深い睡眠を得るための「3つの準備」

東京都医師会理事で順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏が5月20日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。日常のなかで行う自律神経の整え方について語った。

ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」

コロナ禍で病んだメンタルをいかに元の状態に戻すか

飯田浩司アナウンサー)小林先生は新型コロナへの対応も前線で取り組んでいらっしゃいますが、コロナ禍でメンタルが変わったという方も少なくないのではないでしょうか?

小林)多いですね。この2年半、いままで経験したことのない環境のなかにいましたので、仕方がないことだと思います。心療内科の受診状況を見ますと、2年前までは「コミュニケーションができない」ということで来院する方が多かったのです。

飯田)コミュニケーションができない。

小林)それがいまは「会社に行きたくない」という悩みで来院する方が多いです。「人と付き合いたくない」という、逆の方向にきている。これからは、「メンタルをいかに元に戻していくか」ということが求められると思います。

在宅勤務により、日光を浴びず運動もしない生活が続く

新行市佳アナウンサー)出社するときに日光を浴びて、歩いて向かっていくということも自律神経には作用していたのかも知れませんね。

小林)大きな影響があったと思います。在宅勤務が続くと、外に出ないので日光も浴びない。何の刺激もない。座ってばかりで運動もしないとなると、やはり体にはよくありません。

飯田)会社に行くことで、メリハリのある生活を送っていたけれど、それが崩れてしまったということですか?

小林)そういうことですね。

朝起きて水を一気に飲む

新行)改めて体をメンテナンスするには、どうしたらいいのでしょうか?

小林)まずは、朝起きて、水を一気飲みする。

飯田)一気飲み。

小林)これが重要です。自律神経は、寝ているときは副交感神経優位で、起きたときは交感神経優位になります。副交感神経が下がると、血流が悪くなったり、体が動かなくなったりするのです。副交感神経を上げるためにも、水を一気飲みする。

飯田)副交感神経を上げるために。

小林)すると「胃結腸反射」が起こり、消化管が動くので副交感神経が上がってくれるのです。これが重要なことです。

新行市佳アナウンサー、小林弘幸氏、飯田浩司アナウンサー

ウォーキングする ~時間がなければエスカレーターではなく階段を使う

小林)もう1つはウォーキングです。「なかなか歩けないのですよ」と言う方もいますが、エスカレーターに乗らず、階段を使うのも有効です。

飯田)エスカレーターは使わずに。

小林)十分な運動量になります。

出かける前に天気予報のチェックをする ~寒いと免疫力が落ち、風邪をひく

小林)あとは気温です。気温によって乱されることがありますので、その日の気温をチェックすることです。

飯田)出かける前に。

小林)寒いとか、雨が降るという予報が出ていれば、セーターや傘を用意していく。寒いのに我慢していると免疫が落ち、風邪をひいてしまいます。気温に敏感になり、準備を周到にすること。

飯田)まずは天気予報のチェックですね。

深い睡眠を得るための3つの準備

小林)あとは睡眠です。睡眠には3つの準備が必要です。1つ目は寝る前にスマホを見ない。2つ目は、お風呂に入って深部体温を上げておく。3つ目は寝る前の少なくとも2時間前には食事を終えておく。この3つをしっかりやれば、いい睡眠を得られます。

radikoのタイムフリーを聴く

次世代のスーパーフード「昆虫食」 カイコにコオロギ、セミ…… 慣れ親しみなく抵抗感は強い

5月27日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)は、次世代のスーパーフードとして近年注目が集まっている昆虫食について、寺島尚正アナウンサーと金曜コメンテーターで郵便学者の内藤陽介氏が意見を交わした。

気候変動などの地球環境問題やウクライナ危機などの影響による食糧不足への懸念が高まるなか、近畿地方に住む22歳の現役学生が昆虫食を手に上京し、環境相や自民党の農林部会長を歴任した小泉進次郎議員ら国会議員に食べてもらい、普及に協力してもらいたいと訴えた。

小泉進次郎議員は目の前に差し出されたカイコのサナギを口にしたところ、満面の笑みを浮かべながら「オレ、今、食べてるって感じ」と感想を述べたという。小泉議員は口の中で、たしかにカイコの存在を感じたようだ。他にも、コオロギやセミやハエの幼虫を乾燥させたり、燻製にしたりした昆虫食が並んだ。

寺島アナが「次世代のスーパーフードとして近年注目が集まっている昆虫食。これはいかがでしょうか」と内藤氏に意見を求めると、内藤氏は「昆虫食はイメージだとイナゴの佃煮とかありますけど、お好きな方は召し上がったらよろしいのではないかと。私はちょっと……」と遠慮がち。

「昔から物心ついた時からその食べ物があったというなら、自然にいただけるんですけど……」と、寺島アナも控えめな様子だ。

「そうなんですよ。もちろん食用ですから、毒にならないし衛生管理もちゃんとしていて、多分ですが食べれば美味しいと思いますよ。でもやっぱり、食べ慣れてないと……。例えるならば、イスラム教徒の方が豚肉を食べないというのは、子供の頃から豚がいかに不潔かというのを散々言われているんですよ。ですから心理的なバリアが非常に高いということがあるので。それと宗教上の理由とはまた違うのですけれど、やっぱり慣れ親しんだバックグラウンドというのはありますからね」と、内藤氏が続ける。

さらに、寺島アナは内藤氏に「でも、食べてみると小泉進次郎議員のように『オレ、今、食べてるって感じ』となるんですかね」と問いかける。「食べながら『食べてる』っていう感想というのは何なんですかね」と、ツッコミを入れる内藤氏。やはり、ふたりの“心理的バリア”は低くないようだ。

 

Facebook

ページトップへ