対策が効いたのかということを科学的に論証する必要がありますから、なんとなくそのときにやっている対策と関連づけて、「ワクチンのおかげで減りました」「緊急事態宣言のおかげで減りました」って、たままたそのタイミングでそうなっただけで。そうなのかどうかって、本当は科学者が詰めないといけないのだけれども、その科学者が現行の政策を支援しているような環境のなかでは、自分たちが主張した政策によってこうなったと、当然言いたいわけで、それ以外の検証をやろうとしないというのは、次に何か起きたときにベストな対策を講じるためにはこれは全世界的に具合悪いよね。

これは日本だけで起きているのではなくて、全世界的に同じようなことになっていますから、日本だけの問題点ではないと言いながら、その辺りは、せめてこの番組だけは冷静に紐解いていきたいなと。

radikoのタイムフリーを聴く

「今までケチだったのに!」鬼龍院翔が友人から言われた衝撃(!?)の一言…その理由は?

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。2月18日(木)の放送は、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんがゲストに登場。2020年に開催した「全国縦断無観客ライブ『エアーツアー』3days」について振り返り、17日(水)にリリースした新曲「キスミー」の誕生秘話を語りました。


(上から時計回りに)坂本美雨、ゴールデンボンバーのみなさん、鬼龍院翔さん



◆新曲は東急ハンズでひらめいた

坂本:ゴールデンボンバーのニューシングルが2月17日(水)にリリースされました! キャッチコピーは「ソーシャルディスタンスな時代の真逆を行く濃厚接触ソング」ということで、タイトルをお願いします!

鬼龍院:「キスミー」です。「今、それを歌う?」っていうのを出してみました(笑)。

坂本:今回の曲は、どのように作られていったのですか?

鬼龍院:2020年の緊急事態宣言が終わったタイミングに、久しぶりに髪を染めようと思って外出したんです。そのついでに東急ハンズに寄ったのですが、久々のお出かけが楽しすぎて、店内を練り歩いているときにメロディーが浮かびました。

坂本:へええ!

鬼龍院:やっぱり、押さえつけられていたものが解放されたんでしょうね。「STAY HOME」と言われ続けていたので。東急ハンズでストレス発散とともに心が動いて、頭のなかに愉快なメロディーが流れてきたんです。携帯電話のボイスメモ機能をオンにして、鼻歌を録音しました。東急ハンズっていろんな材料が揃っているから、(歌でも)何でも作れちゃうんですね。DIYです。

坂本:(笑)。

◆“仕掛けること”が大好き!

坂本:質問です。「最高の日だった」と感じたのは、どんなときですか?

鬼龍院:なんだかんだ、僕はライブが生きがいなので、3月からライブを再開できることが最高の喜びです。「最高の日だった」と思ったのは、全国ツアーの初日を無事開始できたとき。あとは、狙ったところでお客さんが驚いたりすると、帰り道で「最高だったな」ってニヤニヤしちゃいますね。それにかなうものはないですかねえ。

坂本:いかにみんなを喜ばせるかということを、いつも考えていらっしゃるんですね。

鬼龍院:喜ばせるのも好きですけど、驚かせたり、傷つけない形で裏切りたい。仕掛けることが大好きなんですよ。イタズラとも言えるかもしれない。決して「喜ばせたい!」っていうのが一番の目的ではないんですよ。ファンの人たちを手のひらで転がしたい。

坂本:あっと言わせたいんですね(笑)。

鬼龍院:それが楽しくて仕方がないです!

坂本:うんうん。性格的な部分でもですか? プライベートというか、身近な人に対してもサプライズをしたりしますか?

鬼龍院:人生観が少し変わってきたのか、最近はそうなってきましたね。物欲がないんですよね。安いもので落ち着くんですよ。それで、「もっと幸せになるにはどうしたらいいんだろう?」っていうのを調べていたら、人にお金を使うと幸福感を得られるということを聞いたので、最近は友人とかに、今までより少し高めのプレゼントをしています。それぐらいかな(笑)。

坂本:へええ! ちなみに最近は何をあげましたか?

鬼龍院:感染症対策の考え方が近い友人に、携帯できる最新の空気清浄機をあげました。

坂本:それはうれしいし、そんなものがあるなんて知らなかったです!

鬼龍院:「なんでくれるの!? 今までケチだったのに!」ってビックリしていましたね(笑)。

坂本:最近、「人のためとか動物の保護団体とかに、自分のお金だけじゃなく、時間を使うと幸福感が持続するよね」って話に、よくなるんですよ。

鬼龍院:突き詰めると、みなさんその考えに行き着くんですね。間違ってなくてよかった。

坂本:うん。正しい(笑)!

「ゴールデンボンバー全国ツアー『楽器を弾いたらサヨウナラ』」は、3月4日(木)から開催予定です。詳細はゴールデンボンバーの公式ホームページをご覧ください。

今週のゲストは、2月24日(水)Jewel・amiさん、25日(木)土岐麻子さんです。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年2月26日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ