介護事業所「あおいけあ」加藤忠相~介護における“アイデンティティ”と“ストリングス”

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に株式会社「あおいけあ」代表取締役の加藤忠相が出演。高齢者の方との接し方について語った。

加藤忠相

黒木)今週のゲストは株式会社「あおいけあ」代表取締役の加藤忠相さんです。高齢者の方々と接するにあたって、その方を知ることも大切だということです。この辺りも教えていただけますか?

加藤)いちばん重要なのは情報です。私たちの世界ではアセスメントと言います。私も以前、デイケアサービスをやっていました。そのときにケアマネさんから送られて来る情報がA4用紙2枚くらいで、大体の場合は相手の弱点ばかり書いてあるのですね。「加藤さんは徘徊します」とか、「左半身麻痺があります」とか、「もの盗られ妄想があります」とか。でもそれだとケアができないのです。その人がどこで生まれて、何を食べて生きて来て、何に誇りを持っていて、趣味は何で、仕事は何をして来て、最後はどこで誰とどのように過ごしたいのか。そういうことを知らないとケアができないのですね。

黒木)人としての尊厳ですよね。

加藤)そうですね。「認めてもらっている」というのはすごく大事だと思うのです。よく「その人らしさ」と言いますけれど、「あなたのその人らしさとは何ですか?」と聞かれたときに、けっこう困りませんか?

黒木)そうですね。

加藤)一生懸命考えたのですけれど、例えば私だったら、実は楽器をやるのですが、演奏し終わって拍手をもらっているときが自分らしいかなと思います。「その人が一生のなかで何を大事にして来たのか」とか、「何を得意として来たのか」など、充実している時間がその人らしさの根源ではないでしょうか。女性ならば、多くの方は料理や洗濯が私よりもはるかにうまいですよね。そういうところにちゃんと着目するのです。

黒木)なるほど。

加藤)介護職員で「認知症の高齢者に包丁を持たせたら危ないです」と言う人がいますが、私に言わせれば、「あなたが持つ方が危ない」と普通に言います。私たちよりも、何十年も家族のため、子どものために料理をつくって来たおばあちゃんたちの「手続き記憶」の方がはるかに信用できます。

黒木)記憶にもいくつかあって、いまおっしゃったように手続き記憶というものがあるという。

加藤)銀行員の方だったら、うちの経理を一緒に計算してもらいます。すごい動きをしますからね。植木職人の方もいれば、いろいろな仕事をやっていらっしゃった方たちなので、逆にこちらが教わりながらやっていると、「ここは私が大事にされている、あてにされている」という場所になりますよね。

黒木)加藤さんの書かれた本のなかに、重要なのはアイデンティティ、それとストリングスという言葉があるのですが、この辺を教えていただけますか?

加藤)例えば前に来ていたおばあちゃんが、全然来てくれなくなったのです。来れたとしても、ずっと入口の傍で鞄をかけたまま、「帰りのバスはまだですか」とずっと待っている。帰りたくて仕方がないのです。情報を見たら、気仙沼出身だったのです。たまたま岩手へ出張に行ったときに、デパ地下でホヤを見つけて、「これだ」と思い、10個買ってうちの事業所に送りました。ヘルパーさんに「そのおばあちゃんに手伝ってもらってください」と言ったのです。周りのおばあちゃんはホヤを見たことがないから、「何それ、食べられるの?」くらいなのですが、そのおばあちゃんはザクザク捌き始めたのです。それでみんなに褒められますよね。そうすると鞄を放り投げて、みんなに「これを食べなさい」と言って振る舞い始めたのです。「すごいわね、すごいわね」とみんなから褒められるではないですか。ますます「これくらいできなきゃね」という感じになって、堂々として来る。「ここは私の居場所だ」となるのです。おばあちゃんにとってのストリングスは「ホヤを捌ける」ということで、他の人にはないストリングスです。アイデンティティは三陸出身ですよね。そこをきちんと考えてあげると、多くの方が元気になります。

加藤忠相

加藤忠相(かとう・ただすけ)/「(株)あおいけあ」代表取締役

■1974年生まれ。東北福祉大学社会福祉学部社会教育学科卒業。
■大学卒業後、特別養護老人ホームに就職するも、介護現場の現実にショックを受け、25歳のときに神奈川県藤沢市で「株式会社あおいけあ」を設立。代表取締役。「グループホーム結(ゆい)」「デイサービスいどばた」の運営を開始。また2007年より小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」を開始。
■「あおいけあ」ならではの地域を巻き込んだ独自のケア事業がメディアで紹介される他、2017年公開の映画『ケアニン~あなたでよかった~』のモデル事業所に。
■2019年2月には「アジア太平洋地域の高齢化に影響を与えている最も影響力のある指導者」に選ばれる。

radikoのタイムフリーを聴く

映画『ダイ・ハード4.0』に追いついた現実~重要インフラへのサイバー攻撃

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月11日放送)に地政学・戦略学者の奥山真司が出演。インフラへのサイバー攻撃が世界で増加しているというニュースについて解説した。

米映画「ダイ・ハード4.0」ワールドレッドカーペットに出席する(左から)ジャスティン・ロング、主演俳優のブルース・ウィリス、マギーQ=2007年6月12日 東京都千代田区丸の内の東京国際フォーラム ©産経新聞社

重要インフラにサイバー攻撃

飯田)日経新聞の5月11日の1面で、

『サイバー攻撃、インフラに 世界で昨年5割増、工場・水道も被害』

~『日本経済新聞』2021年5月11日配信記事 より

……というニュースが掲載されています。また、アメリカのコロニアルパイプラインがサイバー攻撃で停止しましたが、連邦捜査局(FBI)はハッカー集団「ダークサイド」による犯行であると断定したということです。

奥山)サイバー攻撃は、サイバーセキュリティをやっている方々には、以前から認識されていた問題です。ここで映画の話をしたいのですが、サイバー攻撃がインフラに対して行われているということは、「フィクションの世界に現実が追いついて来た」ということです。個人的には、感慨深く思いました。

飯田)現実が追いついて来た。

映画『ダイ・ハード4.0』

奥山)2007年に日本でも公開されてヒットした映画で、『ダイ・ハード4.0』があります。

飯田)面白いですよね。

奥山)イギリスへ留学していたときに、みんなに「観ろ」と勧められました。サイバーセキュリティの戦略を研究している人間が私の周りに何人かいたのですけれど、彼らがみんな『ダイ・ハード4.0』を勧めるのです。13年~14年くらい前ですが、映画ではインフラが狙われるのです。そこで描かれていることが、いま現実に行われているのです。

飯田)なるほど。

奥山)『ダイ・ハード4.0』はハッカー集団が公益企業の金融機関に侵入するのです。一斉にアメリカ政府などに攻撃を仕掛けるのですけれど、最終的に狙っているのはどこかの銀行の大量のお金という話で、そこに例の「世界一運の悪い男」と呼ばれる、ブルース・ウィリス扮するジョン・マクレーンが登場します。

飯田)そうですね。

奥山)ブルース・ウィリスがハッカーという新しい脅威に対して、素手で立ち向かう男というような描かれ方をするわけです。

飯田)吹き替えだと「くそったれ」と言うやつですね。

映画の最大のテーマが「インフラ」

奥山)そうです。相棒がコンピュータオタクの青年で、彼とともにさらわれた娘を戦いながら取り戻すという話です。ここで極めて大事なこの映画のテーマが「インフラ」なのです。

飯田)インフラである。

奥山)途中で発電所や水道局などにハッカー集団がハッキングを仕掛けて、社会を大混乱に陥れることになるわけです。こういう姿が2007年の映画で描かれていたわけですが、いよいよそれが現実として起こりつつあるというか、もう起こっていますよね。

飯田)いま水道局という話が出ましたけれど、日経新聞の11日の記事では、フロリダで2月に水道施設が攻撃されて、水酸化ナトリウムの濃度が通常の100倍にまで引き上げられたということです。

奥山)ハッキングにより化学物質が有害水準になったということですね。

飯田)しかも水道です。

奥山)水道は私たちの生活に直結します。狙われるのがインフラだという状況が、いよいよ現実として追い付いて来たということです。映画というのは見逃せないなと常日頃思っています。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ