130万円の壁問題 「化石のような考え方を変えろ」辛坊治郎、夫+パート専業主婦が『モデル世帯』という前提に異議

辛坊治郎が2月1日(水)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。辛坊は、岸田文雄首相がいわゆる「130万円の壁」について対応策を検討すると表明したことについて、社会保障や税の制度のベースとなっている「モデル世帯」という考え方を抜本的に変えろと指摘した。

衆院予算委員会で答弁する岸田文雄首相=2023年2月1日午前、衆院第1委員室 ©産経新聞社

岸田首相は2月1日(水)、衆議院予算委員会で女性の就労抑制につながっているなどと指摘される、いわゆる「年収130万円の壁」に関する質疑で、政府として対応策を検討する考えを表明した。

これについて辛坊は「こういった制度の前提になるのが、いわゆるモデル世帯というもの。夫が正社員のフルタイムで働いて、妻が専業主婦でパートで働く。そのパートも社会保険料等が発生しない、夫の扶養家族の中に入るぐらいの額の“パートの主婦”。そして子どもが2人」これが国が前提とするモデル世帯だと解説。「このモデル世帯というものをベースに年金、その他全部決まっている。そのモデル世帯自体が、今どき化石のような話。その根本を変えなければ、少子化だって何ともならない」と語り、社会保障や税の制度設計の前提を抜本的に変えなければ、小手先の対応では意味がないと指摘した。

さらに「そこまで大胆な改革をやろうという政治家、政治勢力が出てこない」と不満を漏らし、「このままいくと、すべてが先細りになる」と危機感をあらわにした。そのうえで「こういうことによって女性が本気で働こうと思ったときに、損しちゃうからやめておこうということでいうと、経済なんか成長しないわけだし、日本が成長しないひとつの大きな理由になっている」とも語った。

radikoのタイムフリーを聴く

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~木曜 15時30分~17時35分

※該当回の聴取期間は終了しました。

みちょぱ、広瀬すずへのご法度な展開に「やっちゃった~!と思いながらも、心の中で……」

1月29日(日)、みちょぱこと池田美優がパーソナリティを務めるラジオ番組「#みちょパラ」(ニッポン放送・毎週日曜22時30分~23時)が放送。自身が出演した『櫻井・有吉THE夜会』(TBSテレビ系)での一幕について語った。

「やっちゃった~!」と『櫻井・有吉THE夜会』出演時のエピソードを語るみちょぱ

「ゲストに同い年の広瀬すずちゃんが来て。キックボクシングを習っているという話から、『強くなりたい』『同い年の那須川天心さんに教えてもらいたい』みたいな流れになって。

よくゲームセンターにある“パンチングマシン“をスタジオに用意して。「まず、(パンチ力が)どれぐらいか一度やってみよう」という話になったんですよね。

平均のスコアが、女性で20、男性で40って言ってたかな? さっそく広瀬すずちゃんがやってみたら、29とかで『平均より全然上じゃん!』って盛り上がって。

確かに、姿勢もすごくきれいで『さすが習っているだけのことはあるね~』みたいな感じで……」

広瀬のスコアを見て、誰もが称賛するような空気に。そんな中、ほかの出演者に促される形でみちょぱも挑戦してみると……。

「あたし、今まで(パンチングマシンを)やったことなくて。『パンチって、どうやって前に出したらいいのかな?』みたいなレベル。

だから、思うままにやってみたら、え~っと、31ですか……?(笑)

もう最悪だよね。メインゲストのスコアを上回るっていう……。ボクシング習ったことないのよ?1回も(笑)『最悪~!』『やっちゃった~!』って思いつつも『え、あたしってこんなに強かったっけ?』みたいな。

そのときに、天心君とかにも『(みちょぱは)ストリート育ちな雰囲気が出ていますね』みたいに言われて。有吉さんも『昔を思い出せ!』って言ってきたけど、何もないから(笑)」

自分でも予想外の数字が出て、ゲストの記録を超えてしまう展開に慌てたみちょぱ。思いがけず自分のパンチ力を知らしめるような結果になり、「まさかでしたね~」と驚いたことを明かしていた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ