鈴木伸之、“踊るヒット賞”を取って以来「笑いを欲しがるようになってしまった」

7月30日(金)深夜、俳優の鈴木伸之(劇団EXILE)がパーソナリティを務めるラジオ番組「鈴木伸之のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送・24時~)が放送。これまでの俳優生活で唯一獲得できた賞は「踊るヒット賞」だと語る場面があった。

鈴木伸之

鈴木は2010年に劇団EXILEに加入。大ヒット上映中の映画「東京リベンジャーズ」や、現在放送中のドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)、そして10月から放送予定のドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)に出演するなど、精力的に活動している。

冒頭、「すごい、感慨深いですね」と切り出し、5年程前からずっとラジオ番組のパーソナリティを担当したかったと語り、それが実現したことに喜びを語った。

「俳優として賞を取るのが夢の1つ」という鈴木。これまでに唯一獲得できた賞は、人気トークバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)の“踊るヒット賞”だと振り返る。

「10年間やってきた中で、1個だけ取れた賞があるんですよ。踊るヒット賞なんですよね。これはですね、ちょっと面白おかしく聞こえたかもしれないですけど、僕の中ではものすごくうれしくて!

僕は俳優を10年間続けてきたのに、Wikipediaの『人物』の欄に、漢字で“食欲旺盛”の4文字しか書かれてなかったんです。そのエピソードをさんま御殿で話したら、本当にね、今までに味わったことがないぐらい、ドカーン!! ってウケたんですよ。

そのみなさんの笑い声と、さんまさんが『お前、良くやったな~』みたいな顔で、テーブルをドンドンドンドン、棒で叩くのを生で見て。もう、忘れられなくて! それから、舞台挨拶とか制作発表でも笑いを欲しがるようになってしまって。真面目なトークをした方がいいのに、なんか、ちょっとボケちゃったり、そういうことが増えてきたんですけど(笑)。でもね、すごくうれしかったです」

踊るヒット賞を獲得してから、ウケを狙ってボケることが増えてしまったが、「お芝居の賞もちゃんと頂けるような俳優になっていきたい」とも語った鈴木。

以前から悪役に配役されることが多いそうで、公開中の映画「東京リベンジャーズ」でも主人公と敵対する役・キヨマサを演じるが、ドラマ、映画と大ヒットした「海猿」のような作品に強い憧れがあるとのこと。鈴木は「あの、ずっと言ってるんですけど『海猿』みたいな作品がものすごくやりたくて。熱くて、恋愛があって、命に携わってて、人の心を揺さぶる、グッとくるものがやりたいんですけど……」と思いを語るも、「今、真逆のポジションにいるので」と言い笑いを誘っていた。

radikoのタイムフリーを聴く

三四郎・小宮、錦鯉・長谷川から“歯”の相談事「僕にしか無理か。そりゃ、そうか」

7月30日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。小宮が、お笑いコンビ・錦鯉の長谷川らとのエピソードを披露した。

三四郎

先日、福島で営業があったという小宮。楽屋や新幹線での移動中に睡眠を取ろうと考えていたが、周囲の芸人達にことごとく邪魔をされてしまったと語った。

小宮:楽屋が4人部屋だから、丁寧そうな芸人を誘って静かに寝ようかなと思って。

相田:寝やすい部屋でね。

小宮:かが屋の加賀に『こっち、入ろう』って誘ってさ。あいつ、丁寧だから。後輩力もあるし。そうしたら、あばれる君。『僕もいいですか?』って。

相田:あぁー……。

小宮:粗暴な、あばれる君。それと、しれっと、錦鯉の長谷川さんも来て。『うわっ、長谷川さんもちょっと粗暴そうだな』と思って。

相田:確かに。

小宮:そうしたらね、長谷川さんが『いつか聞こうと思っていたんだけど、小宮くんにしか聞けないことなんだよ』って。『なんなんだよ、寝させろ!』って思って。

相田:ははははは(笑)

小宮:『歯を入れようか、迷ってるんだよね』って。『これ、僕にしか無理か。そりゃ、そうか』と思って。

相田:“歯”関係はね。(小宮は酔っ払って転び、前歯が欠けてしまったことがある。)

小宮:歯を入れたら、『ちょっと淋しい。前の方がよかった。面白さが半減しちゃう』みたいなのを言われちゃうからね。長谷川さんは『普通の人になっちゃうかなと思うんだよね』って言ってきたのね。普通の人にはならないよな、と思って。歯がある、変な人になるだけだよ! と思ったけど。

相田:(笑)

小宮:ちょっと面倒くさいなと思ったから、外に出て。ソファか何かないかなと。廊下のソファで寝ようかなと思ったけれど無くてさ。そんなこんなで、1公演目が終わったの。楽屋に帰ったら、あばれる君が長谷川さんとしゃべっていて。

相田:うん。

小宮:あばれる君が、『大丈夫っす! 絶対に大丈夫っす!』って言っているの。そうしたら僕も話しかけられちゃって、長谷川さんに『俺、彼女がいるんだけど、その彼女、俺のことを好きなのかな?』って。

相田:うんうん。

小宮:『いやいや、好きなんじゃないですか? 付き合っているんでしょ』って言ったら、『そうなんだけど、どうなのかなーって思うんだよね。今、会えてない状況なんだよね』『どれくらい、会えてないんですか?』って聞いたら、『4年、会ってないな』って。

相田:(笑)

小宮:無理だよ、じゃあ。好きじゃないよ。4年……(笑)

相田:ははははは(笑)

小宮:あばれる君もよく、『大丈夫ですよ』って言えていたなと。長谷川さん、『毎日、LINEしてるよ』って。まあ、ご時世的なこともあるけれども。4年だったら、その前からじゃん?

相田:そうだよね。

小宮:相手、宇宙飛行士か何か?

相田:特殊な任務をやっている方じゃないとね、確かにね(笑)

長谷川に相談をされ、なかなか睡眠が取れなかったという小宮。その後、営業が終わり、帰りの新幹線で寝ようとしたところ、隣の席が、どぶろっくの江口だったと語る。小宮はゆっくり眠れると思っていたが、漫画を読んでいた江口が急に号泣したため、それが気になって全く眠れなかったと振り返った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ