便秘、あかぎれ、低体温… 体調不良を経験した管理栄養士の、体が楽になった食事とは

管理栄養士・神田由佳さんが、上柳昌彦アナウンサーがパーソナリティを務める、ラジオ番組「上柳昌彦 あさぼらけ」内コーナー『食は生きる力 今朝も元気にいただきます』(ニッポン放送 毎週月・金曜 朝5時25分頃)にゲスト出演。雑穀や五穀米の選び方、あらゆる病院に通っていた頃の食生活、体の不調が改善した食事「ご飯と味噌汁生活」などについて語った。

神田由佳・上柳昌彦

神田さんは管理栄養士歴25年で、今までに2万人以上を栄養指導。流行の食事法を取り入れたことで、自身の体調を崩した経験から、カロリー計算・栄養バランス・からだにいい食材にばかり注目した健康法に疑問。食事を栄養補給の作業にせず、「楽しく・おいしく・食べる」を理念に活動している。

■より良い「雑穀」を選ぶ

上柳:先ほど、神田さんから「雑穀」を頂きまして。“岩手県産100%契約農家で栽培 体質改善ブレンド五穀”と書かれていますね。

神田:私がお勧めしている雑穀で、「ヒエ」「アワ」「いなきび」「大麦」「もちきび」が入っています。

上柳:中には「お米は白米じゃないと……」という方もいますが、私は五穀米が大好きで。でも、雑穀や五穀米を私達はなんとなく買って来て、なんとなく入れて食べていますが、ランクとか、いい・悪いがあるのでしょうね?

神田:実は雑穀も生鮮食品です。野菜や果物と同じなので、鮮度がすごく重要です。

上柳:ほう。

神田:なので、キュッと密閉されている袋に入っていることが、まずは大事です。そして、炊く時に水を入れますよね? その時、プカプカと浮いてこないものがいいですよ。

上柳:えっ? 雑穀は水に浮くイメージがありますが……。

神田:たぶんほとんどの人が、浮いているイメージを持っていると思います。

上柳:雑穀って沈むんですか?

神田:スーッと沈みますよ!

上柳:その、いい雑穀、沈む雑穀って何が違うんですか?

神田:生鮮食品なので、やっぱり空気に触れるとあまり良くないんです。

上柳:酸化してしまうということですか?

神田:はい。米をペットボトルに入れて冷蔵庫に入れましょう、というのはよく聞くと思いますがそれと同じです。

■「雑穀」と「玄米」どちらを選ぶべきか

上柳:雑穀は体にとって何がいいんでしょうか?

神田:白米との違いでいうと、ビタミンとかミネラルが多いので、代謝をサポートしてくれます。

上柳:玄米もビタミンが豊富だと言いますよね?

神田:もちろん玄米でもいいんですが、玄米って周りが固いので、胃腸が弱い方、お子様とかご高齢の方には負担がかかってしまいます。

上柳:なるほど、消化が大変なんですね。

神田:雑穀は粒が小さいので、お子様からご高齢の方までみなさん食べやすいです。消化がいいというところが、おすすめしている理由です。

上柳:なるほど。

神田:一食で何か体が変わるわけではないですが、やはり、日々の積み重ねが大事だなと感じています。

上柳:そうですよね、瞬間的に良くなるのではなく、ゆっくりと時間をかけて、より良い体にしていこうということですね。

神田由佳

■あかぎれ、低体温、便秘、イライラ……パンばかり食べていた頃の不調

上柳:神田さんのホームページを見て、とても興味を持ったのが「ご飯と味噌汁生活」です。

神田:実は私、ご飯が好きなわけではなかったんです。

上柳:ほう。パン派ですか?

神田:すごいパン派で。

上柳:すごいパン派?(笑)

神田:だから一人暮らしをしていた頃も、米と味噌が無かったんですよ。

上柳:ああ~(笑)。パン、おいしいですからね。

神田:でも、ずっと何かしらの不調があり、私は病院通いをしていたんです。

上柳:その一人暮らしの時、味噌やお米が無くて、何を食べていたんですか?

神田:パンです……(笑)

上柳:その時は管理栄養士だったんですよね?

神田:管理栄養士です(笑)

上柳:困った方ですねぇ(笑)。体には良くない、とは思ってはいたんですか?

神田:分かってはいました。だけど、パンが大好きで。

上柳:おいしいパンがたくさんありますからね。それで、どんな不調があったのですか?

神田:まず、体温が35度。アトピーではなかったんですけど、手がすごい荒れていて。あかぎれが酷くて、絆創膏を全部に巻いているような状態で。あと、長年の便秘だったり、不調をあげたらキリがないくらいでした。

上柳:そんなにひどかったんですね。

神田:サプリメントを利用したり、いろんな食事も試したのですが、なかなか納得のいく変化がなかったので、もう一回食事の原点に戻ろうと思って、一週間「ご飯と味噌汁生活」を試したら『今までのかゆみがない!』『全然イライラしない』とか。一週間で劇的に変わったので、『もう、パンはいらないな』って思えたんです。

■野菜も肉も食べていたけれど、皮膚科、耳鼻科、内科へ通う日々

上柳:かなり偏った食生活をされていて、素人の私が聞いても、ちょっとバランスが取れていないな、と感じますね。

神田:そうですよね。

上柳:その時、きちんと野菜や肉も食べていましたか?

神田:野菜や肉も食べていました。

上柳:でもパンばかり食べて、ご飯とか味噌汁のような日本人がずっと食べてきたものを食べていなかったと。病院にはけっこう行っていたんですか?

神田:ずっと行っていました。

上柳:そんなに症状が多いと、何科に行けばいいか分からないですね。

神田:皮膚科、耳鼻科、内科へ行っていて。

上柳:耳鼻科?

神田:アレルギー性鼻炎もかなりひどくて。

上柳:診察券が財布の中にいっぱい入っているパターンですね。

神田:本当に、仕事として食の話をしても、やはり教科書通りではないと、自分の体で分かりましたね。ご飯と味噌汁生活を試しに3~4日やったら『あれ、なんか違う。今までと違う』っていううっすらした感覚があって、1週間続けたら『もう、これはやめられない』と。ご飯生活にしたら体が楽だし、生活がぜんぜん違ったんです。

■よく噛んで食べたら「便秘」が改善

上柳:管理栄養士さん的に、ご飯と味噌汁生活は何が良かったのだと思いますか?

神田:なにか特定の食べ物が悪いということではなく、ご飯と味噌汁をしっかり食べる、よく噛んで食べることが良かったなと。そして、味覚。食べ物の味を自分でちゃんと引き出して食べるようになって。

上柳:特に忙しい方々は、かき込むように食べていますよね。

神田:よく噛んで食べたら胃も腸もしっかり動くようになったので、便秘しなくなったというか、お通じがちゃんと毎日出るという風に変わりました。

上柳:味噌汁は具だくさんにしていたそうですが、どんな食材を入れていたのですか?

神田:私は舞茸が好きなので、舞茸をよく入れていて。あとは、大根、小松菜、ほうれん草、チンゲンサイなどを入れていました。

上柳:おいしそうですね。そして、それをよく噛んで食べたら、お通じも良くなったと。理にかなっていそうですね。

神田:はい。

上柳:指先のあかぎれはどうなったんですか?

神田:まず、一週間ぐらいで手のかゆみが無くなってきたので、かかないから治りが早くなりました。食事に正解・不正解を決めてしまうと、食べる・食べないという選択になってしまうと思うんですが、安心して食べたり、自分の為に食べている、という気持ちに落とし込めていくと、体が変わりやすいと思います。

神田由佳・上柳昌彦

管理栄養士で食の知識も豊富、肉や野菜も食べていたが、つらい体調不良に悩まされていたという神田さん。「なにか特定の食べ物が悪いということではない」としつつ、大好物だったパンの代わりに、米と具沢山みそ汁をよく噛んで食べたことで、体調が改善したと語った。最近は「これを食べればOK!」という様々な健康情報があって戸惑うかもしれないが、白米を雑穀米にしたり、みそ汁を具沢山にしたり、いつもの食事にいろいろな食材を取り入れ、ゆっくりとより良い体にしていっては。

中元日芽香の「な」、海外からのお悩みにも答えます。「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったな」


『中元日芽香の「な」』が、7月4日(月)午前7時に更新され、3人のリスナーからのメール相談に中元が親身に答えた。

1人目は、とある大学生からの相談だ。

現在大学3年生で、勉強が難しくなり課題に追われている。勉強の他にもバイトや教習所など、新しく始めたことが多くある。元々不安を感じやすい性格ではあるのですが、最近は切羽詰まっていて何をやるにも不安で好きなことをしている時間も、私はこんなことをしていていいのかなと不安になる。どうすれば、不安を無くせますか?

「聞いていると日々のタスクをこなすのだけでも大変そう。考えてみれば大学もそうだし、バイトもそうだし、だんだん要求されるレベルが上がっていく。だんだん難しいことを要求され続ける中で不安を感じるっていうのは自然な感情。でも、日頃からやるべきことをちゃんとこなしている方だと思うので、そこは大丈夫。好きなことをしている時間は今日1日頑張ったんだから好きなことをする時間をする権利があるんだって堂々と楽しんでいい。今日勉強をして、バイトもやったんだから。好きなことをやるぞ!っていう風に堂々と楽しんで。自分ができていないことに目を向けると不安になると思うけれど、逆に自分ができていることに目を向けてあげると、少し安心できて不安が軽くなるんじゃないかな」

2人目の相談は、とある先生からの相談だ。

現在地元で先生をしているが仕事がとてもきつい。教育でミスがあると子供たちの将来も変えてしまうかもしれないなど、深く考えなくていいことも考えてしまう。さらに残業時間も長く、自分の時間もない。また元々先生は自分のやりたい仕事ではなかったということも、心が重い理由の一つかもしれない。現在やりたかった仕事に向けて転職も考えているが、区切りの3月まではなんとしても頑張っていきたい。なんとか心が軽くなる方法はないですか?

「責任感が強い方。先生も人間だし、今思うと私の学校にもいろんな人がいた。そんな中でも、生徒にとっていい大人でいなきゃっていう先生は生徒思いの素敵な先生。しんどい時とか心が重い時の対処の仕方っていくつかある。仕事以外の趣味に没頭するとかも一つの方法。あとその辛い時に仕事に関して、でもこれ自分がやりたくてやってるからとか、自分が選んだ仕事だから、っていうのも結構踏ん張る大きな力をくれる。だからそのカードが使えない中で、どのようにして日々を乗り越えようっていう方法が見出せないのは確かにつらい。あと体の疲れとか睡眠不足も心の余白?余裕?を奪っていく要素の一つ。やりたかった仕事に向けて転職も考えているということで、ご自身の明るい未来を思い描くことが、エネルギーになってくれたらいいな。あるいは、何もしない時間を作るのも逃避になっていい。スケジュール的に拘束されていたとしても、自分の心の中の自由は守ってあげてほしい」

3人目の相談は、インドネシアから、Spotifyを聴いているというリスナーからの相談だ。

私はいつも自分の人生で起こらなかったことを心配しています。例えばお仕事でミスがあったら先輩を怒らせちゃうかなということです。どうすればいいですか?

「海を越えてお力に慣れているなんてやっていてよかったなって思います。自分の人生で起こらなかったことを心配してしまう、これ共感できるなーっていう方いらっしゃるんじゃないかな。心配性であったり、根拠のない自信を持つのって難しいなーって感じるタイプかな?適度な心配がミスを回避してくれたり、自分を守ってくれることにつながるけど、あまりに心配が大きくなりすぎると漠然と不安になって落ち着けなかったり、なんとなく暗い気持ちになってしまったりっていうことになる。なので、自分のその心配性のおかげで、仕事を丁寧にできているんだっていう自信に変えられたらいい。問題が発生したら、その時対処すればいいかっていうふうに割り切ることも、心を守るためには、必要なことなのかもしれない」

Facebook

ページトップへ