事故物件サイト管理人・大島てるが明かす「ホテルの“事故物件”を見分ける方法」

事故物件検索サイト「大島てる」の管理人・大島てるが、ポッドキャスト番組「島田秀平とオカルトさん!」(ニッポン放送 Podcast Station ほか)に出演。ホテルの“事故物件”について語った。

事故物件検索サイト「大島てる」管理人・大島てる

芸人であり手相占い師である島田秀平がパーソナリティのポッドキャスト番組「島田秀平とオカルトさん!」に、事故物件検索サイト「大島てる」の管理人・大島てるが出演。7月16日の配信回では、殺人事件や事故が起こった“ホテル版の事故物件”を見分ける方法について語った。

島田:ホテルや旅館の事故物件を見分ける方法はあるのでしょうか?

大島:変な間取りの部屋は怪しいですね。

島田:変な間取りと言いますと?

大島:例えば202号室で殺人事件や事故があったとします。ここでホテル側からお客さんへの告知義務はないんです。でも、「202号室で事件があったらしい」という悪い噂がたってしまう場合がありますよね。そういう場合、リフォーム工事をして202号室と203号室をくっつけてしまうんです。

島田:2 の部屋を1つにしてしまうという事ですか?

大島:はい。1つの大きな部屋にして、「202号室をなかったこと」にしてしまうんです。だから、他の部屋と比べてあきらかに広かったり、トイレが2つあったり、間取りが変なんですよね。

※イメージ

島田:ほかにホテルなどでの事故物件にまつわる話はありますか?

大島:私が仕事の都合で、急きょ名古屋のホテルに泊まることになった時なんですけど。その日は大きなコンサートと重なってしまい、どこのホテルに電話しても部屋が残っていなくて断られ続けたんです。かけ続けてやっと泊まれる部屋が見つかったんですけど、なんだか部屋の雰囲気が良くないなと思ったんです。そこで自分の「大島てる」を検索したんですね。

島田:ホテルの部屋の情報も載っているんですか?

大島:把握できたものであれば、ホテルの情報も載っていますね。私は結局、その部屋に泊まって一晩をすごしたんですけれど。数か月後、じつはそこで数か月前に殺人事件が起きていたという情報が「大島てる」に寄せられたんです。

島田:大島さんの勘が当たっていたという事ですか?

大島:そうですね。ただもう少し早く教えてほしかったです(笑)

※イメージ

島田:ホテルの話に限らず、事故物件になりやすい物件に傾向はあるのでしょうか?

大島:私が取材した中で、「飛び降り自殺が多発するマンション」があったんです。人は「呪われてる」とか都市伝説のように噂していたんですね。でも詳しく調べていくと、電車の中から外の景色を見ていると、他の建物がそれほど高くない中で、そのマンションだけ高くてポツンと目立って見えたんですね。死に場所を探していた人がいたら、「あのマンションなら……」と思ってしまうのではないでしょうか。

島田:なるほど。ちなみに、“事故物件のスペシャリスト”の大島てるさんご自身は、どういう家に住んでいるんですか?

大島:私は実家です。先祖代々住んでいる一軒家なので、家や近所でどういう事があったかはよく知っています。

島田:実家なら事故物件の情報を知らずに住む心配はありませんね(笑)

麒麟・川島、くっきー!に感謝「初めてライブに呼んでくださった先輩」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月31日(土)放送のお客様は、お笑いコンビ・野生爆弾 くっきー!さん。ここでは、麒麟がブレイクする前に、野生爆弾の2人にお世話になった(!?)エピソードを披露しました。


くっきー!さん



NSC大阪の13期生で、1994年に幼馴染のロッシーさんとお笑いコンビ・野性爆弾を結成。ネタ作りからコントの小道具まで、すべてご自身で手掛け、独特の世界観のコントで注目を集めます。2008年に拠点を大阪から東京に移し、“白塗り顔”で表現するモノマネ芸などでブレイク。クリエイターとしても作品を発表しており、「超くっきー図鑑 渡り鳥」(ヨシモトブックス) 「くっきずむ」(美術出版社)などの著書も。個展「超くっきーランド」は国内外で総来場者数50万人を記録。また、学生時代から音楽活動に精通しており、ロックバンド「ジェニーハイ」ではベースを担当。お笑い・アート・音楽と、多方面で活躍しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」7月31日(土)放送のゲスト:くっきー!さん



◆麒麟を初めてライブに呼んでくれた先輩

1996年、大阪時代の野性爆弾(左からくっきーさん!、ロッシーさん)



川島:麒麟の2人が最初にお世話になった先輩は野性爆弾さんなんです。初めてライブに呼んでくださった先輩。

くっきー!:そうやなあ。

川島:「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)に出て大阪でお仕事をいただいてからも、野性爆弾さんはライブに呼んでくれて。2006年かな? 「これはいける!」って思うネタができたんですよ。

くっきー!:会心の。

川島:「M-1」でずっと3位やったけど、「これは今年いけるわ!」ってネタができて。そうしたら、野性爆弾さんが「うめだ花月」のライブで「麒麟出てくれ」ってオファーしてくれてね。「うめだ花月」でしっかり漫才をやったら、自信があるネタやったのにめちゃくちゃスベッて、誰も笑わなかった!

くっきー!:(笑)。

川島:お客さんが満員で300人ぐらいいるのに、1個も笑いが取れへんまま(舞台の)袖にはけることになったら、くっきー!さんが「ごめんな」と。「俺らのことが好きな客やから、悪いことをしてしまった。ほんまはおもろいネタやねんけどな」って謝ってくれたんです。それで、次に野性爆弾さんが舞台に出てネタをやったんですけど、同じぐらいスベッて。「お客さんは何を観に来たんや!」と思いましたね(笑)。

くっきー!:ちょっと待ってくれよ。俺、今日この番組のゲストちゃうんか(笑)? お前、やってくれてるな(笑)。

川島:いやいや(笑)。2人きりでこういう話をあんまりしたことがないので、答え合わせをしたいんです。あのとき、どういう気持ちやったのか。麒麟に対して優しくしたあとに、同じ災難が(自分たちに)降りかかったわけじゃないですか(笑)?

くっきー!:たしかにな。なんで我々もスベッたんやろね(笑)?

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回8月7日(土)のお客様は、フリーアナウンサーの青木源太さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月8日(日・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

Facebook

ページトップへ