馬場氏の対立候補が出てきた日本維新の会の「成熟度」 維新初の代表選

ジャーナリストの須田慎一郎が8月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月14日に告示された日本維新の会の代表選挙について解説した。

「日本維新の会代表選」立候補者による街頭演説会(右から)梅村みずほ氏、足立康史氏、馬場伸幸氏=2022年8月15日 大阪市中央区 ©産経新聞社

日本維新の会の代表選挙

松井一郎代表の後任を選ぶ日本維新の会の代表選挙が、8月14日に告示された。立候補したのは足立康史衆議院議員、馬場伸幸共同代表、梅村みずほ参議院議員の3人で、27日の臨時党大会で新たな代表が選ばれる。

飯田)代表選挙は結党以来、今回が初めてということです。松井さんが市長の任期で政界引退を表明していたため、それを受ける形になるわけですが。

須田)初の代表選挙ということなのですけれども、大阪の地方政党だった維新の会が全国政党になっていく、あるいは国政政党になっていくなかで、これまでは代表選挙を行って党内で対立するよりも、立ち上げメンバーが引っ張ってきた。そのやり方は決して間違っていなかったと思うのです。

馬場氏の対立候補が出てきたということは日本維新の会が成熟化した証

須田)しかし、その過程のなかで存在感を示すために、悪い意味ではないのですが、トリックスターとしてかなり「目立つ」ことに軸足を置いた党運営をしてきた。しかし、これからは安定期に入り、地に足を着けた形での党運営が必要なのだろうと思います。そういう時期にもう入ってきているのでしょう。

飯田)リーダーの個性よりも、仕組みできちんと統治していくという。

須田)馬場さんは松井さんが後継指名的なことをされた方なので、1人しか出てこなかったら日本維新の会の存在価値が失われてしまうはずなのですけれども、足立康史さん、梅村みずほさんという対立候補が出てきました。きちんと代表選が行われるということも、政党が成熟化した証ではないかなと思います。

飯田)松井さんは、「やるからには本格的な論戦をして血みどろになってでも」という覚悟で出て欲しいというような叱咤激励もされています。

維新の会が大スキャンダルに見舞われても必ず当選する馬場氏 ~自力がある

須田)「日本維新の会」を含めて「維新の会」は、風頼みでやってきている政党ではないのです。きちんと大阪においては府議会議員、市議会議員などが連携を取り、国会議員とも関係性を保ってやっていく。例えば国政選挙になると府議会議員、市議会議員の活動量は大きいですし、きちんと実績を市議会、府議会で出してきたからこそ、有権者からも支持されている政党なのです。

飯田)実績を出してきたから。

須田)馬場さんは、もし維新の会が大スキャンダルに見舞われて、国民が全員背を向けたとしても、必ず当選するでしょう。堺で選挙にとても強いのです。それだけ普段の活動が豊富なのだと思います。それこそが維新の議員の持ち味です。この番組にも何度か登場していただいたことがあるけれども、話を聞いていてもあまり面白くないではないですか。

飯田)いやいや。発言は慎重ではありますね。

須田)あまりエッジの立ったことを言わないでしょう。ただし自力があるという点では、こういう人が次の代なのかなと思います。足立さんが悪いとか梅村さんがダメだというわけではないけれども、やはり松井さんの思うところは、そういう意味で何となく伺えます。

統一地方選挙で問われる維新の会の真価

飯田)2023年は国政選挙はありませんが、統一地方選があります。

須田)そうなのです。

飯田)自力というところを考えると、そこがむしろ重要になってきます。

須田)今後、近畿においては京都や奈良などに進出していく、あるいは東京でどれだけ議席を獲ることができるのかを考えると、日本維新の会、大阪維新の会の真価が問われるのではないかと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

Sexy Zone松島聡「カッコ良すぎて鳥肌が…」平井大が書き下ろした新曲「Trust Me, Trust You.」を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FMの番組「坂本美雨のディアフレンズ」(毎週月曜~木曜11:00~11:30)。9月7日(水)の放送ゲストは、Sexy Zoneの松島聡さんです。ここでは、9月7日(水)にリリースした通算22枚目のニューシングル「Trust Me, Trust You.」について語りました。


◆“ちょっと大人”でクールな新曲

坂本:Sexy Zoneのニューシングルが9月7日(水)にリリースされました。

松島:タイトルは「Trust Me, Trust You.」です。

坂本:ちょっと大人っぽい曲ですよね。

松島:そうですね。今回は(シンガーソングライターの)平井大さんに楽曲提供していただきました。平井さんといえばサーフロック、ハワイアン、カントリーなどを打ち出しているイメージがありますが、今回はクールなダンスナンバーです。カッコよく仕上がっています。

坂本:Sexy Zoneさん側から「こんなふうにしたい」とお伝えしたんですか?

松島:今回はドラマのタイアップ(メンバーの菊池風磨さん出演テレビドラマ「トモダチゲームR4」(テレビ朝日系)主題歌)をいただいていて、作品の雰囲気に合わせて、いろいろ考えてくださったと思います。

坂本:平井さんにこういう(ダンスナンバーも手がける)一面があったんだとびっくりしました。

松島:デモテープの平井さんの声がカッコよすぎて鳥肌が立ちました。普段の平井さんとは違うけど、平井さんのエッセンスはたくさん含まれています。歌詞、言葉の紡ぎ方が平井さんらしくて素敵だなと思いました。



Sexy Zone 初のドームツアー「セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト」東京公演は 12月16日(金)、17日(土)に東京ドーム、 大阪公演は12月24日(土)、25日(日)に京セラドーム大阪で開催されます。詳細は公式サイトをご確認ください。

来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ