馬場氏の対立候補が出てきた日本維新の会の「成熟度」 維新初の代表選

ジャーナリストの須田慎一郎が8月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月14日に告示された日本維新の会の代表選挙について解説した。

「日本維新の会代表選」立候補者による街頭演説会(右から)梅村みずほ氏、足立康史氏、馬場伸幸氏=2022年8月15日 大阪市中央区 ©産経新聞社

日本維新の会の代表選挙

松井一郎代表の後任を選ぶ日本維新の会の代表選挙が、8月14日に告示された。立候補したのは足立康史衆議院議員、馬場伸幸共同代表、梅村みずほ参議院議員の3人で、27日の臨時党大会で新たな代表が選ばれる。

飯田)代表選挙は結党以来、今回が初めてということです。松井さんが市長の任期で政界引退を表明していたため、それを受ける形になるわけですが。

須田)初の代表選挙ということなのですけれども、大阪の地方政党だった維新の会が全国政党になっていく、あるいは国政政党になっていくなかで、これまでは代表選挙を行って党内で対立するよりも、立ち上げメンバーが引っ張ってきた。そのやり方は決して間違っていなかったと思うのです。

馬場氏の対立候補が出てきたということは日本維新の会が成熟化した証

須田)しかし、その過程のなかで存在感を示すために、悪い意味ではないのですが、トリックスターとしてかなり「目立つ」ことに軸足を置いた党運営をしてきた。しかし、これからは安定期に入り、地に足を着けた形での党運営が必要なのだろうと思います。そういう時期にもう入ってきているのでしょう。

飯田)リーダーの個性よりも、仕組みできちんと統治していくという。

須田)馬場さんは松井さんが後継指名的なことをされた方なので、1人しか出てこなかったら日本維新の会の存在価値が失われてしまうはずなのですけれども、足立康史さん、梅村みずほさんという対立候補が出てきました。きちんと代表選が行われるということも、政党が成熟化した証ではないかなと思います。

飯田)松井さんは、「やるからには本格的な論戦をして血みどろになってでも」という覚悟で出て欲しいというような叱咤激励もされています。

維新の会が大スキャンダルに見舞われても必ず当選する馬場氏 ~自力がある

須田)「日本維新の会」を含めて「維新の会」は、風頼みでやってきている政党ではないのです。きちんと大阪においては府議会議員、市議会議員などが連携を取り、国会議員とも関係性を保ってやっていく。例えば国政選挙になると府議会議員、市議会議員の活動量は大きいですし、きちんと実績を市議会、府議会で出してきたからこそ、有権者からも支持されている政党なのです。

飯田)実績を出してきたから。

須田)馬場さんは、もし維新の会が大スキャンダルに見舞われて、国民が全員背を向けたとしても、必ず当選するでしょう。堺で選挙にとても強いのです。それだけ普段の活動が豊富なのだと思います。それこそが維新の議員の持ち味です。この番組にも何度か登場していただいたことがあるけれども、話を聞いていてもあまり面白くないではないですか。

飯田)いやいや。発言は慎重ではありますね。

須田)あまりエッジの立ったことを言わないでしょう。ただし自力があるという点では、こういう人が次の代なのかなと思います。足立さんが悪いとか梅村さんがダメだというわけではないけれども、やはり松井さんの思うところは、そういう意味で何となく伺えます。

統一地方選挙で問われる維新の会の真価

飯田)2023年は国政選挙はありませんが、統一地方選があります。

須田)そうなのです。

飯田)自力というところを考えると、そこがむしろ重要になってきます。

須田)今後、近畿においては京都や奈良などに進出していく、あるいは東京でどれだけ議席を獲ることができるのかを考えると、日本維新の会、大阪維新の会の真価が問われるのではないかと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

トランプ邸への家宅捜索は「次期大統領選に出馬させない」という強い意思が働いている

ジャーナリストの須田慎一郎が8月15日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。トランプ前大統領宅への家宅捜索について解説した。

トランプ前米大統領が支持者集会で演説=2022年4月23日 ©産経新聞社

FBIがトランプ前大統領の自宅を捜索、複数の機密文書を押収

米連邦捜査局(FBI)が8月8日に行ったトランプ前大統領のフロリダ州の自宅「マールアラーゴ」の家宅捜索で、最高機密を含む複数の機密文書を押収していたことがわかった。フロリダ州の連邦地方裁判所が12日に公開した押収品リストから明らかになった。

飯田)前大統領が家宅捜索されたのは驚きました。

須田)前代未聞なのでしょうけれども、ちょうど8月8日に私はワシントンにいたのです。

司法省が一転して動き始めた背景にどのような思惑が働いているのか

須田)記者仲間が集まるカフェで知り合いの記者から話を聞いていたら、ちょうどFBIが捜索に入ったという一報が入って、騒然としました。アメリカ司法省の指示がないと捜索できない状況になっているのです。アメリカの下院でトランプ大統領の違法性について、いろいろと捜査が始まっていましたよね。ただ、司法省はそれとは一線を画していたのです。アメリカの行政のなかにあって司法省は、どちらかと言うと独立した存在です。ニュートラルな立ち位置で政治的な思惑にも左右されず、司法省は国民からの信頼性を得ていました。ところがトランプ政権下において、トランプ元大統領の思惑で司法省がいろいろと動いてしまったために、司法省の権威が下がってしまったのです。

飯田)司法省の権威が。

須田)だから今回、司法省は議会の動きとは一線を画していた。これまではいろいろと「疑惑が出てきたとしても、捜索はしないだろう」と言われていたのです。ところが一転して動き始めたため、局面が大きく変わってきた。「この背景にはどういう思惑が働いているのか」というのが1点目です。

「次期大統領選挙にトランプ元大統領を出馬させない」という意思が働いている ~捜索が進むなかでのトランプ元大統領の出馬宣言の可能性も

須田)2点目として、アメリカの政治のなかには、「次期大統領選挙にトランプ元大統領を出馬させない」という強い意志が働いているのだと思います。11月の中間選挙では民主党が上下院ともに負けるでしょうから、そのあとにトランプ元大統領が出馬宣言をすると予想していたのですが、11月前に前倒ししてくるのではないかという観測も出ています。捜索が進んでいるなかでの出馬宣言という状況になると、アメリカの政治は混乱するでしょうね。

中間選挙前の捜索に世論がどう理解するか

飯田)中間選挙に与える影響などを考えると、このタイミングで行われたのは思惑を感じてしまいます。

須田)しかし、共和党にとって、トランプ元大統領を支援している候補者にとってマイナスになるかと言うと、必ずしもそうではない。民主党も司法省を動かし、政治的な意図でFBIを動かしているのではないかという見方も出てきますから。

飯田)お互いにやっているではないかという。

須田)世論がどのように理解するのかというのが、今後の注目ポイントかなと思います。

共和党も戻れない状況に入ってきている

飯田)共和党内への影響ですが、トランプさんに対して批判の筆頭だったチェイニー元副大統領のお嬢さんであるリズ・チェイニーさんのところが、予備選挙をやることになっています。ここへの影響はありますか?

須田)リズ・チェイニーさんは予備選挙で負けることが必須なのです。

飯田)もはや必須になっている。

須田)お父さんのチェイニー元副大統領がいろいろと動いていますけれども、かなり厳しい状況になっています。共和党ももう戻れないような状況に入ってきているのかなと思います。

バイデン大統領も次期大統領選挙には出るかどうかわからない

飯田)ガチンコ対決が続いていくことになるのですか?

須田)共和党のなかでの激しい対立、そして民主党と共和党のガチンコバトルがあり、アメリカの政治は混乱の極みで分裂するでしょう。

飯田)そんななかで、東アジアの現状があります。日本としては頭が痛いです。

須田)バイデン大統領も、次期大統領選挙に出るかどうかはわかりませんからね。

飯田)そうですよね。

須田)出ない可能性が高いのではないかとも言われています。

飯田)年齢的にも。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ