安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

「『極右』のレッテルを貼るべき人物なのかどうか」辛坊治郎が疑問 イタリア議会第1党「イタリアの同胞」メローニ党首

キャスターの辛坊治郎が9月27日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。イタリア総選挙で第1党になることが確実になった「イタリアの同胞」のメローニ党首について、「極右のレッテルを貼るべき人物なのかどうか」と疑問を投げかけた。

「ありがとうイタリア」と書かれた紙を掲げる「イタリアの同胞」のメローニ党首=2022年9月26日、ローマ(ロイター=共同) ©共同通信社

イタリア総選挙で第1党になることが確実になった「イタリアの同胞」のメローニ党首は26日の会見で、「この選挙で我々が主導する政権の樹立が明確に指示された」と勝利を宣言した。イタリア総選挙では右派政党を中心とする勢力が上下両院で過半数の議席を獲得し、欧州連合(EU)に批判的な右派政権が誕生する可能性が高まり、EU結束への悪影響が懸念されている。

辛坊)メローニ党首はイタリア初の女性首相に就任することが有力視されています。ただ、よく分からないことがあるんですよ。メローニ党首は「極右」と言われていますが、本当にそうなのか……。独裁者ムソリーニの信奉者だったことから、極右と見られているわけです。第2次大戦の戦勝国の理屈なのですが、ムソリーニは悪名高きファシストということになっています。確かに、ファシストという言葉はムソリーニが結成したファシスト党に由来していますからね。

ファシストといえば、イタリアのムソリーニ、ドイツのヒトラー、日本の東条英機といった名前が挙がります。こうした人物は、少なくとも今の全世界的な物の見方でいうと、民主主義、自由主義の国ではで決して認められる存在ではありません。ムソリーニは、その筆頭のような人物です。

メローニ党首は15歳の時、旧ファシスト党の残党がつくった極右「イタリア社会運動」に参加し、ムソリーニをたたえる発言をしています。しかし、若い頃のことですよ。いまだにムソリーニの信奉者のような言われ方をするのは、どうなんでしょうかね。最近の言動では、むしろ党内で極右的な言動を厳しく取り締まるような方向性にあります。もちろん、本心は分かりませんが…。

メローニ党首の言動をめぐっては、性的少数者(LGBT)に対しては、かなりネガティブです。また、家族観も保守的です。ただ、イタリアは伝統的にカトリックの国であり、例えば妊娠中絶に対してはもともと非常に慎重というか否定的です。ですから、保守派であるメローニ党首は当然、そちら側の人物といえます。とはいっても、極右というレッテルを貼るべき人物なのかどうなのかについては、いささか疑問が残ります。もう少し客観的に見たほうがいいような気がしています。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ