「どさくさに紛れて復活」久保ミツロウ・能町みね子、7年ぶり“オールナイトニッポン”登場

“深夜ラジオの代名詞” 『オールナイトニッポン』が放送開始55周年を迎えたことを記念して、毎週土曜日にスペシャルパーソナリティが週替わりで放送しているニッポン放送『オールナイトニッポンPremium』。12月3日(土)は、漫画家の久保ミツロウとエッセイストの能町みね子が担当することが決定した。

『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンPremium』2022年12月3日(土)19時~21時 生放送

「オールナイトニッポン0(ZERO)」(2012年4月~2013年3月)、「オールナイトニッポン」(2013年4月~2014年3月)、「オールナイトニッポンGOLD」(2015年4月~9月)と、3種類のオールナイトニッポンを担当した経験を持つ久保ミツロウと能町みね子が、パーソナリティとして7年ぶりにニッポン放送に登場。

レギュラー当時のコーナーも一部復活。また「通りすがりで耳に入ってきた気になる会話の断片」、「以前はできなかったができるようになったこと」の2つのテーマで、メールを募集する。

2人は以下のコメントを寄せた。

<久保ミツロウ>
オールナイトニッポンを離れたのが7年前。
我々にまたオファーをしたニッポン放送さんの気持ちはよく分かりませんが、どさくさに紛れて復活できるなら楽しむだけの自信はあります!!
能町さんに話したいことをたくさん抱えて当日伺います。

<能町みね子>
しれっと、ふつうに先週も生放送やってたかのようなノリでニッポン放送に侵入しようと思います。
久保さんのしゃべることを優しい顔でたくさん聞こうと思います!初めての方も聴いてね。

一夜限りの特別番組『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンPremium』は、12月3日(土)19時~21時に、ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで生放送。

 

【番組概要】
番組名:久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンPremium
放送日時:2022年12月3日(土)19時~21時 生放送
パーソナリティ:久保ミツロウ・能町みね子
メールアドレス:kn@allnightnippon.com
メールテーマ:「通りすがりで耳に入ってきた気になる会話の断片」「以前はできなかったができるようになったこと」
ハッシュタグ:#久保能町ANNP

 

130万円の壁問題 「化石のような考え方を変えろ」辛坊治郎、夫+パート専業主婦が『モデル世帯』という前提に異議

辛坊治郎が2月1日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。辛坊は、岸田文雄首相がいわゆる「130万円の壁」について対応策を検討すると表明したことについて、社会保障や税の制度のベースとなっている「モデル世帯」という考え方を抜本的に変えろと指摘した。

衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=2023年2月1日午前、衆院第1委員室 ©産経新聞社

岸田首相は2月1日(水)、衆議院予算委員会で女性の就労抑制につながっているなどと指摘される、いわゆる「年収130万円の壁」に関する質疑で、政府として対応策を検討する考えを表明した。

これについて辛坊は「こういった制度の前提になるのが、いわゆるモデル世帯というもの。夫が正社員のフルタイムで働いて、妻が専業主婦でパートで働く。そのパートも社会保険料等が発生しない、夫の扶養家族の中に入るぐらいの額の“パートの主婦”。そして子どもが2人」これが国が前提とするモデル世帯だと解説。「このモデル世帯というものをベースに年金、その他全部決まっている。そのモデル世帯自体が、今どき化石のような話。その根本を変えなければ、少子化だって何ともならない」と語り、社会保障や税の制度設計の前提を抜本的に変えなければ、小手先の対応では意味がないと指摘した。

さらに「そこまで大胆な改革をやろうという政治家、政治勢力が出てこない」と不満を漏らし、「このままいくと、すべてが先細りになる」と危機感をあらわにした。そのうえで「こういうことによって女性が本気で働こうと思ったときに、損しちゃうからやめておこうということでいうと、経済なんか成長しないわけだし、日本が成長しないひとつの大きな理由になっている」とも語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ