雑味・焦げ味・人間味……衝撃を受けたコーヒーの「原始的なつくり方」とは

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

鉄ナベでコーヒー豆を煎る、石川智史さん

人間が感じる味の種類は、「甘味・酸味・塩味・苦味・うま味」の5つが基本だそうです。味覚に大きな影響を及ぼすのが幼少期で、いろいろな味や美味しいものを食べることで、味覚の幅が育ちます。

今回ご紹介する石川智史さんは、静岡県浜松市生まれの40歳。小さいころはおばあちゃん子で、美味しい静岡茶を朝昼晩、一緒に飲んだのが石川さんの味覚の原点になりました。

高校を卒業後は上京し、飲食関係の会社に就職。20歳になると、観光で訪れた沖縄の海の美しさに衝撃を受け、移住を決意します。脱サラして民宿を始めますが、2年後にその民宿を譲ってアメリカに渡ります。

当時、石川さんは自信に満ち溢れた青年で、夢も多く、「世界を見てやろう」とカリフォルニアのレストランで働きながら、自分探しの旅を続けました。25歳のとき、一旦帰国した石川さんに人生の転機が訪れます。

石川智史さん・亜紀乃さんご夫婦

「沖縄市に『原点』という老舗のコーヒー専門店がありまして、旨いだけではなく品があり、運命的なコーヒーとの出会いでしたね」

「こんな旨いコーヒーをつくりたい」と石川さんは独立し、「ロースター」と呼ばれるコーヒー豆の焙煎業を始めます。味に関して人一倍自信を持っていましたが、思ったような味が出せず、コーヒーの奥深さに悩み続けます。

そのうち自信を失い、たった3ヵ月で閉店……残ったのは借金だけでした。それでもコーヒーのことが頭から離れず、深い闇のなかでもがく日々が続きました。そんな石川さんを支えてくれたのが、沖縄で知り合い、28歳で結婚した妻の亜紀乃さんでした。

「あのとき妻がいなければ、いまごろどうなっていたことか……」

仕事を転々としながらゴミ処分場で働いていたとき、一歩足を踏み外したら命を落とすような暗いボイラー室で、石川さんは考えたそうです。

「俺はこのままコーヒーを諦めていいのか。旨いコーヒーをつくれず逃げ出すのか……。いや、そうではないだろう?」

精神的にも落ち込んでいた石川さんは、このとき心を決めて、コーヒー発祥の地・エチオピアへと旅立ちます。

エチオピアで鉄ナベを使った焙煎を学ぶ

世界で最も貧しい国のひとつ、エチオピア。コーヒーとともに暮らす人々に触れて、石川さんは心が癒され、元気を取り戻します。

「もう一度コーヒーにかけてみよう」と、妻の実家がある沖縄県うるま市で、自家焙煎珈琲店『Tettoh Coffee(テットウコーヒー)』を2015年にオープン。すぐ横に鉄塔が立っていることから、この名をつけました。

開業して3年後、石川さんは再びエチオピアを訪れます。今度は電気も通っていないコーヒー農園で、労働者と一緒に働きました。しかし休憩時間、自分が焙煎したコーヒーを彼らに飲んでもらうと、みんな首をかしげ、まずそうな顔をしたそうです。

そこで石川さんは、エチオピアのコーヒーを淹れてもらいました。鉄ナベを使ってコロコロとコーヒー豆を転がしながら、原始的な方法で煎るのだそうです。そのコーヒーを一口飲んだ石川さんは、目を丸くします。

「何だ、この味は……自分のコーヒーとまったく違う!」

「Tettoh Coffee」外観

舌の上でじっくりコーヒーを味わうと、3つの味がわかって来ました。雑味、焦げ味、そして人間味のある癒しの味わいでした。最新型の焙煎機では、この味は絶対に出せません。「自分に足りない味はこれだったのか!」と、石川さんは悟ります。

そのときに飲んだ、雑味・焦げ味・人間味が味わえるコーヒーは、石川さん自ら鉄ナベで焙煎し、「エチオピア」という名で提供しています。

意外と知られていませんが、沖縄でもコーヒーが栽培されています。しかし収穫量が少なく、収入も安定せず、兼業農家がほとんど。石川さんが暮らすうるま市にも、数名のコーヒー豆の生産者がいるそうです。

その1人である伊波善弘さんは、剪定したときに捨ててしまうコーヒーの葉っぱを再利用して、リーフティーをつくっています。「香ばしくてまろやかで、もっと売れてもいいはず」……そう思った石川さんがプロデュースし、「伊波さんのコーヒーリーフティー」は税込250円で売り出され、評判を呼んでいます。

コーヒー農園で伊波さんと

「沖縄コーヒーはまだまだこれからですが、可能性を秘めているので、生産者とともに世界が認める味に育てて行きたいですね」と言う石川さん。現在の夢も伺ってみました。

「妻には大変な思いをさせました。いまも苦労をかけっぱなしですが、引退後は静かな山奥か、誰も来ない海辺で、妻だけが来店する小さなコーヒー店を開業するのが夢です。感謝を込めて、美味しいコーヒーを淹れてあげたいのです」

1杯のコーヒーに魅せられた石川さん。あくなき探究の日々は、これからも続きます。

最新型の焙煎機でコーヒー豆を煎る石川さん

■『Tettoh Coffee(テットウコーヒー)』
住所:沖縄県うるま市栄野比717-A
電話:098-989-3803
営業時間:8時~16時
定休日:日曜日・第4月曜日

■Tettoh Coffeeのホームページ
https://tettohcoffee.square.site/

■YouTubeチャンネル「Tettoh Channel」
https://www.youtube.com/channel/UCRgywycyxpOgulhA7IDkfHg

radikoのタイムフリーを聴く

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ