アルツハイマー新薬を国内申請 「現行の健保制度を圧迫する恐れ」辛坊治郎が指摘

キャスターの辛坊治郎が1月17日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。製薬大手エーザイが16日、アメリカのバイオジェンと開発した認知症のアルツハイマー病新薬「レカネマブ」の製造販売承認を厚生労働省に申請したことをめぐり、「現行の健康保険制度を圧迫する恐れがある」と指摘した。

エーザイと米バイオジェンが開発し、米国で「レケンビ」の名称で発売するアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」[エーザイ提供] ©時事通信社

製薬大手エーザイはアメリカのバイオジェンと開発したアルツハイマー病の新薬「レカネマブ」の承認を厚生労働省に申請した。年内の承認取得を目指している。

辛坊)高齢者にとっては朗報ですね。ただ、「朗報」だけでは済まされないと思います。現行の健康保険制度を圧迫する恐れがあるからです。

認知症の一種、アルツハイマー病は脳内に蓄積したタンパク質「アミロイドベータ」が原因で進行します。新薬レカネマブは、既にアメリカでは承認され、アメリカでの標準的な価格は1人当たり年2万6500ドル(約340万円)とされます。体重に応じた量を点滴で投与し続けるのですが、1年半後に症状の悪化を27%抑えられたそうです。微妙なところです。つまり、原因であるアミロイドベータの蓄積を完全に止められるわけでも、認知症が治るわけでもないからです。

とはいえ、現実的にはアルツハイマー病だと診断されれば、何としてでも進行を抑えたいと思うでしょう。抑止効果の有効性は認められているわけですから、ワラにもすがる思いになるはずです。ただ、日本でアルツハイマー病の高齢者は百万人単位で存在します。その人たちに年間約340万円かかる新薬レカネマブを健康保険制度でまかなうとなると、その財政的な圧迫はこれまでの薬とは次元が異なることが想像できます。

ちなみに、アメリカでは基本的に民間の医療保険で運用されていますから、新薬レカネマブが対象となっているような医療保険に入っている人は使ってもらえます。ところが、多くの人はそうした医療保険には入っていませんから、使ってもらえないわけです。もっと極端なことをいうと、ヨーロッパなどには医療費無料の国があります。しかし、医療費無料の国ではそもそも高額医療は適用になりません。日本でもかつて、肺がんの特効薬が認可されましたが、使用は自費でした。

新薬レカネマブを開発したエーザイは、この薬が高額であることについて、症状の進行を遅らせることにより、薬以外でもかかる費用などが軽減できると主張しています。しかし、そうした数字は厳密に計算できるのでしょうか。また、費用対効果だけで議論を進めてよいかも疑問に思います。

日本では今、新薬レカネマブに限らず、さまざまな新薬が開発され始めています。患者やその家族は健康保険が適用できるようにしてほしいと思うでしょうが、果たしてその全てを適用できるのでしょうか。そこには、日本の健康保険制度が維持できるかという議論が出てくると思います。

新薬レカネマブは、おそらく年内にも国内承認されるでしょう。ただ、今回の新薬レカネマブの国内申請は、これからの高額な新薬の費用対効果をどのように考えるか、そして健康保険適用の可否・是非など、皆が悩む時代の突入を告げるニュースだという認識を持っていたほうがいいと思います。

radikoのタイムフリーを聴く

霊感が強い息子…悪霊が見えるようで心配 悩む母親に江原啓之が助言

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。人生に前向きになる力を与えてくれる“ことば”を大切にしている江原が、現代社会でさまざまな物事に直面している人たちに温かいメッセージを届けます。
今回は強い霊感体質の息子を心配するリスナーに“ことば”を届けました。

江原啓之



◆霊感が強い息子が心配…
息子(小学2年生)のことで、相談させてください。息子は小さい頃から霊感が強く、人のオーラやご先祖様の存在を、よく話す子になりました。先週、塾で悪い霊を見たらしく、「頭が痛くて気絶しそうになった」と、教室にも入ることなく帰ってきました。自宅に帰ってきてからも“ママ~、今映像が見えてるんだけど、悪いものと神様が闘っているのが見える! あっ、神様が負けちゃった”と、気になることを言っていました。視線は真っ直ぐでどこを見ているのかわからない感じです。

気になって、近くの神社にお参りに行きパワーをもらってきましたが、そのときお堂のなかの矢を扇型に飾っているところの前で、“亡くなったおじいちゃんが座っているよ!”と言っていました。私は、おじいちゃんが息子を守ってくれているので、一緒にパワーをもらってくれればいいな、と思っていたのですが、昨日今日と、遊んでいる最中に“また、あの悪いものが見える!”と言ったきり、外にゴロンと倒れ込んだまま、何分か立ち上がることができなくなりました。“神様が100人くらいいても負けてしまう”とも言っています。とても気になっています。江原さんも小さい頃から霊感があったので、今の息子の様子をわかっていただけるかと思いメールしました。どうすればいいのでしょうか?

◆江原からの“ことば”
放っておきましょう!! 想像力が豊かな息子さん。実際に見えたらこんなことはありません。いたずらをする悪気はないかもしれないけど、お母さんがすごく信心深くて、そういうところに感化されているのかもしれない。あまり息子さんの前で、神様事や霊的なことを言わないほうがいいんじゃないかな。あとは、何パーセントかは言い訳に使っているかもしれない(笑)。“悪い霊に神様が負けてしまう”などと言ったときに、“江原さんが違うって言っているよ”と言ってみてはどうでしょうか。そうしたら真顔になるかもしれない(笑)。それ以外は想像力が豊かなのかもしれませんし、いいことなのかもしれませんよ。

◆江原啓之 今宵の格言
「私達も時代のひとコマということを忘れずに」
「スピリチュアルは人生を豊かにする視点です」

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ