「紛争でしたら八田まで」作者・田素弘が登場! マンガに特化したPodcast番組「マンガのラジオ」

ニッポン放送アナウンサーで様々なカルチャーを追求し、マンガ大賞の発起人にも名を連ねる吉田尚記による、マンガに特化したポッドキャスト番組『マンガのラジオ』。12月3日(日)配信の第131回からは漫画家の田素弘がゲスト出演する。

『マンガのラジオ』毎週日曜18時配信

田素弘は1976年(昭和51年)東京都生まれ。専門学校を卒業後、6ヶ月ほどイギリスに滞在。帰国後にはアパレル業やWebデザイン業などを経て30歳代半ばから漫画家を志す。2015年に『定時退社でライフルシュート』でデビュー。初連載となる『紛争でしたら八田まで』(2019年~連載中、14巻が12月21日に発売)は世界情勢や地政学をベースに様々な「紛争」を「解決」する作品として人気を博している。

30代半ばから歩み始めたまんが道。40歳直前での掲載デビュー、40代半ばでの初連載がいきなりヒット!という鬼才の前半生のエピソードからデビューまでの戦略、『紛争でしたら八田まで』の制作過程を訊いていく。

田素弘がゲスト出演するポッドキャスト番組『マンガのラジオ』は、12月3日(日)18時から順次配信。全4回で、毎週日曜日18時に配信される。

■番組名:ポッドキャスト番組「マンガのラジオ」
■配信日時:12月3日(日)18時配信スタート ※毎週日曜日18時配信
■パーソナリティ:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
■パートナー:田素弘(全4回)
■番組ハッシュタグ:#マンガのラジオ
■配信先:ニッポン放送 PODCAST STATION(https://podcast.1242.com)ほかApple、Spotify、AmazonMusic等各種Podcastアプリにて公開

この記事を読む