元ビーチバレー選手・坂口佳穗 強さの裏にあった「内面の変化」とは

7月3日(日)、スポーツライター金子達仁がメインパーソナリティを務めるラジオ番組「The Deep」(ニッポン放送・毎週日曜20時~20時20分)が放送され、元ビーチバレー選手・坂口佳穗が出演。ビーチバレーをはじめた当時の心境を明かした。

一流アスリートたちをゲストに迎え、スポーツの面白さや、アスリートの心の奥底にある想いを届けていく番組、「The Deep」。坂口は小学1年生から9年間、インドアバレーを経験。 高校では一度バレーから離れたが、2014年の大学入学とともにビーチバレーを始めると、「新ビーチの妖精」の愛称で親しまれ、国内外の大会で好成績を残し2021年12月に現役引退と結婚を発表。今回番組では、ビーチバレーを続けた理由や、ビーチバレーで勝てるようになったきっかけについて語った。

坂口佳穗

金子:中学校の段階で、「このままじゃ私は全日本になれるような選手じゃない」と思って(バレーボールは)見切りをつけたわけじゃないですか、ある意味。ビーチバレーの世界に足を踏み入れた坂口さんは、なぜ諦めなかったんですか?

坂口:その時はプロになりたいって思っていなくて。「ビーチバレーが上手になりたい」「あのキラキラした選手たちみたいに私も試合がしたい」っていう一心だったんです。

金子:そっか。オリンピックがどうこうとかじゃないんだ。

坂口:ただ、「できるようになりたい。なんでできないんだ!」みたいな感じで。

金子:「輝きたい」「上手になりたい」で、はじめたビーチバレー。しょっぱい空気も味わった。けど勝った。そのことで坂口さんの内面に変化が出てきましたか?

坂口:出ましたね。勝てるようになったのも内面の意識、変化があったからこそ優勝できたようなものだったので。何をって言われたら、パートナーとの向き合い方で勝てるようになったと思っているので。人と人とのコミュニケーションの取り方、相手への思いやりの気持ち、感謝の気持ちとか。言葉の本質はなんだとか。そういうところを理解しよう、考えようって思うようになってから変わりました。

人が言っていること、私がなんでこの言葉を伝えてしまったのか、そういうことで、自分と向き合える、向き合わなきゃいけない時間が増えて、変わっていったと思います。

金子達仁

その後、リスナーからの質問で、「どういう人がバレーボールからビーチバレーに転向するのに向いているか」と聞かれた坂口は、「朝から日が落ちるまで砂の上にいて練習できる人」と回答。パーソナリティの金子は、坂口との収録を振り返り「(番組の中で本人が)辛い時期についてのテーマにも話が及んだと思うんです。笑顔で話されてるんですけど、目が潤まれていたのは印象的でした」と語った。

radikoのタイムフリーを聴く

夕暮れのハイアット リージェンシー東京ベイで、まったりトーク。

TBSラジオ『要 潤のMagic Hour』毎週土曜17時から放送中!

7月2日(土)放送後記

今週は、要潤と近藤夏子の2人で、のんびり、まったり!

最上階10階にある 『エグゼクティブ オーシャンビュー テラス スイート 1007号室』で リスナーの皆さんからのメッセージをご紹介しました。

東京湾が見渡せるこのお部屋。

回を重ねるごとに、どんどん心落ち着く場所になってきてます!

初回からのゲストを振り返って

4月から始まった当番組では、映画コメンテーター:LiLiCoさん、ソプラニスタ:岡本知高さん、女優・ミュージシャン:松下奈緒さんをお迎えしてきました。

近藤「印象に残っているお話ありますか?」

要「みなさんそれぞれが、その世界の第一線で活躍されている方たちばかりですよね。LiLiCoさん、強烈でしたね(笑)時間足りなかったし、パワフルでした(笑)岡本さんは、サービス精神の溢れて、すごくあたたかい人柄でしたよね~」

近藤「私、”酒と恋に溺れた留学時代” っていうワードが忘れられません(笑)」

要「あはは(笑)そうだったね~。6月の松下奈緒さんは、僕自身も共演回数の多い方だったので、改まって話すのは恥ずかしかったんですけど意外にも、20代で影響受けた人に僕を選んでくれて、ビックリ(笑)嬉しかったですけどね!」

近藤「仲の良さが伝わってきました!」

要「ここ最近の松下さんの変化を感じることができて、ますます素晴らしい表現者になりそうって感じました。」

これからも、様々な分野で活躍するゲストをお迎えしていく予定です!お楽しみに。

リスナーさんからのメッセージもご紹介しました!

仮面ライダーをみていたという、浦安市:特急コリドーさんからは、地元:浦安でのラジオ番組スタートに喜びの声をいただいていました。

要「仮面ライダーの話してくださる方たくさんいらっしゃるんですけどこうやって、みていた方が大人になってるのが、自分の中で不思議な感覚なんですよ(笑)もう21年...くらい経ちましたか。僕が記憶する中で、最弱のライダーですよ!最弱!なぜかというと、”ただの人間”なんで。でも、そのただの人間が、折れない姿に心打たれた方がたくさん居てくださったんですよね。」

続いては、『要さんは人見知りかと思いきや、サービス精神旺盛では?!』という質問を
熊谷市:ヒデじぃと呼ばないで!さんから、いただきました。

要「僕、ラジオ歴は短いんですけど、ラジオは好きで、普段から聞いてます。...僕ってとっつきにくいですかね?」

近藤「ん~クールなイメージはあるんじゃないですかね?かっこよくて、身長も高くて~」

要「なるほど。まぁ...ちょっと怖い役もやりますからね...怒らせたら大変なことになるみたいな(笑)でも、先輩方にもよく言われたんですけど、本当に悪い人は、悪役できませんからね!(笑)」

近藤「要さんは、全然悪い人じゃないですね!(笑)」

さらに、港区:ひゃっほ~いさんからは、
日頃の目標についてのメッセージをいただきました。

要「僕、あえて、目標立てないようにしてるんです。ダメだった時に、すごく落ち込んでしまうタイプなので...目標立てるとしても、すごく低くしています。でも、今年は、なるべく人に会おう、というのが目標というか、テーマですね。」

近藤「どんな人に会いたいですか?」

要「新たな価値観を求めているんだと思うんですよ。40代になって、役の幅も広げたいですし、引き出しを増やして、自分で自分に飽きないようにしたいな、って。」

近藤「ちなみに、私は、目標を紙に書いて部屋中に貼るタイプです(笑)満月の日に、願い事を少しずつ書いていって、叶ったら、もしくは絶対叶わなくなったら線を引くようにしてます」

要「最近、叶ったことある?」

近藤「スポーツバ番組やりたいってずっと書いていて、4月に叶いました!」

要「おー!すごい!なんか満月に書くといいのかな?」

限定のコラボスイーツ!いただきました!

今回は、特別に、ホテル開業1周年を記念した、ピエール・エルメ・パリとの期間限定コラボレーションスイーツ「サマーメニュー by ピエール・エルメ・パリ2022」をお部屋にご用意いただきました!

* 通常、メインダイニング、ザ ガーデン ブラッスリー&バー での提供です。

2人とも、あまりの美味しさに番組忘れて...本気でいただきました!(笑)

来週からのゲストは、俳優の大沢たかおさんです。お楽しみに!

OA楽曲
Believer/Imagine Dragons

Facebook

ページトップへ