コロナ全数把握が全廃されないのは「今まで意味がなかったと認めたくない思惑」辛坊治郎が指摘

辛坊治郎が9月26日(月)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。26日から始まった新型コロナウイルス感染者の全数把握簡略化について、全廃しない理由を「今までやってきたことに意味がなかったと認めたくない思惑」からだと持論を述べた。

厚生労働省/環境省 中央合同庁舎第5号館

これまで新型コロナウイルスの感染者については、すべての年齢、性別を対象に「HER-SYS(ハーシス)」と呼ばれるシステムで、患者の氏名や発症日、連絡先などを医療機関から保健所に報告する「全数把握」を義務付けていた。これが26日から全国一律で簡略化され、65歳以上の高齢者や入院が必要な人、妊娠中の女性など重症化リスクが高い人に限り継続し、それ以外の人については年代と人数のみを報告する。

このニュースについて辛坊は「ようやくかよ」とひと言。これまでも、自治体によっては把握した情報をもとに食料を届けてくれるなど「間接的効果」はあるものの「入力しっぱなしでほとんど意味がない」と指摘。

「エボラ出血熱のように極めて特殊で、病状、病態が重くて感染を社会的に抑え込む必要もあるし、それができる病気の場合にはこれ(全数把握)がまったく無駄だとは言いません。今後そういう病気が出てきたときに、感染者がどこにいるのかをしっかり把握して、その感染者の動向を見るシステムを作っておくということには意味がある」と言及。

そのうえで、「現状、このコロナに関してはある段階から感染者数が増えすぎて、なおかつ多くの若者の場合には症状すら出ない。検査をすれば出るという状況のなかで、ハーシスに登録したからと言って、それが感染拡大防止の役に立っているのかというと、そういうエビデンスはどこにもない」と語った。

さらに「このシステム(全数把握)によって防げるような病気ではないし、防ごうとすべき病気でもないということがかなり早い段階からわかっていた」と続けた。

また、今回全廃しなかったことに関しては「今までやってきたことを『意味がなかった』と認めてしまいたくないという思惑もある」と持論を述べた。

政府が、一部対象者の詳細な全数把握を続ける理由として挙げる「(入力しないと)体調悪化時に迅速に対応できない」との説明については「どんな病気でも、発症してその病状に応じて治療する。ハーシスに入力していないから迅速に対応できないという理屈がわからない」と疑問を呈し「体調が悪化したら病院に連絡をして治療をしてもらうわけで、ハーシスに入力している、していないは関係ない」と語った。

水樹奈々、シンフォギアライブでの裏話を披露!〜11月27日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

今回の放送回では11月20日(日)にベルーナドームにて開催された「シンフォギアライブ2020→2022」について語った。
今回のライブは、本来は2020年に開催が予定されていたものの、感染症の影響を考慮し延期されており、約2年の時を経て遂に開催となったものだった。

水樹「先日無事に開催してきましたよ〜!」
福圓「お疲れ様でした!」
水樹「生憎の雨で本当に寒い中の開催になったんですけど、最後まで思いっきり盛り上がって下さってありがとうございました。
あのね!私たちも舞台上での衣装が薄着で歌ってる時の吐く息が白いの。」
福圓「え?舞台上でですか?」
水樹「そう!もう寒くて寒くて!」
福圓「照明もあってそれは相当凄いですね…。」
水樹「もう寒過ぎる!芯から冷えた!ベルーナドームは有難いことに何度も歌わせていただいているんですけど、いつも私が立たせていただくのは7、8、9月の夏場なんですよ。」
福圓「本当だ。」
水樹「初めて11月の半ば過ぎで、こんなにも寒いのか!って思いました。前日のゲネ(最終リハーサル)をさせていただいた時は晴れてたからまだひんやりするな、くらいだったんだけど、一気に気温が下がって。私トップバッターだったから、まず水樹奈々としてゲームの主題歌や挿入歌を歌わせてもらったんだけど、体はキンキンなわけよ(笑)しかも、前日もすごい大渋滞してて、都心から車で2時間くらいかかって。」
福圓「あら、かかりましたね。」
水樹「遅れちゃうと半野外ってこともあって音止めの時間があるから「もう楽屋に行かずにこのまま舞台袖に車を横付けしてください!はい、このままテントに入って早替えして、マイク持って、歌って!」って言われて「え?!はい!METANOIA!」みたいな。」
福圓「流石すぎる(笑)」
水樹「だからもう体がビックリしちゃって(笑)」
福圓「全然準備ができずに。」
水樹「声出しもできないし、大渋滞でずっと座って固まったままでアップもできずに、来て着替えてスタジアムダッシュよ。当日もすごい混んでやっぱり2時間くらいかかったの。ついてメイクして着替えてもう出番で。しかも、METANOIAからのFIRE SCREAMからのFINAL COMMANDERよ。」
福圓「カロリー激高!」
水樹「普段最後の方に歌うやつを3連続よ!本当にまた修行をさせていただいたな、と思いましたね。」

とコメント。
「段取りが多くて、 みんなと1回しか合わせてないから緊張したけど楽しかった!」と当日の様子を興奮気味に語った水樹。
天候や渋滞のアクシデントはあったものの、1人のライブとはまた違ったチームの良さがあるライブになったと語った。

「水樹奈々 スマイルギャング」11月27日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20221127233000

Facebook

ページトップへ