「実は私『渡鬼』フリークです」ミッツ・マングローブが橋田壽賀子さんを悼む

タレントのミッツマングローブが、亡くなった脚本家の橋田壽賀子(はしだ・すがこ、本名岩崎壽賀子=​いわさき・すがこ)さんを偲び、手掛けた作品への思いを語った。

TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズ制作発表 前列左から 野村真美、長山藍子、石井ふく子(プロデューサー)、橋田壽賀子(脚本)、泉ピン子、中田喜子、藤田朋子、後列左から 沢田雅美、前田吟、藤岡琢也、山岡久乃、角野卓造、三田村邦彦、赤木春恵、佐藤英夫、東てる美 撮影日:1990年08月29日 撮影場所:東京都 千代田区・赤坂プリンスホテル

脚本家の橋田壽賀子さんの訃報から一夜明けた4月6日、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に生出演したタレントのミッツ・マングローブが、大ファンだった『渡る世間は鬼ばかり』(※以降『渡鬼』)などの“橋田作品”について熱く語った。

垣花:ミッツさんは、橋田壽賀子さんに特に思い入れがあるとか?

ミッツ:実は私、「渡鬼フリーク」って自分で言ってるんですけど、高校生の頃に『渡鬼』が始まって、第1シリーズ、第2シリーズ、第3シリーズ……毎週、ビデオに録ってセリフも覚えてました。特に、久子役の沢田雅美さんが五月役のピン子さんをいじめる感じで「いいわよね、あなたは。私は遺産相続したから何もないのよ」って言うセリフ。これを学校でやって、うちのクラスで段々“渡鬼ファン”が増えていくっていう。

垣花:モノマネをやってたんだ。高校生の世代では『渡鬼』じゃないですよね。

ミッツ:当時は『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』なんかも同時期にやってたんですけど、それももちろん見ながら、『渡鬼』も見てて。「昨日の久子よかったよね」みたいな感じで。

垣花:やっぱりあの家庭内のリアルなやりとりが良かったんですか?

ミッツ:そうですね。お母さん役の山岡久乃さんがご存命の頃は、山岡さんが中心にいて、「幸楽」のピン子さんファミリーがいて、長山藍子さんの長女の家庭があってって。結構「山岡さん」がキーだったんですよ。

それで第4シリーズぐらいで、突然に山岡さん亡くなっちゃって。ストーリー的にもお母さんがニューヨークで旅行中に死んじゃったっていう。しかも大吉役の藤岡琢也さんが亡くなった後、宇津井健さんになるっていうあのウルトラCね。

垣花:ありましたね。見た目は似てないんですが……

ミッツ:そうそう。それでも視聴者はすぐに感情移入できるんですよ。宇津井健さんがやる大吉役っていうのに。

垣花:改めて最初のシリーズから見直したくなりましたね。

ミッツ:面白いですよ〜。赤木春恵さんも良かったですよね。「あんたは簡単にうちの敷居は跨がせないよ! 勇!」ってね。

垣花:それを高校生の時にやってたんですね(笑)

また、ミッツさんはコロナ禍の自粛中に『おしん』を見直して友人のマツコ・デラックスと盛り上がっていたことも明かし、橋田壽賀子作品の凄さを改めて語った。

注目のシンガーソングライター小林私 人気の秘けつは“逆張り精神”!? 「どストレートよりは、ひねりたい気持ちが…」

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。4月6日(火)の放送は、シンガーソングライターの小林私さんが登場。スタジオで生演奏を披露し、れなちが感激の声を上げました。


小林私さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



今年3月に多摩美術大学を卒業した小林さんは、芸術性のある歌詞と独特な低音のハスキーボイスが印象的。高校の軽音楽部で本格的に音楽に触れ、メジャーポップやボーカロイドに影響を受けたと言います。現在では自身のYouTube公式チャンネルのチャンネル登録者数は10万人を超える人気ぶり。

人気が爆発したきっかけは、ボーカロイド曲「ヴィラン」をカバーした動画を配信したことから。同動画は100万回以上の再生を記録し、人気はいまもうなぎのぼりで、小林さんは「それではまずいと、いまは人(ファン)が増え過ぎないような配信をしています」と笑います。

昨年6月にはファーストシングル「生活」、さらには今年1月にファーストアルバム『健康を患う』をリリース。同アルバム名の意味は「逆張り精神」から。れなちが「小林さんの曲は、言葉遊びが巧み。ちょっとひねって頭の記憶に残るようなフレーズを入れている」と評すると、小林さんは「どストレートよりは、ひねりたい気持ちがある」と話します。

また、この日は小林さんがスタジオで生演奏を披露。楽曲「サラダとタコメーター」を聴いたれなちは、「(話しているときとの)スイッチの切り替えが早い。一瞬で熱が入ってビックリしました。本気で『うわっ!』と思っちゃいました」と、拍手とともに感激をあらわにしました。

また、この日の番組テーマは「あの頃の私に忠告!」。過去の自分にアドバイスをするならなんと言うか尋ねると、小林さんは「武蔵野美術大学を受験したとき、行きがけの電車でコンタクトレンズの片方を落とした。結局、目の視力がバラバラ(の状態)でデッサン試験を受けた。普段からコンタクトの替えを持っておけよ、っていうのはある」と話していました。

リスナーからも「過去の自分に歯磨きの大切さを教えてあげたい。治療費に40万円支払うことになる」「10年前の結婚したての自分へ『早く逃げろ』と。姑にいじめられ、夫も助けてくれない」「17年間付き合った彼女となぜ結婚しなかったのか。自分のバカー!」など、笑えるものから重いものまで、さまざまな自分への忠告メッセージが届きました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月14日(水) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

Facebook

ページトップへ