体育の日は奈良・橿原へ!!OBCのパーソナリティと秋の大和路を歩きませんか?

(左から)笑福亭鉄瓶さん、松本美香さん、塩見泰子さん、原田年晴アナウンサー、高岡美樹さん、和田麻実子アナウンサー

OBCラジオ大阪の番組パーソナリティと一緒に秋の大和路を歩くイベント「令和改元記念 奥村組プレゼンツ ラジオ大阪ハッピーウォーク」が体育の日の14日(月)に開催されます。太古のロマンに思いをはせる14kmのコースと江戸時代の町並みを散策する6kmのコースがあり、事前の申し込みなしに参加できます。「橿原神宮」(橿原市)の境内にステージを特設し、特別番組の公開生放送も行われます。体育の日は橿原へ!!

■古代ロマンに思いをはせるか、江戸時代の町並みを散策するか

参加パーソナリティは笑福亭鉄瓶さん、松本美香さん(『hanashikaの時間。』)、原田年晴アナウンサー、高岡美樹さん(『原田年晴・高岡美樹のHit&Hit!』)、和田麻実子アナウンサー(『GO!GO!フライデーショー!』)の5人。テレビの『NHKニュース おはよう関西』でおなじみの気象予報士、塩見泰子さんも特別ゲストとして登場します。

参加無料。橿原神宮の森林遊苑がスタート・ゴール地点で、希望者は当日の午前8時半から9時半の間に集合してください。受付でコースマップをお渡しします。

橿原神宮は初代天皇と伝えられる神武天皇が橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述にもとづいて、1890(明治23)年に創建されました。祭神は神武天皇と皇后の媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)。畝傍山の南東麓に広がる甲子園球場13個分、約53万㎡の広大な神域に建てられた檜皮葺き(ひわだぶき)、素木(しらき)造りの本殿や玉砂利の参道が厳かな雰囲気を醸し出しています。本殿などは重要文化財に指定されています。

両コースとも外拝殿から神宮を参拝したあと、出発します。

14kmは「神武天皇陵」を経て飛鳥の史跡や寺院をたどる健脚向けのコース。日本で初めての本格的都城「藤原宮跡」、天岩戸(天岩屋)とされる巨石がご神体の「天岩戸神社」、中大兄皇子がつくった漏刻(水時計)跡「飛鳥水落遺跡」、謎の巨大石造物「亀石」や「鬼の雪隠(せっちん)」、聖徳太子生誕の地とされる「橘寺」などを訪ねます。

これらの史跡を含む「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」は2007(平成19)年に世界遺産候補地として文化庁からユネスコに推薦されました。だから世界遺産候補地を歩くコースともいえます。コースの途中には「日本の原風景」ともいえる眺めが広がっています。

6kmのコースは神武天皇陵を訪ねたあと、橿原市の重要伝統的建造物群保存地区「今井町」に向かいます。今井町は戦国時代に寺内町として発展し、東西約600m、南北約310mの地区内に今も約500棟にのぼる江戸時代以来の民家が残っています(9棟は国の重要文化財)。町全体がタイムスリップしたかのような雰囲気で、NHKの連続テレビ小説『あさが来た』のロケも行われました。一部の建物は見学可能。おしゃれなカフェもあります。

■ゴール後は公開生放送や大抽選会

ゴール後のお楽しみは橿原神宮の森林遊苑に特設したステージでのイベント。正午~午後3時に特別番組『令和改元記念 奥村組プレゼンツ ラジオ大阪ハッピーウォークスペシャルin橿原神宮』の公開生放送が行われ、パーソナリティたちがウォークの感想などを語ります。橿原市の森下豊市長、橿原神宮の久保田昌孝宮司、特別協賛していただいた奥村組の奥村太加典社長に橿原や飛鳥の魅力、橿原神宮の歴史などを語っていただきます。

番組終了後は、奥村組提供のあべのハルカス展望台「ハルカス300」入場券2枚セットや大起水産提供の生ズワイガニなどの豪華景品が当たる大抽選会。受付でお渡ししたコースマップに抽選番号が印刷されていますので、捨てずに取っておいてください。

参加無料。集合場所となる橿原神宮の森林遊苑は近鉄橿原神宮前駅から徒歩10分です。問い合わせはOBC(電話06・6577・1311、平日の午前10時~正午)。雨天決行ですが、万一、荒天で中止する場合は当日朝6時54分にOBCの放送でお知らせします。

令和改元記念 奥村組プレゼンツ ラジオ大阪ハッピーウォークスペシャルin橿原神宮
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2019年10月14日 月曜日 12時00分~15時00分
出演者:笑福亭鉄瓶、松本美香さん、塩見泰子、原田年晴、高岡美樹、和田麻実子

※該当回の聴取期間は終了しました。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ