自民・高市早苗政調会長「究極の選択。国民の命を守るのか、 非核三原則を守るのか、議論すべきである」

自民党の高市早苗政調会長が4月19日(火)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシア、中国、北朝鮮などの核保有国を巡る日本の安全保障について「“非核三原則の持ち込ませず”に関しては例外を含めて議論していくべきだ」と語った。

会見する自民党の高市早苗政調会長=2022年4月13日午後、東京・永田町の自民党本部 ©産経新聞社

自民党・高市早苗政調会長はまず、ウクライナ情勢に関連しロシアと中国の共通点として「権力の強い人が長きにわたりリーダーを務めている」「チカラによる現状変更を行う」「国連の常任理事国であり拒否権を発動できる」「資源を持っている」点を挙げた。続けて、両国とも核兵器を保有することに関し高市政調会長は、「北朝鮮も持っている。日本はこの3国の真正面に近距離で国を構えているという現実があり、世界で見ても核の最前線にいる」と述べた。

また、安倍元総理大臣が提言した核共有の概念について、「核兵器そのものを共同で持つ話ではなく、意思決定と政治的決定を共有する仕組みである」と解説。その一方で、「今の日米同盟の仕組みではハードルが高い」と語った。


高市政調会長は続けて、日本の安全を守る核の傘について「非核三原則の持たず、作らずは守るにしても持ち込ませずは有事の際は(仕方がない)。国民の命を守るのか、非核三原則を守るのか、この究極の選択が来た時には、“持ち込ませず”に関しては例外を認めるということを今から議論していくべきだ」と語った。

radikoのタイムフリーを聴く

ぺこぱ・松陰寺、相方の“ユニークな癖”に思わず「めちゃくちゃイラっときた(笑)」

4月12日(火)深夜、シュウペイと松陰寺太勇のお笑いコンビ・ぺこぱがパーソナリティを務めるラジオ番組「ぺこぱのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送され、シュウペイが、最近気づいた自分の“癖”について語った。

自身を振り返った時に、他者からの影響を受けやすいことに気づいたというシュウペイ。特に著名人から感化されることが多く、彼らの真似をしてしまうことがあることを明かした。

シュウペイ:サッカーの三浦知良選手ってめちゃくちゃかっこいいじゃん?

松陰寺:かっこいいよね! “キングカズ”って言われるだけあるよね!

シュウペイ:やっぱり大御所にはパワーがあると思ってて。1回だけ練習を観に行ったことがあったんだけど、その時、練習終わりのシャワーを浴びた後に、カズはバスローブを着てるのよ。しかも自分の名前の刺繍が入ってるやつ。

松陰寺:クラブハウスでってこと? すごいな。

シュウペイ:それがかっこいいなって子どもの頃から思ってて、最近バスローブを買って家で着てるんだよね(笑)

松陰寺:マジかよ! 本当にシュウペイはそういうとこあるよな(笑)

シュウペイ:ちょっと影響されるというか。他にも本田圭佑選手の歩き方をマネするようになったんだけど、最近やっと本田選手っぽい歩き方になってきたのよ。そしたらよくスタッフさんにも「足痛いの?」って心配されるのよ。その度に「本田圭佑選手の歩き方をマネしてるんです!」って答えてるんだけどね。

松陰寺:ちょっとガニ股で、胸を張ってるんだよね。俺、ぺこぱで出演した収録で爪痕を残せなかった時に、シュウペイがすごく胸を張ってスタジオを出ていく姿見て、めちゃくちゃイラっときたもん(笑)

シュウペイ:あとは、中村俊輔選手が好きだから、スタジオには左足から入るっていうゲン担ぎをしてるね。

松陰寺:お前は本当に形から入るな(笑)

シュウペイ:スタジオに入る時は、ちょっと小走りになって自分の席に向かうんだけど、これは、さんまさんの入り方なのよ。

松陰寺:だからかな、最近シュウペイが遅れてくることが増えてる気がするんだよね。俺だけが先に行ってる時もあるじゃん。

シュウペイ:いや、それは松陰寺さんがただ早いだけだよ(笑)。俺は普通に行ってるよ。

憧れの人たちの癖を、日々のルーチンに取り入れているというシュウペイ。さらに単独ライブの舞台袖では、大ファンだという男性アイドルをオマージュし、“梅干し”をネタの合間に食べていたことを告白。これに対し松陰寺は、「あの梅干しってカリカリ音がするやつだったじゃん? 『漫才と漫才の間で精神集中させてるのに……』って思って腹立ってたわ!(笑)」と、シュウペイの行動によって、実は集中力を乱されていたことを報告した。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ