春風亭一之輔が語る落語の楽しみ方「自分に合った落語家を見つけること」

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(9月2日放送)に落語家の春風亭一之輔が出演。落語の魅力について語った。

【鈴本演芸場チャンネル緊急生配信】五月上席の公演生配信で高座をつとめる春風亭一之輔=鈴本演芸場 撮影日:2021年05月03日 ©産経新聞社

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。8月29日(月)~9月2日(金)のゲストは落語家の春風亭一之輔。5日目は、落語との魅力について—

黒木)師匠は落語の魅力をどのように考えていらっしゃいますか?

一之輔)古典落語には、つまはじきになる人が出てこないですよね。「お前は輪を乱すから入ってくるな」とか、そういうのはないですね。かといって、みんな仲よくというわけでもないし、文句を言いながらも、みんなが同じコミュニティで生きている。

黒木)古典落語の世界では。

一之輔)昔の長屋の関係は「あいつは足引っ張るけど、まあいいや、可哀想だからそこ置いておいてやろうよ」という感じで。そういう、「ついていけない人」でも、ダラダラ言いながらみんなで何となく生きている。そういう魅力はありますよね。

黒木)そうですね。

一之輔)ゆる~く。いまはそういうことがないではないですか。ざっくばらんにみんなで「貧乏なら貧乏で生きていこうよ」とか。そういうよさはあるなと思いますね。内容的には。

黒木)小さいところや「ダラッ」とした雰囲気がお好きなところは、4人兄弟の末っ子でいらして、お姉ちゃんたちにいじられながら、可愛がられながら育ったから?

一之輔)そういうところありますよね。

黒木)お子さんも3人いらして。ほのぼのと暮らしていらして。

一之輔)無理せず生きていますね。おそらく。

【鈴本演芸場チャンネル緊急生配信】五月上席の公演生配信で高座をつとめる春風亭一之輔=鈴本演芸場 撮影日:2021年05月03日 ©産経新聞社

黒木)コロナ禍になってYouTube配信もされていますが、落語の可能性は広がっていると感じられますか?

一之輔)1人で着物持ってそこへ伺って、喋ればできてしまうという、そういう強さはありますよね。落語史上、落語家がこんなにバリエーションに富んだ時代はないと思うんですよね。

黒木)いまのように。

一之輔)ぜひ、観に来て、聴きに来ていただきたいですね。自分に合った人を見つけると楽しくなると思います。全員が全員、楽しくなくていいので。「私、この人好き、この人を聴きに行きたい」という人を見つけてもらえればいいかなと思います。

黒木)よくわかります。

一之輔)わかります? そういうもんですよね。

黒木)聴いていると、ずーっと聴いていたくなりますもの。

一之輔)そうなんですよね。

黒木)一之輔師匠なんか、いい声で語られるから、聴き惚れてしまいますけれども。

一之輔)そうですか。ありがとうございます。聞きました皆さん? 黒木瞳が「聴き惚れた」と言ってますよ。

黒木)聴き惚れますよ、笑いながら(笑)。

一之輔)ありがとうございます。

黒木)YouTubeでいろいろ聴かせていただいている最中ですけれども。

一之輔)もう十分ですよ。

黒木)そして、10月28日(金),29日(土),30日(日)は読売大手町ホールで「一之輔~三昼夜ファイナル~」も開催されます。新ネタだそうで。お稽古の方はどうですか?

一之輔)そろそろ覚えないと……いけないですか? まだ大丈夫ですか?(笑)

黒木)コロナ禍のときも、勉強しようと思ったら逆に勉強できなかったということですが。

一之輔)案外と自分が怠け者だってわかりました。休みましたね。

黒木)そうですか(笑)。

一之輔)自分に試練を課すためにYouTubeやってみたり。こういう会もそうですよ。落語の登場人物と同じような感じで、放っておけばいつまでも休んでいるような人間ですので。こういうきっかけはつくらないとね。よかったらおいでいただけると。

黒木)これからの夢を聞かせてください。

一之輔)最終的には1日1回、高座に上がって、15分くらい喋って、家に帰って。夕方からお酒を飲み始めて、夜8時半には寝るという。そういう余生を過ごしたいですね。

黒木)まだまだ先のようですから。

一之輔)案外すぐな気がするのですが。

黒木)いえいえ、まだお若いので。

一之輔)頑張ります。

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/  落語家

■1978年・千葉県生まれ。
■小学校時代の部活動・落語クラブで「弥次郎」を演じる。
■日本大学芸術学部放送学科入学し、すぐに落語研究会に所属。
■大学卒業後、春風亭一朝に入門。春風亭一朝に師事。
前座名は「朝佐久」。2004年、「一之輔」として二つ目昇進。
■NHK新人演芸大賞落語部門大賞、文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞受賞など、
数々の賞を受賞し、2012年、異例の21人抜きの抜擢で真打昇進。
■2012年、2013年に2年連続して国立演芸場花形演芸大賞の大賞を受賞。
■年間900席もの高座をこなしながら、ラジオ・テレビなど多方面に活躍。
■10月28~30日、落語会・独演会『2022落語一之輔~三昼夜ファイナル~』を開催。

「やる気はやり始めないと出ない」受験モード切り替わらない中3にエール

いよいよ受験シーズン到来。ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」9月29日(木)の放送では、『受験生の今の気持ち』をテーマにお届けしました。受験生のリスナーは、いまどんな不安を抱え、どういう気持ちでいるのでしょうか。今回、電話をつないだ3人のリスナーから、来年2月に受験を控える中学3年生とのやり取りを紹介します。



ぺえ教頭:大学入学共通テストまで、あと100日と少しだね。

こもり校長:今週から出願も始まったし、受験が近づいてきていると実感している生徒も多いと思う。いまキミはどんな気持ちだろうか?

ぺえ教頭:受験生はずっと不安だよね。

こもり校長:今日はそういう「不安です」でもいいし、「燃えています!」でもいいし、いまの気持ちを吐き出してもらいたいなと思います。心が折れている生徒(リスナー)がいたら、一緒に前を向いていけたらと思います。受験生のキミの正直な気持ちを教えてください。

――電話をつないだ中学3年生の“今”

部活は仮引退したので勉強する時間はあるけど、切り替えがうまくできません。机に座っているだけの時間を過ごしています……。

――「追い込まれないとできないタイプ」

こもり校長:部活を仮引退(受験中は部活動に参加しない)しているなら、勉強できそうだけどね。

リスナー:受験生という自覚があんまりなくて。

こもり校長:いまは、どのくらい勉強できているの?

リスナー:16時くらいに学校から帰ってきて、机には座るんですけど音楽を聴いちゃったりして……。22時になってSCHOOL OF LOCK! をつけて、苦し紛れにドリルは開くんですけど、(番組から)「また明日~!」って聞こえてくるときに1ページ進んでいるかいないか、みたいな感じです……。

ぺえ教頭:そうか(笑)。

こもり校長:机に座っているだけ、の時間が多いんだね。

リスナー:そうですね、関係ないことをしていたり……。

こもり校長:でもどうなの? 「勉強をしなきゃいけない」という気持ちはあるの?

リスナー:あります。志望校も決まっているしやりたいこともあって……理由はそろいまくっているんですけど、あとは走り出すだけみたいな……。

ぺえ教頭:“理由はそろいまくって”いるのね(笑)。しっかりあるのね。

リスナー:あります(笑)。

こもり校長:周りはどんな感じなの?

リスナー:特に衝撃だったのが……野球部命みたいにやっていた子が部活を引退して、この前のテストでおもいっきり点数が上がっていたんです。

こもり校長:切り替えて、ズバーン! とできる子がいるんだね。じゃあクラスの雰囲気も、受験モードになってきているの?

リスナー:そうですね。単語帳を開いていたり……。

こもり校長:う~ん……でもさぁ~、できないものはできないじゃん。

ぺえ教頭:(笑)。前に電話したときも、『夏休みの日記がなかなか書けない』って言ってたよね!? 追い込まれないとできないタイプじゃん?

リスナー:そうなんです(笑)。

ぺえ教頭:追い込まれたら強いタイプではないの?

リスナー:追い込まれないとやり始めないというか……テスト前日になって「あ!」みたいなタイプです。

――校長教頭と約束をしよう!

こもり校長:じゃあさ、“逆算約束”をするしかないよね。

リスナー:逆算……?

こもり校長:120日後(2月)に受験なんでしょ? それまでには、ここまで覚えないといけない、そのためには1月までにコレをできるようにする、12月末までにはコレ、11月末までにはコレ……みたいなこと。10月1日がすぐくるから、「1ヵ月で○○をします!」みたいな約束をするのはどう?

ぺえ教頭:私たちとの約束ね。日記も約束したら書けたもんね(笑)。

リスナー:そうですね(笑)。

こもり校長:じゃあ、『10月1日から11月1日までに、○○をやります!』とノートに書こう! SCHOOL OF LOCK! を聴きながらでもドリルが1ページできるなら、『1ヵ月で30ページやります!』とかね。

リスナー:そうします!

こもり校長:でも土日は放送がないから、1人で頑張るんだよ!

リスナー:そうですね(笑)。

こもり校長:じゃあ、俺たちとの約束を宣言してください!

リスナー:はい! 『10月中に、SCHOOL OF LOCK! を聴いている時間と土日で、ドリルを30ページ終わらせます!』。

こもり校長:よく言った!

ぺえ教頭:約束ね!

こもり校長:10月中、俺たちは常に一緒にいるから! 約束だよ!

ぺえ教頭:頑張ろうね。

こもり校長:応援してるからね!

リスナー:頑張ります!

――先輩リスナーのメッセージを紹介
【やる気は、やり始めないと出ません。音楽やエナジードリンクでブーストをかけ、一度始めてしまえば、今度は「やめるのもなんかなぁ」みたいな気持ちになります。あとは惰性でやってみましょう】(20歳)

ぺえ教頭:始めさえすれば、止められなくなってくるのね。いいメッセージ!

こもり校長:SCHOOL OF LOCK! 的には、初代・やしろ教頭の「やる気はやらなきゃ出ない」という言葉もあります。

ぺえ教頭:私にも響いたわ(笑)。

こもり校長:先輩ありがとう!

――このほかには……
・「受験生になってから、1日を短く感じるようになった。勉強しているのに結果に表れず焦ってしまい、家族とのケンカが増えてしまった」という高校3年生
・「夏休みにめっちゃ頑張ったのに、模試の判定はDのまま。担任にも今のままじゃ受からないと言われ、友達との差も感じて、このままで間に合うのか、家族の期待を裏切ることになるのではないか、と不安です」という高校3年生
と電話をつなぎ、話を聞きました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月7日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

Facebook

ページトップへ